プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立「ジャヤピヤサ」蕎麦屋→スリランカ料理店へ
以前懇意にしていた蕎麦屋「素朴庵」が閉店して
たいそう残念がったものだ。
もともとこの場所は、どんな業種がでても入れ替わりがある場所だったのに
「素朴庵」は、独特な蕎麦が人気を博し、地元にも蕎麦好きにも定着したように見えていた。
が、個人店の難しさだ。
ご夫婦の二人でやっている店、どちらかが体調を崩せば続けることができなくなる。

その後、スリランカ料理店が居抜きで出店した。
もう2年以上たっただろうか。
恐いもの見たさで入店してみた。
150926国立スリランカ_R001 
中のテーブル設定は昔の蕎麦屋と変わらない。
ディスプレイでスリランカらしさを演出している。
150926国立スリランカ_R016 150926国立スリランカ_R003
土曜日の今日はバイキングのみのメニューだ。
スリランカ料理とはどんなものなのか?インド料理と似たものなのか?
楽しみにセルフでイエローライスを取り
プレートを埋めていく。
150926国立スリランカ_R012 150926国立スリランカ_R009
150926国立スリランカ_R010 150926国立スリランカ_R011
作りおかれたバイキング料理は、微妙に温かい。
少しずつ皿に盛って食べよう。
150926国立スリランカ_R006 
ココナッツミルクの香りがするもののは良い。
しかし作り置きのバイキングの味気無さで1200円を超えるとなれば、
少し考えてしまう。
オーダーバイキングで温かいものを食べさせてくれてもいいのではないか。
普通のメニューの方がいいのではないか。
そんな風に思ってしまう。
150926国立スリランカ_R015 
デザートは、バナナが入ったあま~いクレープ。

美味しいのか、美味しくないのか?
スリランカ料理が初めての私にはよくわからない店だった。

2015年9月26日土曜日 ランチバイキング

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

代官山パン屋「ヒルサイド パントリー」
2015年5月の連休に渋谷代官山で東北復興応援のイベントがあった。
東京の西の離れにすんでいる私には、代官山は訪れたことがないおしゃれな街だ。
交通も不便なところからの出発で、国産の大衆車にのって、目指すは代官山蔦屋のパーキングだ。
駐車代金は1時間1200円。中に入っているテナントで買い物や飲食をすればサービス券がでるが、田舎者には驚くばかりだ。
150503代官山パン_R017 150503代官山パン_R000

150503代官山パン_R016  
さて、昼飯を食べる時間になったが、このリゾート地かアメリカの大都会の片隅のような場所で、
いつもの定食屋や蕎麦屋を探すのは難しい。
困っていると、家内が「ここで食べられるかもしれないと」ビルに入っていった。
私は田舎者だが、家内は友人たちと前に良く来ていたらしい街で臆することがない。
 
150503代官山パン_R003150503代官山パン_R014
地下に下りていくと、パン屋に輸入品の食料品を併売する店舗で、
入り口付近と奥に店内で買った物を飲食できるテーブルがあった。
お買得のランチメニューがあり、家内はナシゴレンをさっと注文し、
ナシゴレンの意味が解らぬ私は恐る恐るチキンを注文した。
飲み物は近くの冷蔵ケースからガラナジュース缶を選び、
店の中心のカウンターレジで会計をすませ、奥のテーブルで待った。
150503代官山パン_R012 150503代官山パン_R013 
150503代官山パン_R001
家内のナシゴレンは実物を見ても、良く理解できない。
メキシコ料理なのか、タイ料理なのか。聞くのも恥ずかしいので、
後にこっそり調べたらインドネシアの炒めご飯だった。当たらずとも遠からじだ。
 150503代官山パン_R005 
私のチキンは解りやすい。ハーブ焼きだ。これなら食べたことがある。(笑)
しかし、油が回っていて旨くない。焼いて時間がたったものを油を切らずに持ってきたものだ。
残念と思う反面、こんなおしゃれな街で800円なら許そうではないかと思う自分も要る。
ただ、パンの旨さは本物だ。油脂(ゆし)の嫌な味やにおいがしない、
さっぱりとした軽い歯触りのパンだ。
150503代官山パン_R004150503代官山パン_R007

帰りに美味しいパンを買う。
代官山は、場所柄多くの外国人がいて、この店のお客も例外ではない。
当然、英語を中心とする外国語が聞こえ、注文や質問も外国語でスタッフは応対することを余儀なくされる。

そして、その応対は恰好が良い。
TOKYOは国際都市だなぁと思い、同時に東京は広いなぁと感じた日だった。
2015年5月3日 休日のランチ
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All righ
t reserved.


テーマ:手作りパン - ジャンル:グルメ

OCNブログ人 終了」→FC2ブログへ引越し、記事を書く準備「怒る」
ブログの引っ越しに四苦八苦した。

OCNブログ人の11月の終了を受けて(http://blog.ocn.ne.jp/close.html),
引越しする心構えはできていた。あと3か月の間、先が無くなる会社のブログにアップするのもどうかと思った。
あと3か月の間に投稿するであろう記事を11月に焦って引越しするならば、このタイミングでやった方がよいだろう。
知らないうちに私の記事数は1400を超えていた。引っ越しをするためにはOCNブログ人から「エクスポート」してFC2ブログへインポートしなければならないらしい。
さらに、引越しを決めたFC2ブログのインポートは2Mまでで、分割しなければならないとメッセージが出る。
(https://blog.fc2.com/import/register.php)

   分割?
一般の人は 「インポート」だって初めての単語だった。さらに「分割」?
困ってネットで探すと フリーソフトで「分割」できることを知った。  有難い話だ。
このソフトは優れもので エクスポートで吐き出したデーターを「日付期間」「容量」で分けて分割できる。
  引っ越し先のブログ選びをして、エクスポート~インポートして 仕事から帰って晩飯を食べてから取り掛かった約3日間は、本当にストレスがかかる時間だった。
   NTTグループとの付き合いは 固定電話・フレッツ光・OCNだ。KDDIとの付き合いは 携帯電話だけだった。auは窓口で必ず固定電話を替えることを言ってくるが「ブログをやっているから愛着がある」と料金が安くなることを拒んでいたが・・・

   OCNブログ人を終了する理由も説明されず
   「11月に終了します。8月中旬からgooブログに引っ越すためのツールを準備します」

と、言われても  「はい、そうですか」にはならないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
OCNブログ人 初めての記事は 国立谷保の蕎麦の名店「素朴庵」だった。この贔屓にした店は今はもう無くなった。
ブログの引越しをした最初の写真は、「素朴庵」から始めることに決めた。

DSCF6359.jpg

DSCF6362.jpg

2014年8月7日

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。
Copyright(C) 2014 himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

武蔵村山 大盛り?「天津園」(初)でチャーハン



   食べても食べても減っていかない



   武蔵村山「天津園」



   チャーハン610円Dsc08120_3



























武蔵村山で食事をとるときの私のお気に入りは「忠豊(ちゅうほう)」であるが、たまには違う店に行ってみようとスマホで検索すると「暁」「天津園」が目に入った。両店とも「忠豊」に劣らぬ大盛りの店らしい。写真を見ると怖いもの見たさの私でも「暁」のチャーハンの量は多すぎる。そこで、量が少ないといわれる「天津園」に行くことにした。



Dsc08117















天津園の看板は黄色の地に赤い中華料理、黒い天津園と目立つ色合いになっている。店の前に駐車場スペースが2~3台ぶんあり、営業職にはありがたい。



店内のカウンターの上は、メニューのメニューが所狭しと並べられており、振り向けば壁一面に紙にかかれたお品書きの短冊が張り付けられている。



正直、その多さに何を注文していいのか、何がおすすめなのかわからず悩む。


続きを読む
田無神社前 生蕎麦「たからや」(初)丼が旨い



田無神社の正面にある「生蕎麦 たからや」は蕎麦専門店のように見え、ちょっと様子を見るには敷居が高い感じがしていた。田無神社の近くで会議が合ったので、初めての訪問をすることになった。



入口まで近づくと、「P有」で隣の写真館の横の駐車スペースが2台分確保されている。コインパーキングまで歩かなければならないし、しかも値段は安くない。大変ありがたいことだ。



Dsc07452Dsc07473















建物の重厚な佇まいと変わって、メニューは普通の街のお蕎麦屋さんだ。



そして「ちびそばセット」ある。では、かつ丼に冷たいちびそば900円にしよう。





















Dsc07465 Dsc07464


続きを読む
東大和 大盛り中華「忠豊」(2)チャーハン



Dsc06330_3

















































梅雨時の暑いんだか、寒いんだかわからない気温になり、昼飯に何を食おうか?



そば・いか天丼とか、ラーメン・半チャーハンとか、汁ものとご飯がいいかな~



なんて考えていると、急に美味しそうなチャーハンが頭の中のメモリーに読み起こされた。



    東大和の大盛り中華の店 「忠豊」に行こう。



忠豊は、団地の商店街の裏の方にある。わかりづらいところにあるが、知る人ぞ知る「大盛り」の店なのだ。



Dsc06332Dsc06331





 













メニューを見ると、「大盛」だ100円アップで記載されているが、これはトラップ!決して注文してはいけない。



普通盛りが既に大盛り。「大盛」はメガ盛といってもいいだろう。麺類なら3玉入っていると思われる。



さて、忠豊は「大盛りの店」のイメージしかないようだが、実は、味も結構良い。特に炒飯はオススメのメニュー。値段は630円と適当で、美味しいものをお腹いっぱい食べることができる。


続きを読む
八王子「いち川食堂」(初)ラーメン450円

Dsc05559_2 





八王子子安町の細い革に川に沿って歩いていると、「いち川食堂」に当たった。マンションの一階?なのか。



中に入ると、マンションの一階というより、古い雑居ビルに入った感覚だ。



Dsc05565先客たちは、ビールを飲みながらスポーツ新聞を読み、将棋を打ち、飯を食っている。客は男ばかりだ。面白い店に迷いこんだものだ。



値段はびっくり価格。ラーメンは450円。定食も600円くらいで、おかずもご飯も山盛りのようだ。



今日は、簡単にラーメン450円を食べてみることにした。




続きを読む
檜原 「井上食品」(初)

Dsc03998Dsc04002













檜原の数馬の湯に行ったら、お土産は「井上食品」の蒟蒻だ。



うまいんだよ。



しかも、切り落としがお買い得。



ぜひ、よって見てくださいね。


続きを読む
檜原 豆腐「ちとせ屋」

Dsc04003_2























奥多摩のおいしい豆腐屋というと



ふっさわの 「ちとせ屋」だよね。



久しぶりに行ったら、「なんか、立派になっていますよ?」


続きを読む
桧原 数馬の湯(初)

今日はめまぐるしく変わる天気だった。



朝は小雨がぱらついていた。



   「寒いから温泉に行きたいわ」



   「久しぶりに数馬の湯に行こうか」



11時前に家を出て西に向かった。家内が昭島の玉川小学校の北に薄い虹を見つけた。



12時には空が暗くなって、雨が強くなった。車のフロントガラスには、氷が混ざっている。霙になった。車のサイドの窓が曇ってきた。



その後天気が回復し、奥多摩の里山は冬のコントラストが強い光に覆われた。黄色い木々は輝き、山を金色に変えている。





Dsc03987Dsc03989_2













数馬の湯は桧原村の奥深いところにある。



登山に疲れた山男、山ガールがくる温泉だ。五日市に瀬音の湯ができるまでは、一般の温泉好きが多く訪ねてきていた。



便利なところに出来た競合施設のため、数馬の湯にくる入湯客は著しく減っている。




続きを読む