プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
青梅 安田奈津紀氏のギャラリートークと石焼窯パン「サンメリー」
 161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー001_R
青梅市美術館で安田奈津紀氏のギャラリートークが催される。
SNSで情報が出ていたので、話を伺いに行くことにした。
彼女は、TBSのサンデーモーニングやラジオ番組を持っている
若手のフォトジャーナリストである。
わかりやすい話と何よりも自分の体験からくる説得力で人気が出ている。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー004_R

「今日もアレッポで悲しい事件が起こっています」

そうだ、アレッポはシリアの最重要都市で
アサド政権と加担するロシア軍が制圧を高めているのだ。
「味方以外は・・・・」という思惑が透けて見える戦闘で
多くの非戦闘員が殺されている。
もう抵抗力がない日本へ
原爆を落とした側と結びつくような人間の深い残虐性を感じるのである。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー005_R
芸能人が不倫をしたとか薬をやっているのにお茶でごまかしたとか
そんなことで視聴率を稼いでいるマスコミに
たまにはきちんと正しい情報を出してほしいと思うのは
世間の常識知らずの親父の独り言なのだ。
161218kihu安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー001_R
2011年3月にアサド圧政に立ち向かったアラブの春に
欧米が利を得るために自由シリア軍を後押しし
アルカイダ系が入り、最後にロシアがアサド側に入った。
何故?どうして?どうなっているのか?
 池上さんにわかりやすく解説してもらいたいものだ。

わずかな、形ばかりの寄付をして、帰りにパン屋によることにした。
パン屋は青梅といっても羽村といってもよさそうな場所にある。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー002_R
スペイン窯だそうだ。
本格的な硬いパンばかりだと、歯が弱ってきている私にはつらいと
恐る恐る中に入ると、決してそのようなことはない。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー007_R

161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー006_R



161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー010_R

161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー009_R
本格的パンもあるが、普通のパン屋にある調理パンも沢山ある。
客層を絞らないやり方だ。
あえて、本格的なものに特化するより
地域の購買力を根こそぎとってやろうとする作戦だ。

お客さんが沢山いるのは当然のことだ。

シリアの悲しい出来事を聞き涙腺からあふれた涙をふきながら
腹が減ってはパンを買っている。
本当に日本に生まれてよかった。
平和ボケと言われようと、平和なことは大変幸せなことなのだ。

2016年12月18日 青梅市美術館とサンメリー訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:手作りパン - ジャンル:グルメ

「町田タロー庵」関東UDONスタンプラリー13軒目
 160519町田タロー庵001_R

私の行動範囲からは、なかなか行き辛い場所にある「町田タロー庵」。
仕事のルート途中にあったから、車のナビに住所を入れて店を探すが、
生活道路から中に入るものだから、途中のコインパーキングに車を置き、
歩きながら探すと、「タロー庵」は和菓子屋さんの隣にあった。

時刻は12時を回ったばかりで、サラリーマンが昼飯を探し歩いていた。
だが、「町田タロー庵」に一人もお客さんは入っていない。
凄いマイナスオーラが出ているようだ。「関東UDONスタンプラリー」に参加している店は、好みの差があるものの、美味しい店ばかりだ。はずれはないはずと中に入った。


160519町田タロー庵004_R 160519町田タロー庵005_R
店内にもマイナスオーラが漂っている。
ご主人と二人きりなのだから、いろいろ話を聞きたいが
声をかけづらい。
ご主人の体調がよくないのか、それとも私との相性が良くないのか?

160519町田タロー庵007_R 160519町田タロー庵006_R
店に入る前に仕入れた食べログの情報では
「大盛無料」だったが、メニューにはどこにも書かれていない。
見た情報が古かったのかもしれないと、
気持ちを立て直し、見慣れない「甘~いきつね揚げ」冷たいで650円を注文した。
160519町田タロー庵008_R
出来上がったうどんを見て「量が少なそうだ」と思った。
麺は中太タイプだ。表面に光沢があり、腰があり旨い。
私の記憶の中で探していくと、氷見うどんをつややかにして
小麦の風味を豊かにしたところにたどり着いた。
うどんはすごく好きなタイプだ。
160519町田タロー庵009_R

讃岐うどんといえば鶏天だ。追加で150円だ。
焼き鳥のような串天だ。
もも肉の油と、揚げた油が混ざって年寄りにはきつい。
大葉とか山椒塩とかサービスしてくれると嬉しいが、
それは高望みなこともわかっているつもりだ。

160519町田タロー庵002_R
食べ終わって感じた事。
まず、量が少ないのでサラリーマンは毎日のお昼としては周りの飲食店を選ぶだろう。
讃岐うどん店の中には、かけは350円前後、大盛で500円前後で出している店が多い。
ランチタイムには、セットメニューで5~600円も出せば量的に満足できるのが助かる。

いかに専門性が高いと言っても、「うどんはうどん」だ。
素晴らしい空間を演出してデートや商談に使える店なら
うどん以外の要素が価格に反映されていると納得するが、
普通の店ならば「日常食」としてのうどんなのだ。

日常食として、うどんを食べたい私には、
ランチだけはお得メニューを出してほしいと思うのだった。


2016年5月19日昼の訪問

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「もみーのうどんレポ」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

青梅「手打ちうどん ときわ」茨城出身のご主人打つ田舎蕎麦
160127青梅蕎麦屋_R000 
今日も寒いからおいしいカレーうどんでも食べようか。
場所は青梅だ。1軒目は休み、2軒目も休み。
青梅は水曜日休みが多いのかと中国料理店にはいろうとすると手前に
手打ちうどん「ときわ」が目に入った。
しかも「本日手打ちそば有ります」だ。
160127青梅蕎麦屋_R001 
ときわつけ850円で蕎麦+150円を注文した。
店内は、テーブルが2つ、カウンターで5人くらいのこじんまりとした普通の店だ。
少し待つと
黒い蕎麦が運ばれてきた。
いわゆる田舎蕎麦であるが、一口食べその旨さに驚く。
ふと立ち寄った店で、蕎麦の殻の風味、中の甘さを味わうことができるなんて。
160127青梅蕎麦屋_R003 
160127青梅蕎麦屋_R005 160127青梅蕎麦屋_R008
「(茨城県の)粉を仕入れて売っています。」
ほかのお品書きを見ると「けんちんうどん」がある。
「私茨城の水戸に住んでいたのですよ。懐かしいなぁ」というと
いきなりご主人が食いついてきた。
「私も中学のころまで水郡線沿線に住んでいました。上の兄貴は深作監督と同級生でした」
奥様が追いかけて「柿と牡蠣と言ってみてください」という。
確かに茨城県人にはこの二つの言葉をきちんと言い分ける人は少ないのだ。

「また来てください」と送り出されて
すっかりいい気持ちだった。

2016年1月27日の昼の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

小作「別館 味里」ランチ 焼肉はちょっと・・・
さあ、困った。
シルバーウイークの連休中のランチになった。
期間中はランチがない店が多い。
困って羽村の「味里」に飛び込んだ。

夜は居酒屋、昼は定食屋として人気がある店だ。
注文は焼肉、ベーコンエッグのセット。確か900円前後だった。

御飯は並でお願い。ガッツリ食べられる人は大盛りサービスだ。
20150922羽村1 
20150922羽村2 
肉がたんまり盛られている。
肩ロース部分だろうか、適度な脂だか、なぜか固め。
今日に限ってだろうか、いつもなのだろうか。

若くて食欲がある人には良いが、初老の私は
この間のようにメンチとかコロッケを食べていた方が良いらしい。

2015年9月22日の昼の訪問。

前回の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

青梅「味里」定食屋
150530青梅味楽_R000 
青梅といっても、羽村に近いところに「ごちそう定食や 味里」がある。
量が多くてしかも安いという評判だ。
真ん前にチェーン店の徳樹庵があるなか、検討しているどころか
勝っているのではないかといわれている。

友人に誘われて訪問した。店は広く100席もある。
150530青梅味楽_R001 150530青梅味楽_R002

初めての店だ。コロッケとメンチのセットにして御飯は並盛にした。
さて、メニューを見直すと 刺身をベースに組み立てるのがよさそうで
しかも、多人数でシェアするスタイルらしい。
「もともとは居酒屋だったんだよ」と友人はいう。

150530青梅味楽_R003 
コロッケもメンチも大き目だ。
揚げたてのコロッケはポッカポッカで
メンチはジューシーだ。
150530青梅味楽_R005 
「美味しく食べさせるなぁ」という印象が残った。
さすがに街の洋食屋さんのコロッケには敵わないものの
相手がファミリーレストランなら楽勝だ。
しかも値段はファミリーレストラン並みで
御飯は中盛り・大盛りサービスだ。
御飯自体の味も悪くないから、CPは非常に高い。

まだまだ知らないいろんな店があるもんだ。

2015年5月30日土曜日午後の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

東村山「厚焼玉子焼き 玉弘」大きい玉子焼きを買った
東村山の酒造場「豊島屋」で日本酒を買って、ぐるりと回って帰ろうとしたら
旗が立っている。玉子焼きの製造直売所らしい。
150121東村山玉弘_R000 
興味が湧くと確かめずにはいられない性分だ。
中に入ると、野菜?売っている。
地場野菜か?
いや、普通に売っている野菜だ。
150121東村山玉弘_R001 
玉子焼きはどこだ?と探すと
縦型の冷蔵ケースの中に寂しく3本あるのを見つけた。
手に持つと、ずっしり重い。
価格は648円だ。
150121東村山玉弘_R003 150121東村山玉弘_R004

どんなものか帰るとすぐに皿にあけた。
大きさはガラケーの2倍程度だ。
150121東村山玉弘_R007 

切ると4層に分かれている。

150121東村山玉弘_R008 
ほんのり甘い。

出汁がたくさん入っている蕎麦屋の玉子焼きとは違う。
築地で買う料亭で出されるような美味しくて味が濃い玉子焼きとも違う。
普通の味で自分でも作れそうだと思わせるが、
しっかり固く焼かれ、しかも味は素朴で
弁当に入っていれば嬉しくなる厚焼き玉子だ。

旨い日本酒と美味しい玉子焼き。
これはセットで買わねばならない。

2015年1月21日の訪問
霙のような霰のような冷たい雨が降っていた。

食べログの情報はこちらから
公式サイトはこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

町田2号店「磯丸水産」でどんぶりを食べる。
150117町田磯丸水産_R010 
最近、大きな繁華街で見ることが多くなった「磯丸水産」。
丼を食べてみたいという家内のリクエストに応えて
偶然見つけた町田の「磯丸水産」に入った。
この店は24時間営業とのことで、町田の繁華街の強さを物語っている。
今日は土曜日、時間は午後2時過ぎだ。お客さんが少ない時間帯のはずだが
飲んでいるグループやカップルで店はほぼ満員だ。

150117町田磯丸水産_R011 
家内が選んだのは「とろたく丼676円税抜」
私は「まぐろネギトロ丼583円税抜」だ。
盛り付けは雑だが
呑み屋のどんぶりだし、値段も高くないので「まぁ良いか」と食べ始めた。
150117町田磯丸水産_R014 150117町田磯丸水産_R015
150117町田磯丸水産_R017 
お手頃価格でいいのだけれど、
マグロの質や厚みを考えると、値段相応だと感じる。

他にメニューはないかとお品書きをめくると
ボリュームがある「豪快盛り954円」を見つけた。

やっぱり1000円出せば面白そうなものがある。
次回来るとしたらこれにしよう。

150117町田磯丸水産_R019


2015年1月17日(土)午後二時の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

あきる野「花がき」ほうとうと野菜天ぷら
あるSNSの情報に「あきる野 花がき」の情報が載っていた。
あきるのファーマーズのすぐ近くにあるこの店には、ずいぶん昔訪れた。
鴨が美味しかったと記憶している。
SNSの記事を読み、久しぶりに訪問することにした。
150114あきるの花垣_R000
さぁ、何を食べようか。
付き合ってくれた同僚が選んだのは「天丼セット850円税抜き)で、
私が選んだのは「野菜ほうとう980円税抜)だ。
150114あきるの花垣_R001 150114あきるの花垣_R002
同僚が食べている「天丼セット」はお得セットで
舌平目や野菜の天ぷらがたくさん乗っかっている。
玉子とじのうどんは、細うどんで柔らかく喉に負担がない。
玉子で味がまろやかで、細うどんとのバランスが非常に良い。

次に私のほうとうを待った。

続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

青梅市「奥多摩のわさび漬 山城屋」
141205青梅MR_R007 
奥多摩のわさび漬のメーカーは沢山ある。
それぞれが特徴を凝らしているが
多摩地区のスーパーマーケットで目にするのは、「山城屋」の細長いパッケージではないだろうか。

山城屋のわさび漬は
国産の山葵と青梅の地酒メーカーの沢の井の酒粕を使っていると聞いている。
賞味期限は商品によって違うが、おおよそ40日~60日で
比較的長持ちするように加工されている。

奥多摩に来たついでに
山城屋の本店に行ってみることにした。
141205青梅MR_R008 
店に入ると、一番良い角っこに山葵漬けが並んでいる。
スーパーで見るものよりはるかに内容量が多いようだ。
今の時期は
数の子が入った山葵漬けが売れ筋となるそうだ。
キャラフキやもろみ味噌
海苔との佃煮とお土産アイテムが並んでいる。

141205青梅MR_R012141205青梅MR_R010

141205青梅MR_R009 
山城屋のわさび漬は良くこなれた味で
スーパーでも売っていることから
標準的な味なんだ。

そして、本わさびを売っているのをみつけた。
ちょっぴり乾いてしまった感があるが
それも愛嬌だ。

2014年12月5日の訪問

公式サイトはこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.  

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

奥多摩日の出町にスモークチーズをみつけた。大多摩旨いもの屋「みやび工房」
141205青梅MR_R039

日の出町の道路沿いに「くんせいチーズ」の旗がたくさん立っている土産屋があるのは
頭の片隅に薄く貼りついていた。

お世辞にも寄りたくなるような魅力を感じなかったからだ。
何故か寄ろうという気持ちになって中に入ると、驚いた。

141205青梅MR_R040 

スモークチーズの試食が出ている。試しに食べて見ると
やたらと旨い。

専門店や高級スーパーで扱っている輸入のチーズと圧倒的に違う。
それらが乾麺だとするとみやび工房のものは生麺のようだ。

チーズが柔らかい上に、スモークがほんのり香ってくる。

141205青梅MR_R047 

チーズを買おうとカウンターに行くと訳あり商品があった。
切落としのような商品だ。1ぱっく250円と安い。
急いで買い足したことはいうまでもない。

しかし、驚いた。
こんなにいい店があったとは。これから奥多摩に来るときは必ず寄ることにしよう。


2014年12月7日の訪問

公式サイトはこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.  






テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ