プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
三郷手打ちそば「天徳」十割蕎麦 旨い
 170311三郷天徳002R
埼玉県三郷市に美味しい手打ち蕎麦屋がある。
畑と住宅地に囲まれた郊外というか田舎というか、
そんなところに美味しい蕎麦屋がある。
久し振りに訪問で気が付いたのは昔と様子が変わっていたことだ。
建て替えたのか?椅子に座って食事ができるようになっていた。
170311三郷天徳010R
久し振りの訪問で以前の味を忘れてしまったので
十割そば950円に決め、楽しみに待った。
170311三郷天徳011R

170311三郷天徳005R
出てきた蕎麦は何気なく盛られているようだが、
実は手慣れの技が隠れている。
箸で探ると、ちょうど一口で入る量で、蕎麦が小分けに盛ってあるのだ。
まるで名人達磨の技ではないか。
それをぐっと凝縮された江戸風の強いつけ汁に
蕎麦の下の方、三分の一をつけ、ずずっと手繰る。
落語家の食べ方がこの蕎麦には最も合う。
170311三郷天徳007R
次に大根を汁に溶かす。これはまぁまぁな変化球だ。
更に、山葵を蕎麦に塗りたくって、
汁を付け手繰ると最高な味になる。
先ず、山葵の発揮性がある辛さがやってきて、ほんの少し遅れて
蕎麦の甘さと風味がやってくる。
それらが混ざるだけでも美味しいのに、出汁がぐんぐん効いてきて
山葵の辛さ、蕎麦の甘さ、再び汁の辛さが混ざり合い、
幸せな時間がやってくる。
170311三郷天徳009R
蕎麦をぺろりと平らげ、蕎麦湯をいただく。
白い蕎麦湯からは適度な粘りになるように蕎麦粉が混ぜられている。
美味しいなぁ~
このご主人はどこで修業されたのだろうか。
どの系列だろうか。
そんなことを考えてみるが、私の乏しい知識では探り当てられない。
どなたか、詳しい方がいれば教えていただきたいものだ。

それにしても、せいろが美味しい季節になってきた。

2017年3月11日の訪問(東日本大震災の6度目の悲しい日)

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さいたま新都心「青蓮」中華ランチ安くて量がある。
 170209さいたま新都心青蓮001R
さいたま新都心駅に降り立つと
あまりにも人工的な町並みで昭和生まれの私は居心地が悪い。
埼玉アリーナでのイベントやコンサートに訪れたり、
コクーンでイベントの手伝いをしたりするが、
駅の周りの高層ビルに入っている飲食店かコクーンの飲食ゾーンに入っている
ラーメン屋に入るのが常だった。

今日は大変寒い日だった。
明日は雪が降る可能性がニュースで繰り返し流されている。
と、いうことはむち打ちが完治していない私は、具合が非常に悪い。
埼玉アリーナの展示会に参加して商談をしていくが
体調と相談しながらの消極的な活動しかできない。

昼には温かいものを食べたいなぁ。
道路を渡ったビルに飲食ゾーンがあるのを思い出し
日高屋に入ろうとすると満員ではないか。
誰もが安くて温かいものを食べたいと思うのであろう。
仕方がないので奥にある中国料理店「青蓮」に入ることにした。
値段が高そうな感じがするが、実際には800円位で食べられるのだ。
170209さいたま新都心青蓮002R
「青蓮」は分煙の店だった。
喫煙席スペースがあり、常連さんらしきは、店に入ると「喫煙」と伝え
奥に歩いていくのだった。
日替わりランチから「黒酢のこく旨酢豚税込み820円」を選び、運ばれてくる間に
午後の商談の予定を確認して力を回復させることにした。
170209さいたま新都心青蓮003R
運ばれてきた酢豚の量は、想像していたより多くて驚いた。
酢豚定食をあちこちで食べてきたが、この量なら満足できるだろう。
黒酢ならではの、ねっとりとした甘酸っぱい味に御飯が進んでいく。

170209さいたま新都心青蓮004R
玉ねぎがもっと欲しい。
「いつもは肉がもっと欲しい」と言っており
「ランチだからこんなものだろう」と納得させていた。
しかし今日は違う。肉はいいから玉ねぎがもっと欲しいのだ。
170209さいたま新都心青蓮005R
食べ終わったころにドリップコーヒーが出てきた。
ほんの些細なサービスが仕事で疲れた気持ちを和ませる。

さて、頑張っていくぞ!と気持ちを奮い立たせた。
奮い立たせたが首は痛い。とぼとぼアリーナに向かい、
予約された午後の商談に向かうのだった。


2017年2月8日ランチタイム

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

埼玉県八潮市「手打ちそば 大むら」
埼玉県八潮市はつくばエクスプレスが開通して
来るたびに街の道路が変わり、
私の古い車のナビはあてにならなくなった。
いつの間にか病院ができ、その前に蕎麦屋ができていた。  
160716八潮市大むら001_R
「手打ちそば 大むら」
いよいよ八潮にも本格的手打ち蕎麦屋ができたのだと
喜び店に入った。
160716八潮市大むら005_R
値段の設定が安いのは、八潮市に合わせたのだろうか。
「ここは量がないとダメなんですよ。汁もたっぷりなければだめなんですよ」
いつの間にか撤退した本格的蕎麦屋の女将さんがおっしゃっていたことが
急に頭をよぎった。
160716八潮市大むら004_R
連れは蕎麦を食べるとして、気が変わった私は
いつものカツ丼を注文することにした。

待っている間にもお客さんは途切れずに入ってくる。
道路の向かいの大きな病院の恩恵にあづかっているのだろう。
160716八潮市大むら002_R
カツ丼はボリュームがあり、おいしい。
いつもの蕎麦屋のしょっぱいカツ丼だ。
で、蕎麦はどうなんだろう?
160716八潮市大むら007_R 160716八潮市大むら006_R
細く切られて、エッジが立っているから
手打ちには間違いなさそうだ。
蕎麦の香りが立ってこないと連れが難しいことをいう。
本格的な手打ちそばを求める向きには、手ごたえがないだろうが
病院へのお見舞いや、ちょっと食べるには便利な店だ。

ファストフードのチェーン店しかなかった八潮市に
いろんな店ができて、選択の幅が広がることは大歓迎である。

2016年7月16日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved
.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

所沢狭山ヶ丘「うど吉」小麦がむんむんの武蔵野うどん
  160712所沢うど吉001_R
第二回関東UDONスタンプラリーで訪問した店
所沢市西武線狭山ヶ丘駅より歩いて5~8分の「うど吉」
美味しかった記憶があるので、近くまで来たついでにリピートをかけた。
天気は晴れ、猛烈な熱気で車のオートエアコンは常にフル回転。
カレーうどんを食べるつもりだったが、さすがに心が折れた。
160712所沢うど吉002_R
カウンターに腰をかけて、夏の限定メニューの「冷やし黒ゴマうどん」並で780円に決めて
ジュデイオングや竹内まりあの歌が流れるBGMを聞きながら
3月に来た時の写真を見ていた。
160329狭山うど吉009_R
非常に美しいうどんで旨かった思い出が溢れてくる。
武蔵野うどん屋は注文してからうどんをゆでるスタイルのところが多く
15分から20分かかることがある。
そろそろ、待ちくたびれた頃合いにきれいに盛り付けられたうどんが出てきた。
160712所沢うど吉005_R
上のたくさんの青物はきゅうりとは驚いたが、埼玉県北部で食べられている「すったて」が、
きゅうりとごまで固められていることを考えれば
ここに到達するのは自然なことかもしれない。
160712所沢うど吉006_R
全粒粉というかふすまを入れているというか
この田舎うどんからは、小麦粉の風味がむんむん出てくる。
一口食べれば、あまりの旨さで汁はいらず、
相当量そのまま食べてしまうのだ。
160712所沢うど吉007_R
160712所沢うど吉008_R
そのまま何もつけずに食べ続けてもいいが
「季節限定」に負けて、出汁とラー油とゴマが利くつゆを味わう。
悪くない。・・・だが もったいない。

うど吉のうどんは何も漬けずに食べるのが一番のようだ。
160712所沢うど吉009_R

「ご主人、こないだ来た時と今日はうどんが変わりましたか?
もみーさんのブログとも色が違いますよね」
と、問うと「いうも同じでは飽きられてしまいますから」と答えが帰ってきた。
そんなことはあるまい。
きっと、常に切磋琢磨して武蔵野うどんの上を目指しているんだろう。

次回は、もりで麺をかえて大サイズにして
なにも漬けずに食べることに決めた。

2016年7月12日 暑い昼の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reservedみーさんのも

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

所沢市狭山ヶ丘「うど吉」肉汁うどん
 東日本うどんスタンプラリーが始まって、ツイッターではもう30か所も回ったという猛者が紹介されているというのに、私はまだ5か所目だ。根古坂に行ったがうどんが品切れだったから本当は6か所行ったと胸を張りたいが、それこそ50歩100歩だ。

「まだ先は長いから大丈夫ですよ」
狭山ヶ丘にある「うど吉」の花番さんは慰めてくれる。
160329狭山うど吉001_R
初めて訪問した「うど吉」は、
小さな4人かけのテーブルが3つ、カウンターで数人のこじんまりとした店だった。
ちょっと見では飲み屋からの居ぬきのようにも見える。

今日は腹は減っていないから、肉汁で 子供用の150gを注文した。
160329狭山うど吉004_R

160329狭山うど吉009_R
子供用といっても時間はかかる。
手を抜かないんのだな。

うどんの表面がつやつやで光沢がある。
非常に滑らかで不思議な麺だ。

1本引っ張ってかじると、小麦の風味がしっかりある。
大変おいしいうどんなのだ。

160329狭山うど吉010_R 160329狭山うど吉011_R

160329狭山うど吉003_R
肉汁にはたくさんのあげ・豚肉・ねぎ・生姜が入っている。
お腹がいっぱいでも、300g行けたのではないかと後悔した。

うどんって旨い店がたくさんあるなぁ。
そんなことを考えながら、「うど吉」の蘊蓄を読む。
160329狭山うど吉005_R 160329狭山うど吉006_R
「うど吉」の小麦はたんぱく質がふつうで
アミロースが少ない九州産「ちくごいづみ」を使用し、
もちもち感を出しております。



おいしかったなと店内を見回せば
インデラカレーの缶がたくさん積んである。
160329狭山うど吉007_R
肉汁以外にもカレーもよさそうだ。
私に後に入ってきた二人連れの席から、旨そうなカレーの匂いがしている。
次回はカレーにしようか?
160329狭山うど吉008_R

いや、やっぱりストレートにざるで 大盛にしようかな。

2016年3月29日の午後遅めの訪問

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「もみーのうどんレポ」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

埼玉コクーンで「頑者」の濃厚つけ麺を食べた。
 川越で仕事の打ち合わせがあれば、超有名店の「頑者」に行ってみたいと常々思っていた。
意を決して訪問するが、行くたびに長い列でその願いは現在達せられていない。
160305埼玉コクーン頑者001_R
ところがコクーンで偶然見つけてしまった。
しかもカウンター席に入り込む隙間が見えた。
160305埼玉コクーン頑者002_R
自動販売機でつけ麺 濃厚850円を選び、しばらく待つと
美しく盛られた器が出てきた。
160305埼玉コクーン頑者007_R
もちもちの太麺を食べると
「なるほど、工夫がすごい。」と感心する。
スープは濃厚、どろどろ状態で「著しくうまい」。
これが頑者のつけ麺ならば行列ができるのは当たり前だろうし
さらに職人がそのまま出してくれているだろう本店は、さらに旨いに違いない。
160305埼玉コクーン頑者006_R
ただし注文が一つだけある。
設備のせいか、場所のせいか水がひどく不味いのだ。
我慢できないほど不味くとても飲めるものではない。
おいしいものを提供していても、意外と気が付かないものなんだな。

2016年3月5日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

所沢「フライングガーデン」水曜半額もどしディのランチ
埼玉県に入るとステーキの宮、馬車道、久兵衛など安くてうまい飲食チェーンが多くなる。
「爆弾ハンバーグ フライングガーデン」もその一つだ。
ステーキハウスでなく「ハンバーグ」に特化したレストランで値段は手頃だ。
アレンジメントが多く、いろいろ選べるのが楽しいのだ。
160203フライングガーデン_R000
今日は第一水曜日だ。第一水曜・第三水曜は半額戻しの日となるから
午後3時でもお客さんで満員だった。
連れは腹が減ったらしく、迷う間もなく「爆弾ハンバーグキングサイズ」を注文した。
キングでも1099円だ。

 160203フライングガーデン_R002 
ジュウジュウ湯気があがる中にジューシーなハンバーグがある。
待っている顔が嬉しそうだ。
私が選んだ「マッシュルーム680円」も悪くない。

160203フライングガーデン_R003 
もう一人の連れが選んだオロシも
山盛りになっている。
160203フライングガーデン_R004   
うん、これはありだね。連れがいう。
ハンバーグは脂分が多く混ぜてあるが、嫌にならない程度で
多くの人は軟らかくて美味しいというだろう。

これで半額戻しとは嬉しい限りだ。
絶対の狙い日になる。


2016年2月3日の午後3時の訪問

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

所沢「松郷庵甚五郎」森のきつねそば1060円
150925所沢松郷_R000 
甚五郎というと武蔵野のそば・うどんの名店であるが、
そのなかでも所沢の「松郷庵」はおいしい店として人気だ。
いつも混んでいるから、シルバーウイーク明けが狙いだ。

150925所沢松郷_R009 150925所沢松郷_R001
古民家風の店で選んだのは「森のきつねうどん」だ。
外は冷たくそぼふる雨が降っている。
傘を差さなければしっとりと濡れてしまう今日だ。
「カレーそば」が第一希望だが「蕎麦と合わないので出していません」と
つれない返事で「森のきつねそば1060円」に決定だ。

150925所沢松郷_R005 
「森のきつね蕎麦」のキツネは他にないキツネだ。
硬く,しっかりしている。
きっと特注だろうと推測できるが、
豆腐好きな私の記憶からたどっても、これほどのキツネを作れる豆腐屋は少ない。
横浜地区には「宮城屋」という豆腐屋がこれに近いものを作れる力がありそうだが
流石に所沢までカバーしていないだろう。

150925所沢松郷_R007 
いったいどこの豆腐屋が供給しているのか?
非常に気になっている。

さて、森のきつねは、かるく餡がかかっている。
急ぐと火傷するから、要注意だ。

150925所沢松郷_R008


2015年9月25日のランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

深谷「麦屋」旨いうどんに感動
深谷萱場「麦屋」

深谷で感激の武蔵野うどんに出会った。
激しくツイストしたうどんは、表面に光沢があり、
小麦粉の旨さがむんむんに出ている。

肉汁うどん650円、ちくわ天1本110円
150611深谷麦屋_R003 
深谷で昼飯を食べよう。
食べログをみると、3.5の高得点のうどん屋がある。
ここは小麦粉文化のエリアだ。
食べログの3.5はどうかと思う場面が今までもあったが、
そんなに外さないだろう。
150611深谷麦屋_R000 150611深谷麦屋_R001
着いた先は、とてもうどん屋とは思えない。
客層は普通のランチの男性や家族連れ。
テーブルで20名くらい、カウンターで数人程度のこじんまりした店だ。
BGMに何故かジャズが流れている。
小さな店なのにスタッフは接客に1名、調理に3名の体制だ。
150611深谷麦屋_R002  
選んだのは当然、肉汁うどん 悩んで並650円。
ちくわ天もつけると、あつあつの揚げたてが運ばれてきた。
150611深谷麦屋_R005 
うどんは激しくツイストして、凹凸がある。
表面は艶めかしく光り感能的だ。
150611深谷麦屋_R006 
太さが一定していない。長さもまちまちだ。
「茹で上がる時間が違うので良くない」と聞くことがある。
「麦屋」のうどんは、そんなことは意に介さない。
全く次元が違うところにある。
150611深谷麦屋_R010 150611深谷麦屋_R011
 旨い、旨いと食べるものだから、並盛はあっという間に無くなってしまった。
肉汁はまだたっぷり残っている。
「大盛りにすれば良かった」。
また、生姜は使わない方が良い。

うどんを食べて感激したのは
小平「福助」以来だなぁ。

2015年6月11日の昼の訪問

食べログの情報はこちらから

うどんブログ「ぐーたりの舌<武蔵野うどん探検記>」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved. 

 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

埼玉県三郷駅前「ほるもん焼きしちりん」
150515三郷しちりん_R000 
武蔵野線三郷駅で初めて飲むことになった。
駅前を散策するが駅前の繁華街のボリュームがない。
ほんの半径300mくらいしか街がないのだ。

やっとたどり着いた先は「ホルモン焼きのしちりん」だ。
150515三郷しちりん_R009 

ホッピーやサワーを飲んでいるのは我々は
プリン体対策だが、モツは大丈夫だろうか?
痛風を発症したことがある同僚は
「リミッター解除!」らしい。150515三郷しちりん_R002
メニューをみて、
コブクロを食べ、センマイの刺身を食べている。
150515三郷しちりん_R003 150515三郷しちりん_R010
私はモツの盛り合わせを食べるとしよう。
値段は600円くらいだったか?
軟らかいところ、固いところ
いろいろと楽しい。
150515三郷しちりん_R006  150515三郷しちりん_R012

旨い!そして安い!

宿に帰って「しちりん」を調べると、流山や柏にも店がある。
柏にはモツの「太郎」があるくらいだから、
鮮度の良い仕入れルートがあるように思えた。

 

2015年5月15日夜の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ