FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
銀座「キムラヤのパン」ランチを食べる
190305銀座木村屋009R
保育園の入園の準備をしたい。孫の靴を買いに行きたい。と要望を受け、
銀座のキッズの靴屋にやってきた。その後
食事は、1歳児がいても困らない様にと、パンのキムラヤの喫茶部を選んだ。
パンが食べ放題だ。
190305銀座木村屋002R
身体の成長の割には、遅いながらも歯が数本はえてきて、
パンがイチゴと並んで大好物らしい。
私は付き合いで三元豚のポークカツレツを選び、パンを楽しむこととした。
190305銀座木村屋001R
パンは籐の籠に入れられて、スタッフが席を回って取ってくれる。
キムラヤのパンは美味しい。
どこが美味しいって?
フランスやスイスやドイツの流れのパンと違って、
柔らかめでソフトな味わいがする。
日本で愛され続けた日本のパンである。
190305銀座木村屋003R
三元豚というと
私たちの年齢では国産のブランドである「平田牧場」の豚で
ランドレース種・大ヨーロッパ種・デュロック種の掛け合わされた
旨い肉をすぐに連想するが、
最近スーパーで安く売られている三元豚や四元豚は輸入豚肉である場合が多い。
190305銀座木村屋005R
さて、キムラヤの豚肉はどちらの三元豚なのだろうかと
食べ始めた。
ところが全く分からない。
豚肉自体に何かしらミルフィーユのような処理がされていて
豚肉自体の味がよくわからなくなっている。
「これが銀座の洋食なのだ」と
多摩の田舎に住んでいる私は納得する以外ない。
190305銀座木村屋007R

190305銀座木村屋008R
柔らかいパンのお替わりをしながらも、
料理はなるべく早く食べきる。
そして、まだ食事半ばのママに代わって
座っていることに飽きてきた可愛いお孫ちゃんの相手をする。

銀ブラは幸せな時間になる。

2019年3月5日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

銀座一丁目「北海道料理ユック」ランチをやっている
 160629東銀座ユック001_R
先日、銀座をぶらぶら歩いていて外れまでやってきたら
えぞ料理ユックがあった。
ユックといえばまだ鮭の刺身が珍しかったころから
凍ったルイベを食べさせる店として有名だった。また、当時学生だった私達には値段も含めて北海道のように遠い存在だった。

卒業する先輩を送るためにアルバイトをして無理をした思い出の店に
偶然思いがけなく出会ったのだった。
160629東銀座ユック009_R 160629東銀座ユック010_R
当時は高級店だった店も今ではランチタイムにお手頃価格の料理を出す店になっている。
時代の移り変わりだ。
銀座といえども平日のランチタイムは激戦を勝ち抜くためか
店を昼の時間に遊ばせないためか、
1000円程度で十分に満足できるメニューに溢れている。
160629東銀座ユック011_R
カウンターに腰を掛け、本日のランチを注文。
サーモン、カニのほぐし身、たらこのどんぶりに イカ刺がついてくる。
これで税込み890円だ。
160629東銀座ユック012_R
味噌汁は鮭のアラ汁。味噌の強さとアラが良くあっている。
サーモン漬けが非常に旨い。脂がのっているから、白鮭や紅ではない。
料理長に話しかけると輸入の銀鮭を使っているそうだ。
そして、この旨さは漬け汁によるものが大きいらしい。

丼以外にも焼き魚など1000円メニューが揃っている。
今度は家族を連れてきますよと料理長にいうと
ぜひ、おつれくださいと見送ってくれた。

2016年6月29日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

銀座「天龍(移転後)」でっかい餃子を食べる
2週間前に退院した家内が
 銀座に快気祝いの品を買いに行きたいと言ってきた。
退院したと言っても、完治には程遠く家で静養しなければならない程度だ。
が、仕事先では退院=仕事復帰できると考えているらしく
出社して状況を伝えてほしいと連絡があったそうだ。

確かに、人を使う立場としては当然なことだが
こちら側の状況はそんなに改善していない。ちゃんと説明してくるんだと夫はいう。
お返しの品を購入するとしても、私が連れて行って、私が荷物を持って帰ることとなるのだ。

さて、デパートで買い物が済めば遅い昼食だ。
人気がある餃子の「天龍」もさすがに空いているのではないかと
移転先のビルにたどり着いたが
160604銀座天龍001_R
エレベーターの前に列がある。
さらに4階に上がって、再び入店まで少々待つことになった。
160604銀座天龍002_R
店内は窓側に明るいテーブル席や、奥には小部屋風になった空間、
入り口付近にはカウンターのようなカジュアルなテーブルと
多目的な構成になっている。
160604銀座天龍004_R
ほとんどのお客さんがメニューの左上の餃子とライスを注文している。
チャーハンや海老蕎麦を食べたい気もするが
めったに訪問する機会がない夫婦は、やはり餃子を注文する。
160604銀座天龍009_R
餃子8個1050円、ご飯小100円を注文して
わずか5分?
直ぐに餃子が運ばれてきた。
作り置きではない、熱い。
ひょっとして、餃子番は休みなくロボットのように餃子を焼き続けている?
それともすごい餃子焼き機が導入されているのか?
160604銀座天龍013_R
でっかい餃子の大きさは、iPhone6の液晶画面ほどある。
8個で1050円は高いと思うかい?
4個で500円と考えると十分な価値がある。
銀座という一等地だけでなく、その辺の私鉄界隈の駅前にあっても
大変な人気になりそうなコストパフォーマンスがある。

次回、2人ならばチャーハンか麺類を注文して
餃子を1人前シェアして食べたいなと思うのだった。
(きっと、また餃子のみを食べ続けるのであろうが)

2016年6月4日の午後2時の訪問。

以前の訪問(旧店舗)

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

続きを読む

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

銀座三越裏「インド料理ムンバイ」ランチ920円
 
151119銀座ムンバイ_R000 
銀座で午後一から商談なのに、時刻はすでに12時15分になっている。
ここで食べ逃すと、午後3時ころまでは食べ物にありつけなくなる。
困ってきょろきょろ見渡すが、知っている店はない。・・・・?
ムンバイは神楽坂でおいしいナンとチャイですっかりお気に入りの店だ。
銀座にもあったとは、嬉しい限りだ。
151119銀座ムンバイ_R007 151119銀座ムンバイ_R001
時間がないので、カレーセット920円を食べることにして、地下に降りていくと
こじんまりしている中にも、銀座の洗練されたエッセンスが内装に見える。
151119銀座ムンバイ_R002 
ナンとライスはおかわり自由になっている。
場所柄、ハーフサイズのナンを出して、その代り食べ放題にしたのだろう。
しかし、このハーフサイズのナンでは、本当の美味しさが出ないのではないか。
ふっくら焼けた厚みがあるナンにこそ美味しさが出てくると思う。
ナンの生地にミルクを混ぜるなどの工夫をして
甘い主食を食べさせてくれる。そんなインド料理店のナンが大好きなのだ。
151119銀座ムンバイ_R005 
ライスもマトンのカレーもそれぞれに美味しいのだが
ムンバイの飛び出た美味しさが押し出されていないのではないかと残念だ。
 151119銀座ムンバイ_R006
銀座のムンバイは普通よりちょっとおいしい
つまり 普通のインド料理店だった。

2015年11月19日の訪問

神楽坂「ムンバイ」の以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから
 

テーマ:お取り寄せスイーツ - ジャンル:グルメ

築地「きつねや」ホルモン丼旨い
151114築地きつねや_R005 
最近の築地は観光地になっていて、
中国語や韓国語が飛び交っている。
ここ「きつねや」だって、例外ではない。

中国語でかかれたメニューに加わっている。
数人で1つの丼を食べているから、場所が空かない。
食べていると、いきなりスマホで写真を撮られる。
店のスタッフは慣れた様子でかわしていくが、「写真いいですか?」と聞く人はいない。
 151114築地きつねや_R004
しかし、そんなことにはお構いなしで
ホルモン丼が盛り付けられ、立ち食いが始まった。

いろんな部位のホルモンが八丁味噌風の味でしっかり煮込まれていて
こんにゃくとネギがいいアクセントになっている。
唐辛子をきつめに振って食べると・・・最高!

築地には他にも美味しいものが沢山あるだろうと
おっしゃる向きもあるだろうが、このB級グルメが私の一押しなのだ。

2015年11月14日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


築地場外市場の情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2015  himeharuzemi. All right reserved


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

「陸前高田展」銀座三越の社食でランチ
「銀座三越で食事しました。」
東京に住んでいても西のはずれから天下の銀座に行くのは結構バーが高い。
しかも銀座三越だ。一流の中の一流の店だ。
「何階にあるなんという店ですか?」
「13階にある社員食堂にお邪魔してきました。」

銀座三越の社員食堂は大変広く、そして混んでいる。
大デパートとなると、働いている人が多く、ほかに食事をしに行く場所もないだろうから
(禁止されているかも)皆さんがここに集まってくるのだ。

141025三越_R009
本日のランチ(タンドリーチキン)をよそってもらい、寿司コーナーで小肌とあなごを握ってもらった。
スイカで支払いを済ませれば、800円程度だ。
とびきりおいしいということはないが、「ちゃんと食べられる」し安い。
食べ終わった人々は、一人でスマホをしたり、いねむりをして、身体を休めている。

何故、三越の関係者でない私が社員食堂で食事をとれたかというと
東北岩手の陸前高田展の手伝いをしていたからだ。

単なる応援者の私にはどのような経緯で銀座三越で実施できる運びになったのかは知る由はないが、
3・11から大惨事から3年半経って、正直、東京の住民に風化を感じるようになって来ているときに
天下の銀座三越でイベントをできることは非常に意味があると思っている。

141025三越_R007  
銀座三越の大舞台に用意されたイベントは、盛りだくさんだ。

今日26日(日)は、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんだ。
朝はサンデーモーニングに出演して鋭いコメントをしていた。
そのまま、三越で、地震前後の話を分かりやすく、実体験を話している。

感情を抑えて話しているが、悲しい思い、悔しい思い、熱い情熱が伝わってきて
思わず目頭を押さえている人が多かった。
141025三越_R008  

写真の車のナンバーは、彼女の義母が乗っていた車のものらしい。
何度聞いても、色褪せない、心を震わせる話をしている。
     若いのに大したもんだ。

「ボランティアをしているなんて偉いね」と、先輩はいうけれど
私のは「行ける時」だけ「行けるところ」だけの、お手伝いの域を出ないものだ。
それなのに、今日のような素晴らしい経験をすることができる。
ゲストの話を聞くことだけでなく (三越の社員食堂にいけるなんてすごいことだよ)。

   来年も三越の社員食堂で 美味しいものをたべられればいいなぁ。

2014年10月26日の訪問

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。
 Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved. 




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

築地「きつねや」(3)のホルモン丼

Dsc00434今日、2014年6月29日(土) 

朝のニュースでは圏央道の高尾~愛川区間が開通したといっていた。関越道~中央道~東名が外回りでつながったこととなる。

とても便利になった。が、同時に裏高尾で見た山の緑の間にむき出しのコンクリートの構築物に違和感を感じている。開発と自然の保護、バランスを取るのが難しい。 

さて、築地についたのは午後2時だった。築地は閉まる時間帯だ。急いで飯を食べるべく「きつねや」に来た。 

本日最後の客となり、飯にありつき、ほっと安心した。 

Dsc00427注文したのは、ホルモン丼800円だ。

写真を撮ることにOKをもらい、大きな鍋に入ったホルモンをどんぶりにすくう様子を収めた。


続きを読む

テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

銀座「長崎ちゃんぽん吉宗」(初)食べたことがない茶碗むし

     東京で ちゃんぽんが美味しいといわれる

   銀座七丁目 長崎センタービル

   吉宗の「ランチ1730円」 日曜日

Dsc09099_2      「美味しい長崎ちゃんぽんとは、どんな味なんだろう」

九州生まれの父親が好きなちゃんぽんとはどんな味なんだろうか。

身近な九州出身者にきくとリンガーハットのちゃんぽんが本場の味に近いという。本当にそうなのか。

確かめたくって、大変おいしいといわれる花の銀座の「吉宗」に行ってみた。
Dsc09092Dsc09116

「吉宗」は銀座七丁目の長崎センタービルの地下一階に入っている。店の目印は店頭部分にある長崎料理のお品書きだ。

地下一階はテーブルや小上がりのテーブルになっている。奥行きがある広い店だ。ここは銀座の七丁目なのに、店の中は繁昌しているどこにでもある飲食店だ。
Dsc09093Dsc09095_3

そもそも銀座とは、私のような田舎者にとって、敷居が高く値段が高く、おしゃれで高級な場所だ。確かに銀座とはそういうところだ。しかし何回か訪問しているうちに違っているところもあることを発見してくる。

   この「吉宗」は、田舎者にとっても 
   安心して入れる普通の店だった。

さて、お品書きを見て、ちゃんぽんの並盛と茶碗蒸しのセット1730円にした。滅多に来ない場所だから、一番高いセットにしたわけだ。この辺が、お登りさん的注文ということだ。


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

行列ができるイタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 」(初)

Img_20140122_180404_2

























予約が取りづらい落合シェフの店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 」で行われるパーティに、幸運なことに参加することができた。



今晩は貸しきりだから、ライトは控えめになっている。表からは営業していないように見える。



写真は撮っていいのだろうか? 尋ねると



   「お客様が写っては困ります。個人情報になりますから」と、やんわり。



当然なことで、今回は料理の写真を記憶に残すための記事となった。Dsc09516_2



























イタリアンに慣れていない私たちのために、お品書きが用意されていた。



一皿目。これが全部一人分?  嬉しい。



Dsc09519 



























皿手前のコッパロマーナと自家製テリーヌに歓声があがり、右生ハム上の「タラのマンテカートに驚き、中央瓶に入った冷たいジャガイモのスープにため息が漏れる。



美味しいですね~。これでお腹、半分くらいなりそうだ。



次々にごちそうが出てくる。 


続きを読む
銀座「よもだそば」(初)かきあげ蕎麦とインドカレー

Dsc08772_2 FBで友人になった彼は、銀座・日本橋付近の忙しい職場らしく、朝早くから立食い蕎麦を食べて居る。「よもだそば」といい、コロッケそばや、かき揚げそばがなんと旨そうなことか。ネットで調べると2つの店しかないらしい。

今日は銀座で仕事があったので、場所の見当をつけて行ってみた。松屋の交差点から有楽町方面に歩き出して2~3分。まもなく1時になりそうなのに、お客さんが(女性も)並んでいる。


看板を見ると「自家製麺」と「インドカレーの店」? 珍しい組み合わせと思いながら食券販売機に並び「特大かき揚げそば」と「ミニカレー」のセットにして600円投入した。

Dsc08782_2



Dsc08781_2









細長い店内の奥のほうに、左側はカウンター席、右側に厨房。その間の通路は60センチくらいか。大人の男の肩幅くらいの通路で、狭いこと申し分ない。

テレビで、狭い店の特番があれば、候補の一つになりそうな店だ。

カウンターに座れる席があるが、このような立食い蕎麦屋は注文するとすぐに出てくるものだ。が、「よもだそば」は若干時間がかかっている。ふと、見ると、さすがにかき揚げはすでに用意されているものの、蕎麦は作っている感がある。


続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ