プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
茨城県守谷市「地鳥めん棒 玉川」親子丼
DSC00178_R.jpg 
守谷で昼飯の時間だ。
そばのブログ「つれづれ蕎麦」を見ていると何店かよさそうな店が乗っている。

『道路沿いにある』という情報でナビでセットをして近くまで行くと
「手打ちそばうどん地鳥めん棒 玉川」があった。
ナビは少し先を指しているが、きっと古民家風か民芸風の店はここだろうと飛び込むと、

ずいぶん勝手が違う。まるで高級店のようだ。
DSC00180_R.jpg 
ランチなのに普通の値段がなければどうしよう。
恐る恐るお品書きを見て、蕎麦に興味がわかなくて悩む。
つくば地鶏が料理の柱になっているようだ。
DSC00179_R.jpg 

意を決して「地鶏の親子丼」を選んだ。
DSC00181_R.jpg 
DSC00183_R.jpg
地鶏がしっかりしている。
御飯の量が多い。地鶏にしては値段が安い。
でも、感激は値段相応だ。

守谷市にはたくさんの蕎麦の名店がある。
それも狭い範囲にいくつもそろっている。
蕎麦好きには楽しい地域になっている。うらやましい限りだ。

2015年12月30日昼の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2015  himeharuzemi. All right reserved





テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ゆで太郎 そば・うどんの路面店(初)

























Img_20140111_145946最近、と言ってもここ数年のことだが、



都内には「ゆで太郎という立食いそば店が増えている。



何年か前、「自家製麺」「さんたて」ののぼりにひかれて港区の店に入ったが、期待するものに出会えなかった。それきり二度と「ゆで太郎」には入ることがなかった。



その後、「ゆで太郎」は東京都以外に物件を求め、つぶれた飲食店や洋服屋のあとに出始めている。



Img_20140111_151648茨城県つくばみらい市のインターチェンジのそばにもあるので、遅い昼食に寄ってみたら・・・・・・・・・



  「けんちんそば」があるではないか!



けんちん蕎麦というと茨城の代表的な蕎麦メニューなのだ。これは食べるしかない!





入口で480円の食券を買い、カウンターで従業員に渡し、テーブルに座って、しばし待つ。



「ひきたて・うちたて・ゆでたて」の三たてのため、少々時間がかかる。



さて、味のほうはどうだろうか。


続きを読む
水戸市 学生御用達のお店 中華料理「珍満」(番外編)

水戸駅から5分のところに、昔から学生がたむろする中華料理屋「珍満」があります。



床が油で滑りそうなお店です。きれいな女学生は「当然!」くるわけないです。



男どものお店です。



Dsc08322 Dsc08319















おばちゃんは、背中がまがったおばあちゃんになっていました。



メニューは昔と変わりはないか?



長崎風ちゃんぽんも580円で健在です。



Dsc08317 Dsc08318















私は 定番の五目チャーハン580円にしました。




続きを読む
水戸市 納豆 「天狗納豆(笹沼五郎商店)」(番外編)

水戸には 地元の納豆メーカーがいくつかあります。



わが父のお気に入りは、天狗納豆です。



幕末の「天狗党」から名前を取ったのでしょうか。水戸っぽのお店ですね。



Dsc08292 Dsc08297















 


続きを読む
地震に負けるな 大洗。 しらす・ちりめん「坂本」(番外編)

P1010162東日本大震災から6ヶ月経ちました。



テレビで見る東北の状況は、遅々として進んでいるように見えません。



春に訪れた北茨城の大津港は惨憺たる状況でした。幸い 友人の家は、道ひとつで無事でした。



     「大洗にも何メートルもの津波が来た」



大洗は 昔 海水浴に行った町です。同級生の実家がいくつもある町です。



町に来て、海岸通りを走ります。海を背にしたファミリーマートは通常営業しています。幸運なことに被害は免れたようです。町全体も具体的な被害の後が見えません。P1010166



最初に訪れたのは、町の象徴である大洗磯前神社です。神社は高台にあるので大丈夫でしょう。



  お参りをします。神社の寄付や願いには地元の人の苗字があります。「小野瀬」「小松崎」「鴨志田」は、地元に多い名前です。皆さん、ご無事だろうか?



参拝を済ませた後、町を一回りしました。



小さな商店で、ジュースを買いました。八百屋でアイスを買いました。



部外者の私には、大きな被害はなかったように見えました。




続きを読む
茨城県の 海草そば 「水戸市 東前 田舎そば」

一時期 水戸市に住んでいた私にとって、蕎麦というと一番は「海草そば」、二番は「けんちんそば」ということになります。



東京の 蕎麦好きの飲み会で「海草そば」の話をしたら、意外にも皆さん、ご存知ありませんでした。茨城出身の方も知りません。



             「あれっ、これって マイナー?」っけ?



水戸市東前 「東前 田舎そば」



場所は、水戸大洗ICを出て、国道51号線を少し水戸に戻ったあたりです。



昔は 常澄村といわれていましたが、今は 水戸市になっています。



Dsc08273 Dsc08274















訪問したのは 2011年9月13日(火)のことです。店の前には車がいっぱい止まっています。



店内には、男性客ばかりです。



訛りが強い茨城弁が飛び交っています(笑)。久しぶりに本物の茨城弁を聞いてうれしくなります、が、少し聞き取れないところも ありました。



注文は「海草そば750円」に決めていました。



Dsc08281Dsc08289















「大盛りですか?」と、聞き返されます。Dsc08280



量が少ないのかな?周りのお客さんは大盛りを注文しています。



いや、もしも足りなければ、他にも食べてみたいものがあるし・ ・ ・ ・ ・



普通盛を注文して、サービスの水戸の梅干を食べながら待っています。


続きを読む
北茨城 さぬきうどん「やま都」うどん (番外編) 明日を信じて-5

北茨城で友人とあいました。



地震の話、津波の話、その後の大変さ。



テレビの報道がない地域でも、大変困難なことが起こっていました。



道すがら、つぶれている家屋をいくつも見ました。地震では無く、津波にやられたということを聞きます。



無事を確かめて、岐路に着きますが、高速に乗る前に 小腹が減りました。うどんでも食べて行きましょう。



    さぬきうどん「やま都うどん」



  P1000908P1000910




続きを読む
北茨城 おふくろ弁当(番外編) 明日を信じて-4

「北茨城でおいしいお弁当やさんがある。



お腹が一杯になる。」と、きいてはいった店です。P1000918P1000907



 













とにかく 基本が大盛らしいですが、さらに大盛にしてもらいました。



確かに から揚げは とてもおいしい。



焼き肉は特製のたれ?だが、私にはマトンのたれのような臭みを感じます。(これは 好き好き)



P1000924P1000926


続きを読む
北茨城 大津港 松野屋(番外編) 明日を信じて-3

テレビでは大きく報道されていませんでしたが、



震源地からはるかに遠い北茨城にも津波の被害がありました。



学生時代の友人と3月11日以来、何日も連絡が取れなくなっていました。



北茨城も道路、電気、水道、が復旧したと聞き、友人と電話連絡がつき、無事を確認することができました。20年ぶりの再会をするため、常磐高速を使い、北茨城に行きました。



約束の時間より少し早くついたので、大津港を回ります。



  P1000900P1000899















道路は波打ち、岸壁は海の中にのめりこみ、建物は半壊状態です。復旧の見込みは立っていません。



「あれでも、ずいぶんかたずけたんだよ。海から 何もないところだから、津波でずいぶんやられた。」


続きを読む
八王子「飯村」(2)正月の餅を買う

Dsc04175お正月に食べる餅を買おうと飯村屋に行く。



餅はスーパーでサトウの切り餅や山崎ののし餅を買うのも便利で良いが、折角和菓子屋の多い土地柄だ。



つきたての餅を買うのに限る。値段の相場は重量×1・2倍くらい。1kgだと1200円くらいが目安となる。



Dsc04176店内に入ると、ガラスケースの上に1升餅がある。奥には切り餅だ。当然まだ温かい。右には緑の色の餅がある。草餅か?



歳末で忙しいので、そのまま見ずに普通の持ちだけ買って帰ろう。



ふと横を見ると、黄金色に輝く「恒例の美味しいくりきんとん」だ。



追加して買ってきた。Dsc04177和菓子屋の栗きんとんだ。甘くて美味しい。



お正月の餅は、和菓子で買うに限る。



焼くとふっくり膨らむ昔ながらの旨い餅だ。



冷えても旨い!



前の訪問記事:http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/tama/2012/09/post_42cf.html



2012年12月30日の訪問



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.