プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
吉祥寺蕎麦の名店「中清」で鍋焼きうどん
 吉祥寺の蕎麦屋に来たのは本当に久しぶりだ。
「中清」に来たらカツ丼を食べよう。
「蕎麦屋なのにカツ丼を褒められてもなぁ」と大旦那は言っていた。
その大旦那と女将は歳を取ったので息子に代を譲り、
自分たちは一歩後ろに下がるという。

まだまだ、若い。もっと楽しませてくれよ。

定年が近くなり、会社の温情で働かせてもらうようになった私は
中清の大旦那の活躍をうらやましいと思い、素敵だなと思うようになっていた。

まだまだやれるよ。
一線で働いてほしいと私の希望をかなえてくれ。
1702018吉祥寺中清001R

1702018吉祥寺中清01R
今日も車の運転は私だから
酒は・ ・ 我慢 ・ 我慢
メニューから「カツ丼」を選び注文すると
1702018吉祥寺中清002R
「御飯が少ないのですが・・・小盛の蕎麦が付きますけど」
と、花番さんが言う。
ご飯少なくってもいいよ。代わりに蕎麦がサービスされれば・・・と、中清贔屓の私は思う。
蕎麦も沢山食べられればいいなというスケベ根性が現れた。
花番さんが厨房に入ると
「ごはんは2~3口しかない」という声が聞こえた。
つまり、カツ丼は無理だということだろう。
中清は大好きな店だ。では、気を取り直して
ご馳走の鍋焼きうどんにしよう。
「時間をいただきます。」「おう、いいよ。」と20分くらい待つことになる。
1702018吉祥寺中清003R
中清の鍋焼きは鉄鍋だ。
贅沢で恰好が良い。特にかまぼこのギザギザが素晴らしい。
スープは関西人が嫌がる醤油味だ。
関西人は嫌がるが関東人には大好きな味だ。
1702018吉祥寺中清008R
うどんは柔らかめ。
これなら関西人も美味しいというだろう、うどんの硬さと太さだ。
最後に好物の海老天を食べる。
身がしっかりして美味しいと思う。
1702018吉祥寺中清009R
食べ始めて少し経ったら、後の客がカツ丼を注文した。
花番さんが注文を取り厨房に入ると
「だから、御飯がないんだ」と話が聞こえる。
だったら、炊けばよかったのに・・・と、私。
私が注文した時はなくても仕方がないが、あれから20分以上たっている。
炊く気があれば後15分くらいでご飯が炊きあがったはずだ。

中清の蕎麦は確かに旨い。
蕎麦も旨いが、丼物の旨さは蕎麦に劣らない。
「丼を注文したい人はたくさんくるだろうに」と店を出た。

大旦那、大女将さん
あなたの活躍する場所はたくさんありますよ。
私の大好きな居酒屋兼蕎麦屋「中清」には
お二人の接客が不可避なのであります。
身体が動かなるまで店に出てほしいと思うのであります。

2017年2月18日のランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

三鷹「ぺぺ」やっぱりわんたんめんを食べてしまう600円也
 三鷹駅から大成高校に向かう道路沿い、都営団地の近く、
やっているのかいないのかわからないラーメン屋「ぺぺ」。

一見には全く分からない店だが、地元の人でいつもそこそこ流行っている。
160624三鷹ぺぺ003_R
らーめんなら450円
わんたんめんなら600円と安いのが取り柄だろう。
昔より50円ほど値上げしたらしい。
160624三鷹ぺぺ002_R
しかし、少しだけ安いぐらいで
こんなに多くのリピート客を呼ぶことができるのだろうか。
世の中、そんなに甘くないだろう。
花番さんの気配りが素晴らしい接客でも
リピートをくりかえすことは難しい。
160624三鷹ぺぺ006_R
麺はうねりがある。硬めにゆであがっている。
スープに薄めでパンチがないので黒コショウをかけるが、
本当は白コショウのほうがこのわんたんめんにはお似合いだ。
160624三鷹ぺぺ007_R
たくさんのわんたんはツルツルでのどにスーッと入ってくる。
アンはしっかり味がついている。
らーめんと150円差なら絶対なお得メニューだ。

いつも行った後でチャーハンや定食を食べたほうが良かったのではないかと後悔する。
行くと、やっぱりわんたんめんになる。

いったいいつ? ほかのメニューを食べる日がくるのやら。
160624三鷹ぺぺ001_R

2016年6月24日 昼の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

吉祥寺「中清」の冷したぬきそば
大手のSNSに「吉祥寺中清のご主人が誕生日を迎えた」記事が出ていた。
古希を迎えられたらしい。
お祝いの投稿に、古希を迎えた老人(笑)がSNSにお礼のコメントを寄せている。
世の中、進んだもんだと思いながら、私も一言お祝いを申し上げたく
吉祥寺の店に向かった。

150803吉祥寺中清_R000 
150803吉祥寺中清_R001 150803吉祥寺中清_R002
中清は久しぶりの訪問に、いつもの佇まいだ。
吉祥寺の文化人に愛されているのは
質素ながらも落ち着ける空間になっているからだろう。
中清は蕎麦の店というよりも蕎麦前の店として
何度も雑誌に取り上げられており、半紙に書かれた酒以外にも
ご主人に聞くといろいろ出してくるから、会話の楽しい店でもある。
150803吉祥寺中清_R003 
今年のソバの出来の話を聞きつつ
注文したのは他愛もない「冷したぬき950円」だ。
品書きを見ることもなく「たぬき」と決めていたのだ。

たぬきを揚げるため、少しぬるくなりますよ。
 
150803吉祥寺中清_R005
150803吉祥寺中清_R006
他愛もない「冷したぬきそば」。
見た目には何の特徴がない。
揚げ玉が揚げたてで美味いのはわかるが・・・・・

そばを食べ始めると止まらない。
ピンと筋が通っていて、それでいて喉ごしが抜群だ。

更級で出してみたよ

いたずらがばれた小学生のような笑顔で
ご主人が厨房から出てくる。

「冷したぬき」で値段は950円。
高いか安いはその個人の判断だが
たまには、旨い冷したぬきを食べたい向きにはお勧めの一品だ。

2015年8月3日の訪問

以前の訪問記事

食べログの情報はこちらから

「つれづれ蕎麦」の記事はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved. 


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

新年1月3日 手打そば「中清」でかつ丼をたべる。
150103中清_R000 

1月3日 今年娘が新しく所帯を持つので電化製品を吉祥寺に買いに来た。
もちろん我が家の周りにも、
ビックカメラやヤマダ電機やケーズ電機やちいさなヨドバシカメラはある。
あるが、品を選び、いろんな店を見比べる時間は惜しい。

ネット価格に合わせますよとアピールしていても
「いわゆる大手と合わせます」と言われることが多く、どこも変わらないのだ。

だから、商品説明が上手なメーカーの派遣店員がいる店
いざとなると、他店より少しでも価格コムに近付けてくれる店に
行くのが結局時間の節約になる。

そこで本当は秋葉原まで行けば良いのだが、中央線で多摩から出かけるとすれば
吉祥寺ヨドバシカメラに行くことのが楽でよい。

そして昼飯は、SNSの情報で
1月3日から営業している手打ち蕎麦「中清」に行くことになるのは
私にとって当然至極のことだった。

入店した時間は午後1時半だ。
ほとんど満員で食べ終わった人が出るとすぐに次の人が訪れる。
注文の仕方から「常連さん」であることは間違いない。

奥様に年頭のあいさつを言い、
注文はかつ丼と鴨南うどんだ。
蕎麦注文しなくて申し訳ないが・・・・

隣の席の蕎麦前をやっている常連さんは
私の注文を聞きながら
「それもあり!だな」と、連れに話している。(聞こえていますよ~)

150103中清_R003

あいにくカメラがなくスマホで写真を撮る。
抜群な味のかつ丼が写せなかったのが残念だ。

しかし、何度か中清でかつ丼を食べたが、小そばが付いていたっけ?
お正月だから?それともいつもついていたのか? 

続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

吉祥寺「蕎麦屋中清」に六本木がやってきた
吉祥寺「中清」は蕎麦好き・日本酒好きの人にとって

聖地のような店だ。

選び抜かれた日本酒を飲みながら
リーズナブルな値段で提供される肴を楽しみ
とびきりおいしい蕎麦を食べる店。

場所は吉祥寺駅から北に行き八幡宮の交差点をを西に成蹊大学の方にしばらく歩く。
住所は本町4丁目だ。駅から約15分だ。
目の前はバス通りで本数が多いから三鷹からでも便利が良いだろう。

電車を降りた三鷹駅で 美しく
あまりにも美しいので怖くなる夕焼けを見た。

141011中清_R000

三鷹駅の北口ロータリーでバス路線を確認すると・・・・
直接成蹊大学方面に行くバス便はない。
途中までバスに乗りあとは徒歩だ。ずいぶん歩いた気がした。

息をあげて店に入ると、これから始まるミニライブを聞く人々と出会った。

141011中清_R001

続きを読む

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

吉祥寺「くぐつ草」(2)ほっと一息アイスコーヒー
今日はなんて暑いんだ。営業で吉祥寺の街を歩いているが、もうエネルギーが切れてしまった。思考能力は落ちている。足はだるくくたくただ。次の商談まではあと45分ある。 


ゆっくり座ってコーヒーを飲んで、体力を回復したい。Dsc01035_4



 こんな時に今どきの人はスタバやドトールに行くのだろうが、昭和のお父さんは喫茶店へ行くのだ。今どきのコーヒーショップの固い椅子では体力が戻ってこないからだ。座り込んで足を投げ出したいのだ。 



吉祥寺で喫茶店というと「くぐつ草」だ。今は3時過ぎだ。今日はカレーは食べないで、コーヒーだけ飲もう。Dsc01034_2


 


バーゲンが始まった吉祥寺の衣料品屋の地下に、「くぐつ草」がある。入口はわかりづらいが、地下に入ると別世界が広がる。洞窟の中に古い昭和が隠れているのだ。








続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

吉祥寺「中清」(13)新蕎麦「赤城深山」

Dsc00453_2Dsc00461_2昨日に引き続き連日の訪問となった。今年の新蕎麦「赤城深山」を中清のご主人が打ったことを知ったからだ。フェースブックに表現された写真からも新蕎麦のフレッシュ感があふれている。いつも無理を言って苦労を掛けている家内にも旨い蕎麦を食べさせてやりたい。などと、口実にして、夫婦で中清に訪れた。 

「今日の玄蕎麦 群馬産」の表示を店頭で確認して店に入った。土曜日夜8時前の蕎麦屋はほぼ満員だ。 

Dsc00459Dsc00460 蕎麦前は「蒼空(そうくう)」京都の酒を出してもらった。中清は酒の種類が非常に多い。好みを言って「すっきりとしていて切れがある」とか好みをいうとそれに合うような酒をご主人が出してくれる。 

 あては、この暑いのに「たぬきとうふ」だ。そばつゆの中に、蒲鉾を2切れ、ねぎを加え、豆腐をいれ、天かすをたくさん乗せるだけのかんたん料理であるが材料が良いのですこぶる旨い。

汁と天かすの具合が最高なのだ。 


そして、もう一杯、「乾坤一」という名前の酒を飲み、生粉打ち(きこうち)の「赤城深山」を待った。


続きを読む

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

三鷹 ドランクバット(2)ビールとそば

Dsc08601 三鷹ドランクパッドで蕎麦が食べることが出来ると情報が来た。

もちろん、情報発信者は蕎麦を食べる会の友人だが・・・・笑

ドランクバットは若いマスタがーやっているビールバル(?)、私流にいえば「生ビール屋」で格好いい。

では、おしゃれだから値段がいいのか?そんなことはない。私の年代が通った赤ちょうちんとさほど変わりない。

Dsc08597Dsc08594_2では、岩手のビールを一杯飲み、蕎麦友の手打ちそばを食べようではないか。


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

三鷹 肉屋「アンデス」(2)の焼売とチャーシュー

Dsc08608_2夕方、遅くなって、おかずが足りないとき、酒のつまみが足りないとき、肉屋のアンデスは助かる店だ。

三鷹駅の南口の通りをずんずん歩き、東急ストアをさらに過ぎていくと左手に明るく火がともっている。

前の人は、ローストチキンを3本買っていった。
Dsc08611Dsc08609

我が家は、焼売12個入りで340円と後ろのガラスケース左端にあるチャーシュー198円/100gを300g頼んだ。


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ