FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
葛飾区細田「ラ・タヴォラ・ディ・オーヴェルニュ」でパンを買う。
 桜の花が3分先になったころ
まだ桜の話が出ていなかった頃、訪問した店のことを書こうとすると
全く覚えていないことに愕然とする。
もともと覚えが良くなかったうえ、さらに年齢の影響だろう。
190314葛飾区細田ベーカリー001R  
そんなわけで、いろんなところで紹介されている葛飾区細田のパン屋さん
「ラ・タヴォラ・ディ・オーヴェルニュ」の記事は
「訪問しました」
「美味しかったです」
「今度はこれを食べてみたいです」としか書けなくなった。
190314葛飾区細田ベーカリー002R
この店は朝のモーニングビュッフェが人気だ。
次回はこの時間帯にしよう。
ただ、駐車スペースは2台だから我が家には敷居が高い。

2019年3月14日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

小岩ステーキの「くに」ランチお得感多い
 秋葉原から蔵前橋通りを通って
小岩に向かっていく途中、クルマを止められるレストランがほとんどなく
困ってしまった。
新小岩を通り過ぎて見つけたのは
牛丼の吉野屋で、
誰もが同じことと見えて、駐車場はいっぱいで入れやしない。
その先はサイゼリアだが、あっという間に通り過ぎて
ステーキ「くに」に滑り込んだ。

「くに」の駐車場も満杯状態で
サラリーマンのランチとしては若干高めだと思われるが
駐車場の有利さであろう。
190228小岩くに001R
さて、注文はアンガスのステーキ200gだ。
見るからにボリュームがあって
焼き具合はミディアムレア―からミディアムだ。
柔らかいが切れが弱いので最後には飲み込むようになる。
ではもう少し焼けるまで待てばいいかというと
肉は硬くなってくるのでそれも良くない。
190228小岩くに005R
家内はステーキとハンバーグのセットを食べているが
ハンバーグがあるよりも肉だけの方が「食べた」という印象が残った。
さて、最近、ステーキが安い店が沢山あるが
果たしてどの部位なんだろうか。
ステーキが高級品であったころ育った私たちにとって
ステーキとはサーロインかTボーンかヒレであった。
年に1回しか食べたことがなかった世代だ。
190228小岩くに004R
牛肉が日常食となって
ランチメニューになった今は豊かな時代になった。
でも、何を食べているのかわからない時代になったともいえる。

ともあれ、ランチで1000円ちょっとで肉が200gも食べられるということ。
素晴らしいことである。

2019年2月28日の訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ファミリーレストラン - ジャンル:グルメ

お雛様の和菓子は「亀有いせや」
 あかりをつけましょ ぼんぼりに ♪

あなたは平成30年の1月生まれ
のんびりした子で予定日をすぎてしまったものだから
急に帝王切開にになったのね。
若いママは切った後の直りが悪くて大変だったんだよ。

だからしばらくは じぃじがお風呂を手伝っていて
寝かしつけはばぁばが手伝っていたんだよ。
190303亀有いせや009R
来月からは保育園だね。
早生まれで、やっと歩けるようになったばかり
やっと「いや」なことがあると泣けるようになったばかり。
じぃじは心配でたまらないよ。
190303亀有いせや001R
今日は初節句だから、ばぁばが好きな亀有の「伊勢屋」の桜餅にしたよ。
じぃじは道明寺の方が好きなのでそれも合わせて、たくさん買ってきたよ。
お内裏様の御膳には
大じぃじが好きだったうぐいすも添えましょう。
 190303亀有いせや015R
伊勢屋の和菓子はあんこが甘くておいしいよ。
1つ食べるとすっかり満足してしまうくらいだね。
草餅も美味しいよ。

葛飾が故郷になるあなたはどのお団子が好きになるのかなぁ。
190303亀有いせや007R
ばぁばはのり巻きが好きなんだって。
じぃじは五目いなりが好きなんだよ。

もう少し大きくなったらいっしょにお弁当を持って公園で食べようね。
あなたの健やかな成長を祈ってやまないじぃじとばぁばだ。
190303亀有いせや006R

平成31年3月3日節句

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

墨田区ソラマチ「トリトン」大人気回転寿司
家内と娘が行った 北海道旅行で
「美味しかった」と感激した回転寿司が東京に2店ある。
1つは丸の内の「花まる」でもう1つは「トリトン」だ。
2人はすでに東京の店に行き、その美味しさに再び感激していた。
そして私を連れていきたいと言っていた。

今日は浅草橋で孫のお雛様を見に行った帰りに
ソラマチの「トリトン」に行くことにした。
いつもは60分待ち~90分待ちの人気店も幸いなことに30分待ちで済み、
2人が美味しいと絶賛する回転寿司を食べられる。
190123ソラマチトリトン013R

190123ソラマチトリトン002R

値段は130円からから始まっている。
ネタがいいものは300円位だ。
190123ソラマチトリトン007R
下の写真はヤリイカ3種、ホタテ、ニシンになる。
家内の絶賛のニシンを食べたのは、初めての経験となった。
ぼてっと柔らかく、独特な苦みがある。
私の感想としては「わざわざ・・・」というところ。
190123ソラマチトリトン003R
一方ヤリイカは確かに旨い。
右からエンペラ(耳)、胴体、下足になる。
今年もスルメイカがとれていないらしいから
美味しいヤリイカは貴重品である。
190123ソラマチトリトン004R
トリトンで圧倒的に旨いと感じたのはサーモンだった。
バラエティが沢山あり、どれもが旨い。
「北海道だから鮭」は短絡的すぎるし
脂がのった国産鮭をこの値段で出しているとしたら
相当なサービス品と思われるわけで・・・・
190123ソラマチトリトン012R 190123ソラマチトリトン005R

190123ソラマチトリトン010R

190123ソラマチトリトン006R
最後の締めに白ツブを食べる。
こちらも旨い。
値段は190円と手ごろだ。
おすすめしたい。
190123ソラマチトリトン011R
会計は8千円強だった。
我が家の100円回転寿司の値段はおよそ2500円だから
3倍くらいの値段になる。
ふつうの寿司屋の上寿司~特上寿司の値段だが
観光地としての価値は非常にある。
非日常の店であった。

2019年1月24日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:寿司・鮨・すし - ジャンル:グルメ

南小岩 持ち帰り焼き鳥「鳥俊」
12月に老人ホームに入居した伯母の
生活のフォローに小岩に行った。
ご近所へのご挨拶、金融機関(引き落としできているか、定期から普通預金へ)など
やることは非常に多いし、日ごろ一緒に過ごしていないので、
少ない情報から糸口を探していくのが大変だ。
子供がいない伯母はまさかのために小金を貯めていたようだが、
有料老人ホームは高額だ。普通なら子供がやってくれることを
人に頼んでやってもらうとそれなりの経費が発生する。
仕方がないので、家内が応援をし、私がフォローするしかないのだ。
190124小岩鳥俊006R
伯母の手伝いが終わると、こちらもくたくただ。
私も初老となり体力は大幅に低下してきた。
「24時間戦えますか」など程遠い。
休んで家でごろごろと、引きこもりたいほどだ。

今から帰ると夜7時を回るだろう。
「簡単な食事にしよう。しかも家でテレビを見ながらのんびりできるように。」
では焼鳥にしよう。小岩に詳しい家内は「鳥俊」がいいという。
190124小岩鳥俊001R
「鳥俊」は小屋の中で、肉を串にさしている。
家族経営のような店だ。
そのせいか、肉の大きさの割に、値段が安いと感じる。
190124小岩鳥俊004R
特に鶏レバーと皮が旨い。
たくさん買ってもデパートの地下のように高くなることはない。
半額程度の値段なのだ。
190124小岩鳥俊008R
焼鳥をたくさん食べて、腹が満足する。

小岩の商店街はずいぶん歯が抜けてきたが
まだまだ頑張っている店が多い。
いつまでも頑張ってもらいたいものだ。
190124小岩鳥俊007R
2019年1月24日の訪問

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ロイヤルホストのジャワカレーは非常に旨い。
 去年の12月に退院した家内はまだ長距離を歩くことができないでいる。
しかも娘にはもうじき1歳となる赤ちゃんがいる。
昼食を食べようとすると、設備が良いファミレスになるのは当然であろう。
というわけで、今日も「ロイホ」だ。
190124葛飾ロイヤルホスト001R
さすがに一通り食べた気がする。
あれこれ選ぶのは面倒くさいから、ジャワカレー880円とドリンクバーに決めた。
190124葛飾ロイヤルホスト004R
ジャワカレーはいい匂いがする。
一口、二口食べると
甘みが口いっぱいに広がってくる。
野菜の甘みというより果実の強い甘みを感じる。
190124葛飾ロイヤルホスト006R
もう少し食べると、今度は辛さがやってくる。
胡椒やトウガラシだけの尖がった辛さではない。
じわじわ広がってくる辛さで、白いご飯の甘さが際立ってくる。

これは旨い。
これならば2皿は食べられるぞ。

食べ終わってカフェラテを飲んでいると
また、あの最初の甘みが戻ってきた。

ロイホのカレーはすごいぞ。
次回もこれにしようっと。

2019年1月24日 ランチタイム

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

江戸川区小岩の「レッドロブスター」チーズホンジュ―を食べる
 
190106小岩レッドロブスター012R
今年の新年は老人介護施設に入所した伯母の面倒に追われた。
一番近しい親戚が集まって不足している買物をしたり,
職員との打ち合わせをしたりで、
のんびり休む暇がなかった。
今日も近くのレッドロブスターで外食になった。
190106小岩レッドロブスター011R
レッドロブスターはアメリカ料理だとネットで紹介されている。
確かにアメリカには間違いないが、
アメリカは大変広い。
ニューオーリンズ付近の料理があり、そこはミシシッピー川河口の街だ。
乱暴に言えばザリガニや豆料理がメインではないか。
190106小岩レッドロブスター003R
だからロブスターは日本風のクルマエビではなく鋏ががっちりしたオマールエビだ。
ケイジャンソースもあるが、あの海老臭さが得意でない私には選べない選択肢である。
なので、変化球の「チーズフォンデュー」である。
それにフライドポテトを加えることにした。
190106小岩レッドロブスター007R
ポテトフライにはチーズがかけてあり
偶然ながらチーズの日となったのだ。
190106小岩レッドロブスター008R
このクワトロチーズフォンデユーは濃厚だ。
たっぷりとチーズをまぶして食べていく。
チーズ嫌いでない限り誰でも美味しく食べられるに違いない。
ケイジャン料理が好きでなくても
レッドロブスターが日本で生き残ってきた理由であろう。
190106小岩レッドロブスター010R  
ちなみにレッドロブスターはカジュアルなレストランだ。
ホリディランチだからこの値段だが
普通の平日ならもっとリーズナブルだ。
しかも結構おいしい。おすすめである。

2019年1月6日 ホリディランチタイム
食べログの情報はこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

墨田区スカイツリー近くの「シズラー」で元旦のディナー
新年おめでとうございます。
今年も感じたまま、思ったまま忘備録を綴っていきます。
その日その時で、感情の赴くままに書いていますので、
グルメ情報ではありません。
あくまでも私の感想です。ぶれ幅が大きいことは容赦下さい。
190101墨田区シズラー001R  
さて、年始元旦から師走に有料介護付き老人ホームにはいった、伯母の愚痴を聞き、
疲れた身体と気持ちを引きずりながら夕食を取りに来た。
いつもならがっくりしたままであるが、今日は違う。
可愛い孫を連れた娘一家と、義理の弟が一緒である。
課金制のゲームなら、最大武器と仲間を手に入れた状態だ、
車椅子で移動できる店、赤ちゃんがいても困らないような広いテーブル、
そして混みすぎていないこと。
この条件を満たすのは、スカイツリーの近くのシズラーだった。
   190101墨田区シズラー003R  
シズラーの夜は一人当たり3000円~5000円だ。
ランチタイムは混んでいる店だが、ディナータイムは余裕がある。
ディナーレストランというより、食べ放題のサラダバイキングがあるので
カジュアルレストランの価格帯だ。
 190101墨田区シズラー008R  
私が選んだのは豚のリブのバーベキューソース味(3010円)だ。
スペアリブを焼いたものだから、肉を食べたぞという感がある。
さて、シズラーの売りはサラダバーにある。
一般的なサラダバーにに酢漬けがあったり、
ホテルのバイキングというと、大げさだが、結構楽しめるようになっている。
最初から二皿分取ってきて、メインディッシュが来るまで食べ続ける。
190101墨田区シズラー011R  
そして各人の料理が運ばれてきた。
見た目だと、B BQソースが一番うまそうだ。
スペアリブをソースに漬け込んで焼き上げたのか、
味が中まで染み込み、しかも柔らかく、骨からほろりと噛みとれる。
190101墨田区シズラー012R  
最後にデザートを盛り付け、
コーヒーを飲み
元旦の夕餉は終わった。

親戚の家に集まり、たらふくご馳走を食べ、酒を飲みかわす
楽しい時間はもう戻ってこない。
親の世代が元気な時代は良かったという私たちに
介護という命題が与えられている。

「正月や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」
この一里塚 どこまでも続いており、
何が長寿がめでたいのやらわからないのだ。

2019年1月元旦 夕食

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

小岩台湾料理「小味園」酸辣湯麺を食べる
 今日は長い間お茶の水の病院に入院していた家内の退院の日となった。
本人も辛さとは月とすっぽんだろうが、一人で家にいた私も辛かった。
家内への精神的なケアと自分の暮らしの両立と
それに家内が身の回りの相談を受けていた伯母の世話でくたくたになっていた。
181212小岩小味園015R
退院というが、完治したから退院するのではない。
入院していても家庭で処置してもあまり変わらなくなったというのが
その理由である。
病院を出て、その足で伯母のもとに向かうころに昼になっていた。
小岩付近で駐車場が近い場所にあるのは「台湾料理の小味園」である。
181212小岩小味園001R
お昼のランチから酸辣湯麺定食800円を選んだ。
定食にはささやかなサラダと大根の漬物、杏仁豆腐がついてくる。
白ご飯はついてこない。
181212小岩小味園003R
大好物の酸辣湯麺は私の中では4辛だ。
ラーの辛さが際立っている。
山椒の香りは感じなかった。
下や唇の周りがひりひりしてくる辛さで、ミディアム辛さの私にはちょっと辛い。
181212小岩小味園010R
筍の多さと豆腐とキャベツが特徴だ。
でこから汗が噴き出してくる。量もたっぷりある。
ランチタイムはお得感がある。

さて、下の写真は三点定食だ。
台湾ラーメンとルーロー飯風ごはん。
鉄板の水餃子。
見た目に派手さはないが、小味園の得意料理パレードだ。
181212小岩小味園002R

181212小岩小味園012R
久し振りの外食となった家内は食べきれない。
御飯を分けてもらって、酸辣湯麺の汁をかけて食べる。
抜群の旨さだ。
やっぱり酸辣湯麺には御飯が似合う。

2018年12月12日ランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

亀有リリオ7階「クリマ」は赤ちゃん連れでも安心
昔はイトーヨーカドー亀有店といった
駅前にあるリリオに赤ちゃんが一緒でも食事をとれるレストランがある。
「リクマ」
隣が図書館で赤ちゃん連れのママたちが
ママ友と食事をするほほえましい風景が見れる。
181120亀有クリマ016R
メニューとしては、普通の洋食屋さんだ。
定食の値段は1000円より少し上だろうか。
181120亀有クリマ010R
椅子席のほか
奥には小上がりがあって、
ハイハイの赤ちゃんの休み処となっている。
181120亀有クリマ003R

181120亀有クリマ002R
今日は久しぶりのパスタで
「鉄板ナポリタン」880円を食べることにした。
一人暮らしの男の食事にはパスタはテーブルに存在しないし
勤務時間が不規則な私の外食はラーメンになることが圧倒的に多い。
181120亀有クリマ011R
鉄板ナポリタンは
下に卵の薄焼きをクレープのように敷き
ピーマンとウインナーのナポリタンだ。
スープは「はねない系」というより、無いに等しい。

私の娘が食べている定食は「唐揚げ」である。
娘が食事を食べ始めると、ハイハイで脱走を始める孫のお守は
じいちゃんの役割だ。
可愛い~。
181120亀有クリマ014R
目に入れても痛くないというのは
こういうことなんだ。

2018年11月20日 ランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ