プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川グランデュオ「さんるーむ」サラダはダメだった。残念
170309立川さんるーむ003R 
最近、おばんさいやサラダをウリにする飲食店が増えており、
立川の駅ビルにも何店も出店している。
それらは駅ビルの高額な家賃に耐えられるほどの力を持つチェーンの飲食店だ。
ここグランデュオにも「さんるーむ」という北海道初の飲食チェーンが入っている。
北海道発というと家具のニトリやハンバーグのびっくりドンキーのように
全国どこでも通じる力を持っているはずだ。

170309立川さんるーむ004R
立川の駅ビルなのに値段が手ごろだ。
さすがは力があるチェーンは違うと感心しきり。
さらにサラダがぷらす300円で食べ放題になっている。
170309立川さんるーむ006R
↑若鶏の黒酢あんかけ950円(税抜き)
美味しそうだけど量がないなぁと食べ始めると
若鶏は2切れだけだ。
170309立川さんるーむ009R
おしゃれというより量がない。女性は我慢できても男性には厳しい。
↓家内が注文した鯖の黒酢あんかけ(税抜き1000円)だ。
170309立川さんるーむ007R

170309立川さんるーむ008R
こちらは鯖の切り身が4切れだ。
量は少ないが味は悪くない。
二品とも値段から考えれば相応だろう

そして目玉はサラダバイキングだ。
取りに行くと手前左はキャベツにひじきが混ざったもの。
左から二つ目は大根サラダだ。
170309立川さんるーむ005R
この二つ、果たして安心野菜のサラダバーといえるのか。
野菜は乾燥してパサパサして、コンビニやスーパーで販売されている
仕入れのカット野菜そのものだ。
170309立川さんるーむ010R
野菜そのものは安全なのかもしれないが、
一般的に流通しているカット野菜の洗浄にはいろいろなうわさがある。
『次亜塩酸ナトリウムは食品添加物として認可されているので、
安全性は保証されています。』

国が認可したものがすべて正しいとは限らないことを
私たちはこの数年でたくさん知ってしまった。
また国ごとに認可されているものが違うことも知った。

私にはよくわからないが
できればサラダは水分が多くシャキシャキ歯ごたえがいいほうが思うのである。  

2017年3月9日夜の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

立川駅南口「日高屋」のテイクアウトは便利
 アメリカでは「テークアウト」は和製英語で通用しない、
「to go」というのですよ。そんなことを教えられ、
しかし実際に海外旅行に行くといつもの「take out」と言ってしまうのだ。
仮に「to go」であろうと「take out」であろうと
私の発音では伝わらず、ジェスチャーと顔の表情の勢いで持ち帰りを実現するのだった。

さて、立川駅南口にある「日高屋」でテークアウトをすることにした。
昔を知っている人なら東武マインでロッテリアがあった場所というだろう。
そのあと眼鏡屋になった場所だ。
商売が難しいか家賃が高い場所と見受けられ、テナントの入れ替えがあるビルである。
170224立川日高屋テイクアウト001R
そんな場所で「日高屋」は頑張っているなぁ。
お客さんがたくさん入っていて賑わっている。
私的には中華そば390円に興味はないが
ちょいと一杯ビールを飲んでいく店として最高なのである。
170224立川日高屋テイクアウト003R 170224立川日高屋テイクアウト002R
ショーウインドーをのぞくと餃子が2か所陳列になっている。
ビール以外にホッピーもウーロンハイもあるし、
アルコールを2杯飲んでつまみを2品で1000円前後の店なのである。

今日はテイクアウトで
餃子2つ(210円×2)、ニラレバ炒め460円、
チャーハン420円、から揚げ500円で
家族二人には十分すぎる量だった。
170224立川日高屋テイクアウト005R
味は?  値段から考えれば CPが非常に高い。
これはこれで「アリ」なのだ。

「日高屋」・ ・ ・ 馬鹿にできないなぁ。

2017年2月24日夕方の訪問

以前の訪問記事立川北口店はこちらから


食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

立川 中華饅頭「金包堂」
 170122立川金包堂001_R
沖縄そばを食べて帰ろうとすると、いつの間にか隣に肉まん屋ができていた。
「金包堂」といって去年冬にできた店らしい。
肉まんには目がない家内が、店に突進していくつか買ってきた。
170122立川金包堂004_R
特製肉まん 220円
肉野菜まん 200円
うま辛まん 190円
あんまん 150円
170122立川金包堂002_R
↑ 肉野菜
170122立川金包堂003_R
↑ 肉まん
170122立川金包堂005_R
↑ うま辛

手頃な値段で買いやすい。
餡には香辛料が強く入っている。材量を選んでいる節が感じられた。
ただ、皮に甘みがもっとあればいいのになぁと
花巻が大好きな私は思うのだった。

2017年1月22日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

立川沖縄そば「沖縄そば食堂」
 170122立川沖縄そば001_R
久し振りに(冬だけど)沖縄そばを食べようと
「沖縄そば食堂 海辺のそば」にやってきた。
時刻は2時を過ぎて、やっと並ばずに入店できた。

170122立川沖縄そば002_R
私は注文が多いと思われる「肉野菜そば」を並み盛り、もちもち麺にした。
油っぽい野菜炒めに、黒コショウがたっぷりかかり
辛い・・・・
170122立川沖縄そば003_R
麺はもちもち太目だ。
丼が小さいので、具と麺が溢れそうだ。
ただ、個人の好みとしては(たまにしかたべないので)
やっぱり普通の沖縄そばの麺がいいな。
170122立川沖縄そば004_R
ところで、家内はランチを見つけて注文。1000円也。
小さ目なソーキそばと
ジューシー、ゴーヤチャンプルーでセットだ。

170122立川沖縄そば006_R
私達には十分すぎる量だ。
若い人はもっと食べられるかもしれない。

しかし、ソーキがトロトロというか、
脂っぽすぎる気がしてならない。 気のせいか?

2017年01月22日昼2時過ぎの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立川駅南口 スパゲッティ「はしや」 ランチがあって良かった
 170105立川はしや001_R
今年は当たり年だ。
昨夜信号待ちで止まっていると、異音に遅れて2度のショックがきた。
警察官は車の様子を見て
「救急車を呼んで診察したほうが良いですよ」という。

私も調子が良くないが、助手席にいた家内も調子が良くない。
料理をするのは困難だから食事は外食となる。
170105立川はしや002_R
「はしや」は正月明けなのにランチをやっていた。
だからか、それともいつもと同じなのか
お客さんで満員で、待ち時間がある。
170105立川はしや003_R
肉味噌・温泉卵が今日のおすすめで、
肉味噌・大盛は無料サービスだ(1000円)。
若いころは、条件なく「大盛」であったが
最近は食べられるかどうか考えて「大盛」を注文することにしている。
170105立川はしや006_R
サラダを食べて、サービスの小さな飲み物を飲み
大盛パスタを食べる。
美味しいし、量的にも大満足。

「はしや」はもともと他の街発のお店だが
もう立川の店といってもいいほどの実績を誇っている。

2017年1月5日の訪問

以前の訪問はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

元旦から「立川 日高屋」でラーメン
 新年あけましておめでとうございます。
今年の干支は酉です。
コケッコーと朝から頑張ります。

大みそかは紅白歌合戦が四分の三終わったころに
へとへとになって帰ってきて
里帰りしてきた娘夫婦が加わって幌加内から送られた蕎麦のお裾分けを
美味しくセイロでいただいた。
お年賀の金粉入りの酒を少しいただいたら
そのまま寝てしまい、元旦の6時に初仕事に向かった。
170101立川日高屋005_R
元旦なぞに営業している店は
チェーン店しかないだろうと立川伊勢丹近くにやってくると
期待を裏切らない「日高屋」開いてて良かった。
170101立川日高屋001_R
ラーメンのチェーンは値段は安いように見せかけるが
少しでも美味しそうなものを選ぶと高くなる。
しかもそれは大して美味しくない。
ネガチブな感想しか持っていなので
あまり期待せずにチゲ味噌をセット(30円しか安くならない)を注文した。
170101立川日高屋002_R
品書きと全く違うものが出てきたが
飲食チェーンの深刻な人手不足を鑑みたり、
もともとさほど期待していなかったせいか
落胆するものはない。
170101立川日高屋004_R
ところが、なかなかの旨さでびっくりするのだ。

辛さは蒙古担々麵の「中本」の普通くらい、
辛さの中に旨みが広がっている。

いや、失礼。間違った先入観で失礼した。

今年も元旦からいい発見があって
楽しい1年になりそうな  予感 ・ ・ ・ 

2017年元旦 ランチ

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立川 味源 2016年最後の昼飯
 161231立川味源001_R
2016年最後の昼飯は
立川伊勢丹近くの「味源」となった。
今日は、入社以来勤め上げた正社員としての最後の年末応援である。
昼をどこで食べるか探すが、どこも混んでいるし
ランチはなくなっている。
味源ならいつもと同じ値段だし、回転も速いので
午後の仕事に差しさわりがないだろう。
161231立川味源002_R
いつもの味噌ラーメンに
いつものランチセットを足す。
161231立川味源004_R
太目の黄色の縮れ麺にもやしとネギが混ざり
食べるといい感じになる。
若芽は好き嫌いがあるだろうと食べるたびに思う。
161231立川味源005_R
ランチセットの餃子と小ライスを
食べながら、ミソスープを飲むと
これが立川の味噌ラーメンの基準だろう。

味源は多摩地区に何店かあるが
本店が一番うまく感じるのは何故であろうか。
不思議なものである。

2016年12月31日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

立川羽衣町「武蔵庵」昼はうどん大盛無料 安い
 立川というか西国立というか 
本当の地元の人は明確に使い分けていると思うのだが
少し外れた場所に住んでいると非常に微妙な場所に思えてしまう
「立川市羽衣町」。
161213立川武蔵庵001_R
ここに地元に根差したそばうどん屋があり、
抜け道にあたる道路に駐車場を2台分持っていることもあって
「武蔵庵」は私には馴染みがある店になっている。

特に昼のうどん大盛無料と炊き込みご飯のセットは
会計時にこんなに安くていいのか?と思わせるほどだ。
161213立川武蔵庵002_R

161213立川武蔵庵004_R

161213立川武蔵庵003_R
かけそばの汁は昔懐かしい出汁が利いてしょっぱめの汁。
テーブルの上に置いてある揚げ玉を入れれば狸うどんに早変わりだ。
油が汁にしみだしてくればまろやかな味になってくる。
161213立川武蔵庵005_R
うどんは手打ちで、硬からず柔らからず
つまり非常に食べやすい。
161213立川武蔵庵006_R
出汁が利いた炊き込みご飯を食べて
大満足だ。
本日の注文は
かけうどん大盛とセットで670円也だ。
コストパフォーマンス抜群でしょ!

2016年12月14日 昼の訪問

以前の訪問記事

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

立川「高尾亭本店」カツカレー
  立川の奥多摩街道と甲州街道がぶつかる日野橋の近くに、
昔からの蕎麦屋「高尾亭」がある。
161203立川高尾亭本店001_R
近くにもう一店「高尾亭羽衣町支店」があるが
その昔本店のご主人のお姉さんが旦那さんと開いた店で
経営は全く別で、メニューも全く別だ。
161203立川高尾亭本店003_R


メニューを見て、妙にひかかったのは「揚げたてのカツカレー900円」だ。
どんなカツカレーなのか?
わざわざ「揚げたて」なのだ。

161203立川高尾亭本店002_R
揚げたてのカツからは湯気が立っている。
洋食屋の「キッチン南海」のカツカレーに匹敵するのか!?


161203立川高尾亭本店005_R
カレーは蕎麦屋のカレーだから、もさっとしている。
スパイスが足りない気がして、いつものようにソースをかけて食べる。
161203立川高尾亭本店006_R
カレーとカツを食べると、御飯が少々残ってしまった。
もう少しカレーをたっぷりかけていただくとありがたい。

さて連れが食べているのは「親子丼セット1000円」だ。
先日「羽衣町支店」で食べて非常に美味しいと思った料理だ。

161203立川高尾亭本店004_R
私の好みから言えば、玉子への半生な火の通り方で「支店」に軍配が上がる。

立川、昔ながら「高尾亭」
今も頑張っている。

2016年12月3日 昼過ぎの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.






テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

立川「パンパティ アンソロジー」 開店1周年おめでとう
 161118立川アンソロジー001_R
立川通り栄町のドラッグストアウエルシアと同一敷地にあるベーカリーショップ
「パンパティ アンソロジー」は去年の開店直後から
大変な人気であった。
161118立川アンソロジー002_R
立川にもおいしいパン屋は何軒もあるが
広い駐車場とその場で食べることができるテラスを持っているところはない。
普段使いのベーカリーショップとして人気が出るのは立地選定の確かさにあったと思うのだ。
161118立川アンソロジー007_R
そしてその提供する商品のおいしさと価格設定の妙で
消費者たちは喜んでお盆に一杯パンを乗せてしまうのだ。
カレーパン・クリームパンがウリなのだが
それ以外に私が好きなパンを紹介する。
161118立川アンソロジー003_R

161118立川アンソロジー004_R

161118立川アンソロジー005_R

161118立川アンソロジー006_R
お値段は駅前の有名店より安くお手頃であり
中には100円程度のものがいくつかあるから
どうしても点数が増えてしまうのだ。

アンソロジーのようなベーカリーショップは、
実はいくつもあるのだが立川~東大和~小平~昭島方面には見当たらず
競合店が存在しない状況になっている。
このタイプのベーカリーショップは北柏(住所は流山)のサフランとも似ており
立派な事業に育てられている。
なお、日野の20号線バイパスにある石焼窯の店は未訪なので
こちらはこれからの楽しみにとっておこう。

2016年11月18日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:手作りパン - ジャンル:グルメ