プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子インター近く「平城苑」焼肉ランチ
180117八王子平城苑011R 
来週出産の予定の娘を14回目になる
診察につれていく。
「今日で回数が終わるから来週からは自費になるのよ」と聞く。
我々の頃から比べると、大層優遇されている気がするが
それでも娘は行政に対しての要望が多い。
出産数が減った分、一人当たりにかかる費用は格段に増えているような気がする。
ベビーカーの値段の高さに驚愕し
チャイルドシートの立派さに感心する。

「子供が生まれたら行かれなくなるから
今日は焼肉を食べたい」という。
立派な食欲だから。元気な子供が生まれるだろう。
180117八王子平城苑002R
八王子インター近くの「平城苑」は高級感あふれる店である。
店は高級感あふれるがランチタイムはリーズナブルだ。
180117八王子平城苑001R
私はオーロラ3種セット1180円でチゲスープ+200円
娘はオーロラ牛カルビセット1100円に石焼ビビンバ+500円にした。
さて、オーロラ牛とは何だ?
黒毛和牛をアメリカで育てたものらしい。
バイオの力のなすものなのだろう。
180117八王子平城苑003R

180117八王子平城苑005R   
カルビとロースと中落ちカルビだ。
程よい脂分で私には食べやすい。
和牛というよりF1(交雑種)の味に近いと思った。
180117八王子平城苑010R
白米は自宅の電気釜の炊き立てのようで旨い。
家庭のごはんと比べて同じくらいだから旨いというのは
私的には褒め言葉である。
何故なら、外食店で最近の電気釜より美味しいご飯を出すところに当たることが少ないからだ。
180117八王子平城苑007R
チゲスープにご飯を入れて食べよう。
行儀が悪い食べ方だ。本場ではこんな食べ方をする人はどう思われるのだろうか。
美味しくっていいのになぁと、家族からのそしりを受けながらも食べ続けるのだった。
180117八王子平城苑009R

ところで、娘が選んだカルビセットだ。

180117八王子平城苑004R
黒いのはひじきである。
ここに、プラスの石焼ビビンバを注文していた。
180117八王子平城苑008R
これも旨い。

「平城苑」は値段は1500円から2000円が昼の予算の店だ。
高級感ある店で、それなりの焼き肉を食べて満足した。

いつもは安い焼肉チェーンでランチを1000円以下で食べている私だが、
たまにはこんな昼食もいいなぁと思うのだった。

2017年1月17日 ランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

北八王子「中華麺江川亭」ラーメンとランチセット
 先日食べた東村山久米川で食べた江川亭のラーメンの感激が冷めなくて、
多摩大橋の八王子側にある江川亭に入っていった。
店の敷地は広くないが、奥に駐車場があるのが便利だ。
171122江川亭北八王子店001R
この店は北八王子店というらしい。
食券を自販機で買うのは久米川の店と違う。
全く同じオペレーションということではなさそうだ。
171122江川亭北八王子店002R

ランチセットも久米川の店はAとBがあった。
こちらはAのライスと餃子3個はあるが
Bの餃子3個だけはなかった。
171122江川亭北八王子店003R
中華麺600円を細麺で注文し
ランチセット250円を加えた。
171122江川亭北八王子店005R

171122江川亭北八王子店006R
スープを一口飲んだ。
美味しいが、先日のような感激はない。
醤油とにんにくと背脂のパンチ力が少ないのである。
つまり、ガツンとこなかったのだ。 
私が思うに江川亭の魅力は、一杯で満足させる強いパンチ力なのだ。
美味しいと毎日でも食べられるラーメンではないが、
週に1度とか月に一度とか
禁断症状が出たときに急に食べたくなる強い習慣性があるラーメンなのだ。
171122江川亭北八王子店007R
麺はほんの少しだが、硬いほうが好みだ。
餃子も旨いが、なんとなく違う。
私のストライクの中心付近に久米川の江川亭はあるのだが、
北八王子の店はほんの少し外れていて、しっくりこなかった。

江川亭北八王子店は
普通においしい店だった。

2017年11月23日の昼の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

八王子市帝京大学の近く「ポパイラーメン」で餃子・チャーハン、五目ラーメン
 八王子野猿街道
帝京大学入り口の交差点にポパイラーメンレストランがある。を
先日、食べていると後から入ってきた学生たちが美味しいそうにチャーハンを食べるではないか。
チャーハンは中国料理の基本中の基本と言われている。
試さなければならないと、炒飯630円を注文した。
170801八王子ポパイ006R

170801八王子ポパイ007R
だが、今日は餃子券がある。先に食べて待つことにした。
ポパイの餃子は、野菜の汁がたっぷりで美味しい。
普通に美味しい=すぐに食べたくなる。そんな餃子だ。
170801八王子ポパイ009R
塩が少し強めでチャーシューが沢山入っている。
味は普通。だから毎日でも食べられる。
でも、学生諸君は量が足りないのではないだろうか。
170801八王子ポパイ012R
ところで家内が食べている五目ラーメンは大変旨そうだ。
醤油味が強いから、和風五目ラーメンといってもいい。
くわい、ニンジン、しいたけ、玉ねぎ、たけのこ、白菜、きくらげ、ヤングコーンなど、野菜がたっぷり入っている。
170801八王子ポパイ014R
麺は平麺を選ぶ。
スープとからむとか、持ち上がるとか
いろんな言い方があると思うが、相性が良い。
先日のラーメンに平麺を選んだ時より、はるかに合っていると思った。
170801八王子ポパイ016R
ポパイラーメンレストランは良い店だ。
多摩地区の人気のチェーン「南京亭・東京亭」のような
味とメニュー構成を持っている店なのだ。

2017年8月1日遅い午後の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

八王子 丑の日に「篠ざき」で折を買う
 170725八王子篠ざき001R
鰻は高級食品だ。滅多に食べられる代物ではない。
滅多に食べられないのなら、年に1度くらいは店で食べたいと思っている。
鰻は私の好物であると同時に、高齢者の好物でもある。
歯が衰えても美味しく食べられるのがいいそうだ。

170725八王子篠ざき002R
年に1度くらい店で食べたいと私の希望があっても
家族の状況で持ち帰りに甘んじることがある。
やはり家族の要望は私の欲求の先にある。

では、うな折と上折ではどう違うのか。
うな折は3/4で上折は1尾分だ。
 
家に帰って包装を解くと
左折、右上折だ。差は500円だ。
170725八王子篠ざき004R (2)

170725八王子篠ざき005R (2)
確かに旨い。
旨いが、店で食べるのとは違う。
来年こそは ・ ・ ・ 篠ざきで食べようと誓うのだった。

追伸:
 店で焼き上がりを待っていると
北野の酒屋さんがやってきた。「いつもここと決めているんです」といった。

2017年7月25日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八王子「道の駅」のソフトクリーム(MO-MO)
 八王子インター近くにある「道の駅 八王子滝山」は
地元野菜が買える店としてテレビで紹介され続けたので
知っている人は多いだろう。

170719八王子道の駅001R
この時期の野菜は売り場に溢れており
生産者同士が値段の戦いをしているため
旬の新鮮な野菜がスーパーより2割引き程度で売られている。

さて、暑い日が続くと、奥の飲食ゾーンのアイスクリームが気になる。
170719八王子道の駅002R
ジェラードの店で、美味しそうなものがある。
だが、今日はいつものソフトクリームだ。
170719八王子道の駅003R
ここのソフトクリームは
甘さが程よい。ちょっと甘めで食欲が落ちた私も美味しいと思う。
道の駅でおすすめの品である。

2017年7月19日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

八王子「沖縄料理 和」ランチでソーキそば大盛
170721八王子和018R
暑い、暑い。
今年の梅雨明けは「結果梅雨明け」になった。
気象予報士たちは梅雨前線が残っているのを理由として
異口同音に「梅雨明けは少し先」と言っていた。
期待の雨が降らないため、
東京、千葉では降水量が昨年を大きく下回り渇水状態が危ぶまれている。
そして、「結果梅雨明け」となった。

こんな暑い日は逆に沖縄料理を食べて精を付けようと
八王子「沖縄宮古料理 和」にやってきた。
170721八王子和003R
沖縄・宮古料理店らしい、飾りがない店で
テーブルと座敷でくつろいで食事ができる雰囲気だ。
注文はアイパッドで選択し送信する。
大手外食チェーンならありうるシステムだが
小さな沖縄料理店で「いったい誰が」システム開発して
その費用の回収を図っているのかと不思議に思う。
店のスタッフに特に詳しい人間がいて、趣味で作っているのかと想像するのだった。
170721八王子和002R
老眼のシニアにはアイパッドはきびしい。
残念ながら操作も厳しい。
やはり普通の紙のお品書きがうれしい。
170721八王子和007R
家内が選んだのランチのセット、私はソーキそば(ランチタイムは大盛無料)だ。
家内のセットのサラダには、海ブドウ、太い沖縄もずくにポン酢がかかっている。
海ぶどうはプチプチと張りがあって、うまいもんだ。
170721八王子和006R
スパムを使った野菜炒め、小さな沖縄そば、小エビが薫るジューシー御飯。
まさに沖縄セットである。
170721八王子和012R
さて、ソーキそばの大盛だ。
通常は麺が200g、大盛は300gだ。
170721八王子和008R
汁を一口飲むと、非常に旨い。
以前、沖縄でソーキそばばかり食べてみたことがあるが、
こんなに旨い汁に出会っただろうか。記憶の糸をたどるがなかなか店名が出てこない。
ソーキにはしっかり味が付いている。豚特有の臭みは一切ない。
170721八王子和015R
あまりにも洗練されていて、店の飾りっけなさとアンマッチが大きい。

「沖縄宮古料理 和」の料理はおいしい。
泡盛を飲みながら、他の料理を食べたくなる。
再来間違いなしである。

2017年7月21日のランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八王子市帝京大学の近く「ポパイラーメン」で麻辣担々麺を食べる
先日、まつこの番組で冷やし中華が放映されて以来
「普通の冷やし中華が食べたい」と家内がいう。
「普通」とはどういうものか冷やし中華を食べない私にはよくわからないが、
推測するに、今時のWスープとか特別なトッピングでない冷やし中華らしい。
それならばと、八王子市帝京大学近くの「ポパイラーメン」に行ってみることにした。
170624八王子市ポパイラーメン014R
狙いは「特製 冷し中華」だが、実際の注文はランチの
「ラーメンランチA(半チャーハン)830円税抜き」だった。
何故?「下にレタスが敷いてあるのが嫌」
まさか、そんな理由で?と こだわりに驚くのだった。
170624八王子市ポパイラーメン002R
私は先日の来店で気になっていた「麻辣担々麺850円税抜き」に決めていた。
ラーメンランチはすぐに出てきた。
売れ筋は素早く出して、席の回転を高めるのが繁盛店の鉄則だ。
麻辣担々麺はしばらく待って運ばれてきた。
170624八王子市ポパイラーメン008R

170624八王子市ポパイラーメン009R
こんもりとなった緑の山は水菜で、下に油そばのように
濃い粘着質のたれにまぶされた麺が出てくる。
麺の中に、ひき肉、黒ゴマ、フライドガーリックが見えた。
食べるとラー油の辛さが終わった後に山椒の辛さが追っかけてくる。
ラー油のホットな辛さと、山椒の神経性のしびれる辛さが食欲を増進させる。
トータルな辛さは、カレーの中辛程度だ。

さて、家内のラーメンランチAだ。
分けてもらったチャーハンが旨い。中に入っている細かいチャーシューが味を出している。
次回は単品で食べてみよう。
170624八王子市ポパイラーメン003R  
餃子は今日も旨い。
これはおすすめである。
170624八王子市ポパイラーメン012R
2017年6月24日のランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:街の中華屋さん - ジャンル:グルメ

八王子市 朝食に「山田うどん」たぬきうどんと小パンチ
 今週は実家の用事で家内を巻き込んでの大忙しだ。
食事は外食や中食の比重が著しく高く、いい歳をしたシニア突入世帯の二人には辛くなる。
世の中にはもっと忙しい人や大変な人がいるのは存じているが、
各人それぞれが抱えている背景を抜きに比べて「ああだ、こうだ」いうのはナンセンスである。
170604八王子山田うどん001R
我が家はとうとう朝食まで外食のお世話になる。
食べないと身体となにより気持ちが持たなくなるのである。
「松屋」にしようか。
「すき家」にしようか。選択肢はさほど多くない。
軽く行きたいので、久しぶりに多摩大橋近くの「山田うどん」にしよう。
日曜朝9時の山田うどんはそこそこ人が入っている。170604八王子山田うどん002R
最近はやりのカフェが近くにあるのに、
さすが山田うどんは存在感があるということだ。
朝食セットも昼食セットも選べるらしく
要は何でもアリの時間帯らしい。
170604八王子山田うどん003R
山田うどんは2~30年前から比べるとバリエーションが増えている。
中華のメニューも用意されているが、私は「パンチうどん」が食べたい。
しかし、メニューには見当たらない。
では、たぬき280円にミニパンチ280円を足して注文しよう。
170604八王子山田うどん007R
たぬ結構きはいつものやつ。
揚げ玉の特徴はまん丸くて、油が染み出てこないこと。
いわいる天かすではなく、揚げ玉ように作られたものだ。
汁は結構軽めで、関西人でも食べられそうだ。
大昔とは出汁の構成を変えたと気が付いた。
170604八王子山田うどん006R
うどんは柔らかく頼りない。
歯が弱くなった年寄りでも食べられるから、好き好きの範囲だ。
では、本命のパンチはいかがか?
170604八王子山田うどん008R
豚もつのいろんな部位が醤油味で軟らかく煮られて、大変旨い。
さらに黒白の2種類のこんにゃくがぷりぷりして、
筍が歯ごたえを出して良いアクセントになっている。
とんがらしをかければ、酒の肴が出来上がる。
170604八王子山田うどん005R
旨い。これぞ埼玉県民のソールフードだ。
パンチセットなら580円。晩飯にトライしようかな。
ただし、家内は付き合ってくれないと思うので、一人飯にするか。
レトルトを買ってきて、家で食べてもいいかも。

2017年6月4日朝の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

八王子越野「だるま」母が鰻を食べるのを見る。
 母を姥捨て山に捨てて半月過ぎた。
老人健康福祉施設の入居者はそこを「姥捨て山」やら「賃貸住宅」やらと呼び
お互いの境遇を嘆いている。
母は食事に文句を言い、ささやかな反抗として、
御飯に味噌汁をぶっかけて猫まんまで食べているらしい。

昨日見舞いに行った入院している父の様態が悪くなっていた。
母の二度目の一時外出許可申請を出した。
折角外に行くのだから旨いものを食べて元気出してよ。と聞くと
「うなぎ、それも一番高いのがいい」という。

八王子市や多摩市を通っている野猿街道沿いにはいくつかの地域の名店がある。
そして鰻なら柚木の「だるま」ということになる。
170603八王子002R
今日は土曜日でお昼時は満員だ。
さらに、法事客が団体で入っており、
席に案内されるまで少々待たなければならない。
入口は花板さんから見通しが利く場所にあるので、待つように声をかけられるが
花番さんは一向に案内してくれる気配はない。
というか 花番さんの存在が感じられない店である。
170603八王子005R
「だるま」は活鰻が自慢だ。
よって、出てくるまで30分以上かかるが仕方がない。
運転者でなければ、一杯やりながら待つのであるが
面倒な母の相手と同時に運転を妻に任せるわけにはいかない。
がまんがまんである。
170603八王子001R
「だるま」は鰻のほか寿司も強い。
鰻と寿司の二枚看板なのだ。
170603八王子003R

170603八王子004R
母には「うな重3200円」を選び
私は寿司セット1700円、妻はちらしセット1700円を選んだ。

母の鰻は非常に香ばしい。
活鰻の皮はしっかり焼かれ、パリパリなっている。
たれは甘くねっとり御飯にまとわりついており、
昔ながらの多摩の田舎の味なのだ。
豊田の「藤田」の鰻のたれとは逆の仕上りだ。
170603八王子008R

170603八王子010R
「ぬかづけが美味しいわ」と母が言う。
大根が特に美味しいらしい。
施設では沢庵や大根の漬物が出ないらしい。
とは、いっても鰻を食べに来たのである。そちらの評価は?
「おいしいわよ」とごはんがみっちり入った重をきっちり半分食べきった。
半分は私に渡されたのである。
170603八王子006R
さて、私の寿司セットだ。
回っている寿司屋と徹底的に違うのはシャリの大きさとネタの確かさだ。
鮪の赤身が旨い。蒸し海老は厚さと甘みがある。

妻のチラシもシャリが多い。
ネタは握りとあまり変わらないが
うらやましいことに 水タコが入っている。
170603八王子009R
あ~あ 腹いっぱいだ。
元気いっぱいにエレルギーが補充された。

では、父が待つ病院に行くとしよう。
お母さん、気を確かに持って、楽しかった思い出を話してあげてほしい。

2017年6月3日 土曜日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

八王子「壱発ラーメン」娘夫婦と訪問する
 突然のことだが、先週、婿殿の父上が亡くなった。
娘夫婦はてんやわんやの忙しさだ。
今日は初七日となった。
疲れ切った夫婦を慰労しようと食事に誘うと「壱発」に行きたいという。
170519八王子一発001R
もっとおいしいものを食べさせたいと思っていたが、
逆に、婿が「世話になったので、私が奢ります」という。
ならば、壱発でちょうど良い。
私の注文は「みそ チャーシュー」だ。
家内と娘は「大根」で、婿はトッピングに「コーン」だ。
170519八王子一発002R
壱発では、麺は硬めで注文することにしている。
注文ごとに、また、ラーメンが出てくるたびに、スタッフが楽しいパフォーマンスをする。
久し振りに笑った婿を見ると、この店で良かったのだと思うのだ。
170519八王子一発006R
久し振りの「壱発」の味噌だ。
あまりにも久し振りなので、昔の味を覚えていない。
改めて味わうとスープの味噌味は柔らかく、豚骨とマイルドにマッチしている。
ただ、最近の私の味覚ではもっと味噌味が強いほうが好きになっている。
チャーシューはいつもと同じで、薄くて熱いスープにつけると溶け始める。
「エリマキ」という分類に入るのだ。
170519八王子一発004R
女性陣が食べているのは「大根」だ。彼女たちの定番である。
家内は酢を加えて食べるのが大好きだ。
2人は私に強く勧めてくるが、大根を加えるためにスープがぬるくなるのが好ましくないと、
私は敬遠している。

2017年5月19日 夜の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ