FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子「壱発」秋になればトンコツ味噌ラーメンが美味い。
季節は秋になった九月の中旬。
昼は30度を超えても、夜には秋虫が鳴き、気温も下がる。
そうなればラーメンの季節が到来だ。
何を食べても苦く感じるという家内を連れて
彼女の好きなラーメン屋「壱発」にやってきた。
この店は藤森公園にあった頃から我が家のお気に入りだ。
元来、他のトンコツラーメン店には行かない家内や娘が
美味しいと気に入っている。
190916八王子「壱発」002R
ラーメン通に言わせれば「普通の店」らしいが、
我が家にとっては地域No.1のラーメン店である。
さて、家内はいつもの大根しょう油味。私は味噌700円である。
麺は硬め。あとは普通。
190916八王子「壱発」005R
麺は九州ラーメン風。トンコツが強いスープによく合う。
九州ラーメンとか、博多ラーメンとかの定義はわからないが、その系統にある。
もしも東京トンコツというカテゴリーがあるならば、その方がはまりそうだが、
きっと「壱発」は「壱発」なのだろう。
190916八王子「壱発」007R
カウンターやテーブルの上には、辛子高菜と酢が置かれている。
半分ほど食べたのち、辛子高菜をほんの少々いれらと、
ピリッと味が締まりさらに風味が上がっていく。
好みで酢を加えるのもありだ。
190916八王子「壱発」010R
八王子はラーメン店の激戦地である。雑誌やネットではランキングが更新されている。
「壱発」がどのランキングに置かれようが、
我が家にとっては絶対安定のNo.1なのである。

9月16日 夜7時の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから。

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

八王子インター近く「焼肉 平城苑」カルビランチおすすめ
 同じ系列のお店でも
ずいぶん違いがあるんだなぁという話。

八王子ICの近く、ニトリより八王子市街地側に
焼肉の「平城苑」がある。
現在、家族で行く場合のランチ焼肉のNO。1店だ。
190612八王子平城苑001R
席は完全に部屋になっている部分と
仕切りになっている部分がある。
テーブルも椅子も広めで気分が良い。
メニューの一押しは「カルビ120セット1150円」だ。
昼なら120gのカルビがちょうどよさそうだが、
もう少し食べたい向きには180gのセットをおすすめする。
190612八王子平城苑002R
肉は今時、どこでも目に入る「ブラックアンガス」だ。
ブラックアンガスと一口で言っても、その中にも当然ランキングがある。
「平城苑」のカルビは結構良い。
一般的な肉料理店のランチといえば、
部位の端っこのところだったり、形が整っていない寄せ集まりだったりするケースが多い。
ランチで安く量を多く食べたい私は納得していることだ。
190612八王子平城苑003R
しかし八王子の「平城苑」のランチは、
レギュラー100gのところを120gに量目アップして
肉は普段と同じものに見える。
190612八王子平城苑004R

190612八王子平城苑005R
当然満足感が高い。
たまのランチでしか焼肉を食べていない私が
「脂が甘い」だとか「柔らかくて弾力がある」とか
「国産牛と変わらない」など
したり顔で感想を述べるのもなんだが、
やはりおすすめの店に違いない。

なお、「平城苑」は足立区など城東エリアに多く展開しており、
試しに訪問した店は、八王子店ほどのコスパを感じなかった。
八王子店が特に優れているのか、
それとも先日の城東の店が普通のレベルだったのかは
これからの研究課題となった。

2019年6月12日ランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

八王子野猿街道「ポパイ」は人気の中華料理店。
6月6日、雨がザーザー降りまして🎵

今年の東京の梅雨入りは7日だった。かわいいコックさんと1日違いだ。
ひんやりとした日が続き、風邪っ引きが増えている。
前日までは、30度と高かったのに、いきなり20度を切ってしまうと、
体調を崩す人が多いのも頷ける。

6月9日の今日も長袖が必要な日になった。
実家の様子を見に行った帰り、遅い昼食を外食して帰ることにした。
温かいものを食べたいな。
少し遠いが、八王子の野猿街道の「ポパイ」の中華を食べに行こう。
午後2時を回っているというのに、家族連れで店は混雑している。
190609八王子ポパイ015R
家内はいつもの五目そばで平打ち麺830円、餃子3個。
私はチャーシュー麺で半チャーハンセット880円+300円で、杏仁豆腐を選んだ。
細打ち麺の方が、醤油味のスープにあっていると思っても
平打ち麺が珍しいので、つい平打ちで注文してしまう。
190609八王子ポパイ001R
先に出た餃子を一個分けてもらう。相変わらず、焼き方が上手い。
焼き面がバリッとやけていて、皮を噛み切ると、
中から、ひき肉とニンニクがパンチを効かせてくる。
190609八王子ポパイ002R

190609八王子ポパイ003R
私の半チャーハンは、塩加減と、秘密の味付けが抜群だ。
海原雄山氏がなんと言おうと、美味くてスプーンが進んでいく。
ラーメンが出てくる前に平らげてしまった。
190609八王子ポパイ005R
更にポパイはチャーシューが旨い。
肉質はしっかりしている。味がきっちり付いている。
ちょうど良い脂加減だ。
どんなスープで煮ているのか。つけているのか。興味がある。
お土産に持って帰りたいほどである。
190609八王子ポパイ008R

家内は大好きな平打ち麺で五目ラーメンを食べている。
「身体が温まって嬉しい」と平打ち麺を食べている。
190609八王子ポパイ012R  
多摩地区には、東京亭南京亭グループや満北亭など強い中華レストラン店があるが、
だが、ことチャーハン、チャーシュー、餃子の3品での総合であれば、
私は、「ポパイ」が一押しだ。
また、「ポパイ」はメニューが多い。
次に行く時には、いよいよちゃんぽんを食べようと決めている。

2019年6月9日 日曜日 遅い昼

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

八王子「ともえや」お米を買うなら専門店で
 最近、どのお米を買っても美味しくないなぁと感じていた。
高級米を買えば違うのかもしれない。
いや、高性能の電気釜を使えば違うのかもしれない。

我が家のお米は食品スーパーで特売が入った時の
新潟岩船のこしひかりか秋田美郷町のあきたこまちだ。
電気釜は普通のパナソニックのIHだ。190417八王子ともえや001R
米を替えたらどうなるのだろうと
八王子大田和町の「ともえや」にやってきた。
190417八王子ともえや002R
「ともえや」はいろんな産地、品種、生産者の米を
玄米で保管して、その場で精米する売り方を取っている。
精米すると10%程度実質の重さが減る。
だから、1kg500円の米は実質550円位になり
5kgだと2750円だ。
190417八王子ともえや006R

190417八王子ともえや004R
選んだのは、以前から好きだった「はえぬき」だ。
山形県鶴岡市佐藤貞一さんの
特別栽培米1kg当り500円である。

扱っているコメの中には1kg800円を超すものがあるが、
弁当がメインの消費の我が家では
さすがにそこまでは手を出せない。

さて、早速かえってIHで炊き上げれば、
そうだ、この味。旨いではないか。
大粒でふっくら炊き上がり、適度な粘りと甘みが広がっていく。
「今年は生え抜きは出来が良かったのですよ」
「ともえや」のスタッフが教えてくれた通りだった。

さて、食べ続けて2週間たった。
なんだか劣化してきたように思える。
スーパーの米の劣化の速度より早く感じるのだ。
スーパーの米の精米技術が高いのであろう。
逆に、専門店の米は2週間で食べきる量を買って
冷蔵庫の野菜室で管理する方法が必要なのだと思うのだ。

ちょうど食べきったので、また違う米を買いに行こうと思うのだった。
平成最後の日の買い物になるであろう。

2019年4月17日の訪問

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八王子「壱発ラーメン」大根チャーは器に大輪の花が咲く
 多摩地区にはおいしいラーメン屋が数多くある。
その中で我が家の定番は八王子の「壱発」である。
190416八王子一発002R
今晩も私はネギをトッピングした味噌を食べ、
家内は大根と襟巻のチャーシューである。
麺はいつもの「硬め」。
190416八王子一発005R

190416八王子一発009R  
襟巻のチャーシューはたくさん入っているので
半分分けてもらい、
食べ始めた。
190416八王子一発011R
とんこつの味噌はそれ自体干渉しあってインパクトは少なくなる。
一番おいしいのは、普通のラーメンだと思う。

壱発のラーメンは飛びぬけて美味しいとは思わないけれど
なぜか何度も来てしまう不思議な店だ。
我が家のソールフード他ならない。

4月16日夜の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

八王子明神町「これく亭」このカレーは旨い
190417八王子これく亭005R

 久し振りに旨いカレーを食べた。
こんな旨いカレーを食べたのは久しぶりだ。
190417八王子これく亭001R
八王子の牧場「磯沼牧場」の近くにあったカレー屋さんが
駅近くの明神町に移転したのはSNSで知っていた。
セレオの富澤に買い物に行くついでに寄ってみた。
190417八王子これく亭003R
テーブル席は2つ、カウンターが数席の小さな店だ。
ご主人と女性スタッフの2人で切り盛りしている。
190417八王子これく亭002R
選んだカレーは
磯沼さんの牛乳で作ったチキンと
牛・豚・ひよこまめのキーマカレーのAセットだ。
辛さは市販のルーでいえば大辛とご主人が言うが
単に唐辛子で辛さを出しているのではないので
私には中辛程度に感じた。

さて、家内が選んだのはチキンと
アーモンドシチューのセットだ。
190417八王子これく亭009R
アーモンドのルーは甘く、さらに磯沼の牛乳がコクを出している。
南インド地方のココナッツカレーに感じが似ているが
異なるものである。

ドリンクのチャイを飲みながらご主人と話す。
ドリンクにミルクがあるが、これも磯沼さんのものなのかと。
1杯100円で出していると赤字になるのではないか。
磯沼牧場のミルクは乳成分が濃く、クリームが出てきそうだ。

久し振りに旨いカレーを食べた。
いや旨いものを食べた。
良かった。

2019年4月17日 ランチタイム。

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八王子「あずさ珈琲」モーニングセット」
 休みの日はのんびりしたい。
だが、家内は「休みの日ぐらいどこかに連れてけ」という。
ゆっくりしているとその圧力が次第に大きくなりその扱いが厄介になってくるので、
今日は先んじて「八王子のあずさ珈琲に行ってモーニングを食べようか」と提案した。
もちろん快諾であった。
190203八王子あずさ珈琲006R
「あずさ珈琲」の甲州街道側の席は明るく
奥に行けば落ち着ける空間になっている。
他の珈琲カフェに飽き足らないお客さん達でいつも賑わっている店だ。
190203八王子あずさ珈琲005R
モーニングサービスは人気がある。
コーヒー類は500円だから、
トーストモーニングなら700円~それ以外なら1000円程度になってくる。
190203八王子あずさ珈琲001R

190203八王子あずさ珈琲002R
私はマイルド珈琲ラージ550円で
基本のトーストセットにした。
「あずさ珈琲」のウリは、
焼き立てパンと、美味しいバターとフレッシュなサラダだと私は思っている。
珈琲は美味しいのは当たり前。そして他のチェーンより断然旨い。
190203八王子あずさ珈琲003R
温かいパンにジャムとバターを乗せて食べると
立派な朝ご飯だ。
190203八王子あずさ珈琲004R
もっとも700円以上かかっているのだから、
美味しいのは当たり前でなければならないが、
カフェはくつろぎの時間が料理に付加されている。
のんびり雑誌を読んだり、パソコンを打つのがよい使い方だ。

2019年2月3日の朝10時の訪問
以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八王子「伊勢屋」で恵方巻を買う
 今年の恵方巻はどこで買おうか。
毎年の課題である。
いつものスーパーや持ち帰りすし屋の恵方巻は
この時ばかりと値段が上がっている。
豪華な海鮮恵方巻もいいけれど、普通の恵方巻ですごしたいと思う。
190203八王子伊勢屋004R
甲州街道沿いにある伊勢屋は八王子に昔からある和菓子屋だ。
おいしい和菓子を手ごろな値段で提供している。
今年は、サラダ美人のハーフと恵方巻を買ってきた。
 190203八王子伊勢屋001R

190203八王子伊勢屋002R
恵方巻を買いに来たが、
やはり団子が欲しくなって、
いつものみたらしと餡を買ってきた。
伊勢屋の団子は四兄弟だ。
餡はさらし餡。みたらしは甘くて香ばしい。
190203八王子伊勢屋005R
他の団子や、和菓子がいろいろある店だ。

来年の恵方巻も「伊勢屋がいいね」。
東北東に向かってかぶりついたのであった。
190203八王子伊勢屋003R  

2019年2月3日 午前中の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

八王子「シェフフジヤ」富士屋の弁当を食べる
 今日は節分だ。
町のどこでも恵方巻を売っている。
もちろん、肉の「富士屋」でも肉料理の恵方巻を売っている。
その恵方巻を作っている「シェフフジヤ」に弁当を買いに行った。
190203八王子富士屋弁当001R
場所は「富士屋」の先、有名なパン屋のブーランジェリーの先だ。
肉を中心としたお弁当だ。
それ以外の伝統的な幕の内(竹)600円は鮭が入っている。
190203八王子富士屋弁当002R  
1つはハンバーグ弁当にした。
ふっくらとした本格的なハンバーグでレストラン並みのおいしさだ。
ソースをご飯に付けるとさらに食が進む。
190203八王子富士屋弁当003R

190203八王子富士屋弁当006R
幕の内は鮭だ。ほたてのフライ、から揚げ、煮物が入っている。
美味しくて600円なら十分の価値がある。
それぞれの弁当に味噌汁がついてくる。
190203八王子富士屋弁当004R
チェーンの弁当屋より若干高いようだが
美味しさを考えれば十分なコスパだと思う。おすすめしたい。

2019年2月3日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

八王子「壱発ラーメン」老夫婦で訪問する
   家内が退院して2週間過ぎた。
入院中は精神的にも体力的にも辛かった。
退院してほっとしたのもつかの間
まだ身体の自由が利かない家内の自分自身への辛さと
思ったように動いてくれない夫への苛立ちで
ストレスが噴き出してきている。

外に連れ出して気分転換をはかろう。
外食先の希望を聞くと「牡蠣フライを食べたい」という。
駐車場が近くにあって、なるべくバリアフリーの店を考えると適当な店がない。
それならば「久し振りに壱発に行こう」というと、
不思議なことに快諾された。
181227八王子壱発007R
時間はすでに午後2時だ。
トッピングは家内で大根で、私はねぎだ。ともに750円。
三浦大根と深谷のねぎだ。
181227八王子壱発002R

181227八王子壱発001R   
麺は固め。
ただ壱発の麺は硬さでも、他店でいえば普通の硬さになる。
麺の特徴であろう。
そのため、壱発で「バリカタ」や「はりがね」を
注文している光景に出会ったことはない。
181227八王子壱発006R 
最近昭島拝島の「初代哲麺」にはまっていたが
久し振りに食べる壱発の東京豚骨は旨い。
やっぱりここは、我が家の味覚に合っている店なのである。

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ