FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島「雪松」持ち帰り餃子店
テレビで餃子が旨い店が紹介されていた。
水上の雪松が旨いという。
雪松?
記憶にある名前だ。
190513昭島雪松ぎょうざ003R
以前セブンイレブンだったところが長い間使われていなかった。
やっとテナントが入ったと思ったら
聞いたことがない名前「雪松」だった。
190513昭島雪松ぎょうざ002R
ここは持ち帰り餃子の専門店だ。
「生餃子」36個1000円だ。
帰って包み紙を剥いてみると
190513昭島雪松ぎょうざ004R 

190513昭島雪松ぎょうざ006R 
36個もの生餃子が入っている。
「おいしい焼餃子の作り方」を見ながら
古いフライパンをひきづりだして
焼いてみた。
190513昭島雪松ぎょうざ005R
出来上がった餃子で
28㎝のフライパンに一杯になった。
さぁて、もりもり食べる。
野菜たっぷり、にんにくたっぷり。
190513昭島雪松ぎょうざ008R
結構旨いし、何しろ非常に安く感じる。
最近人気のレモンサワーの素を使ってお替わりしながら、
どんどん餃子を食べ続けるのだった。
190513昭島雪松ぎょうざ007R 

2019年5月13日の訪問

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

昭島「哲麺」で深夜の野菜 塩 豚骨ラーメン720円
 190517昭島哲麺004R
「なんか、お腹がひりひりして赤い湿疹ができているの。」
単なる汗疹かなぁと2~3日様子を見ていたが
収まってこない。
皮膚科で診てもらうと「帯状発疹」だそうだ。
帯状発疹というと、母や義母もかかったことがある。
内科クリニックにもポスターが貼ってある。
ありふれた病気だが、後遺症が長引くことがある病気だ。
「1週間ほど入院して点滴をしましょう」と女医さんが
ちゃっちゃと手続きを始めたのは昨日のことだ。

今晩は一人で食事だから
久し振りの豚骨ラーメンを食べてみよう。
190517昭島哲麺001R
豚骨だけだと身体によくないだろうと
野菜をトッピングした「野菜」で塩ラーメン720円にした。
塩豚骨は豚骨がガツンと来る。
濃厚でしかも塩が利いている。
もやしの上にかかっている黒い粉末がなんだか旨い。
190517昭島哲麺002R
ところどころに浮いているの黒いのは馬油だろうか。
薄いチャーシューを食べると
ひとつひとつ良くできていると思う。
細い九州風の麺を「普通」で食べる。
190517昭島哲麺003R
「たかがラーメン、されどラーメン」
旨いなぁ。

2019年5月17日夜10時半の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


参考ブログ「ZATSUのラーメン」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

昭島で印鑑をつくる「いさみや」拝島駅
 190306昭島いさみや002R
老人ホームに入った伯母が「実印が必要だ」といってきた。
探したけれど見つからないらしい。
「1万円もかけて高い印鑑を作ったのにどこにいったのかしら」という。
家内は「実印を作った話は聞いたことがない。私が見たことがあるのは木製のものよ」という。

まぁ、探し続けるより作り直す方が早いだろうと
立川近辺で印鑑屋をネットで探した。
いくつかヒットしたが評判が悪い店を省くと
拝島の「いさみや」になった。

記憶にない店だ。
駅周りが整備されてから、道路が一通になり通りづらくなった道に面している。
近くのコインパーキングに車を止め
入店すると小さな文具店にわずは3尺程度の陳列がされていた。
材質は水牛から石、木製までいろいろあるが
ケース付きで5000円位で収まる。
190306昭島いさみや003R
「実印のサイズは12ミリから15ミリが良いでしょう。
女性なら12ミリを使う方が多いですよ」
店主は高いものをすすめてこないので、
逆に不安になる。
手に取ってみると12ミリは若干細く感じる。
サイズアップした13.5ミリが手に合う。

セットになっているケースでは素っ気ないので
別のデザインのものに変更した。
合わせて5000円アルファになった。
明日には出来上がっているという。

正直、値段については見当が付かない。
ネットではいろんなものが通販で売られている。
どこがいいのかわからないが
結局、実際に店を出しているという信用を取った形になった。

2019年3月6日の訪問

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

昭島「初代 哲麺」しょうゆ全部乗っけばりかた、あとはふつう。
 最近のマイブームは「昭島 初代 哲麺」に
夜10時過ぎの訪問して
麺パスポートを持って「全部乗っけ」を500円で食べることだ。
181208昭島初代哲麺(塩)005R
先ず味噌を食べた。
次に塩のおいしさに驚いた。
今日は定番の正油とんこつだ。
181208昭島初代哲麺(塩)001R
いつもは入れない紅生姜を彩りに加え
左チャーシューの前には辛し高菜を乗せた。
181208昭島初代哲麺(塩)002R
スープはしょうゆ豚骨。
じっくり見ると黒いものが浮いている。
辛し高菜からこぼれ落ちたものか。
次回は顔見知りになりつつあるスタッフに聞いてみよう。

スープのコクは前回の塩の時と若干違うのは
私の体調のせいだろうか。
「毎日調整して均一に出すようにしていますが
今日はお客さんが多かったので余裕がなくて
調整できていないのです」とスタッフがいう。
181208昭島初代哲麺(塩)003R
今日は「ばりかた」だ。
写真撮りを素早く済ませ、
細い麺を飲み込むように食べていく。

やっぱり正油は定番だ。
食べやすい。

ところで、博多ラーメン系の店で
麺の硬さをはりがね、ばりかたで注文する人をたくさん見るが
本場でもそうなんだろうか。
ばりかたで注文する人が多いならばそれが「普通」であるのだろうと思うのだ。
それとも「ばりかた」がラーメンを食べている人たちの
ステータスとなっているのだろうか。
これもスタッフに聞いてみたいと思うのであった。

2018年12月8日夜10時過ぎの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

昭島「初代哲麺」塩が旨い「全部乗っけ塩・かため・普通」
 夜10時過ぎにどこで飯を食おうかと考えると、
昭島の「初代哲麺」はちょうど良い店である。

また、購入した「麺パスポート」に
全部乗っけ1000円⇒500円が掲載されているので「超お得」である。
今日は「塩」味を試してみることにした。
181206昭島初代哲麺(塩)009R
夜10時過ぎに入った「初代哲麺」には先客が2組いた。
「羽村の壱発が旨いよ」とかラーメン談議が聞こえてくる。
旨いラーメン屋や蕎麦屋でたびたび目にしてきた光景である。
181206昭島初代哲麺(塩)007R
今日は「塩」で麺は「かため」、後は全部「ふつう」。
ラーメンはすぐに出てきた。
全部乗っけに「辛し高菜」を加えて出来上がり。
彩に赤が欲しい人は「紅生姜」を加えるのが良い。
181206昭島初代哲麺(塩)003R
スープを一口飲むと
「クリーミーさ」に驚く。そして旨い。
豚骨で塩というと、塩が豚骨に負けて
なんだかわからなくなる経験をすることが多い。
「哲麺」の塩は、存在がはっきり感じ取れ
これ以上しょっぱいと駄目で
少ないと塩の意味がなくなる。つまり「ちょうど良い」塩梅である。
181206昭島初代哲麺(塩)004R
岩塩のようなパンチ力がある。
「旨いですね」とスタッフに言うと、「塩は特に研究したんですよ」と嬉しそうだ。

哲麺はすでに知名度があるので、わざわざ半額セールなどしなくてもいいのではないか。
私に素朴な疑問があった。
「ここは路地で目立たないので、もっと知ってもらいたくて」と答えが返ってきた。
なるほど。次回はメインの醤油で「全部乗っけ」を食べに来よう。

2018年12月6日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

昭島東中神「フランボワーズ」魚介たっぷりのトマトソーススパゲッティとビールセット
 昭島市東中神駅にある「フランボワーズ」は
地元の家族の記念日に使う洋食屋さんだ。
足元商圏の都営団地は老齢化がすすみ、メインの客層は乏しくなってきている。
しかし、フランボワースは頑張っている。
181128昭島東中神フランボワーズ001R
地元の客層に合わせた価格設定は難しく言えば
マーケティングで昭島価格になっている。
要するに肌感覚である。
  181128昭島東中神フランボワーズ003R

181128昭島東中神フランボワーズ002R
しかも「麺パスポート」でパスタが半額だ。
久し振りに訪問してみた。
ただし、半額だけ食べているのは申し訳ないので
ビールセットなるものを注文した。
181128昭島東中神フランボワーズ004R

181128昭島東中神フランボワーズ005R
セットの内容は
鴨のスモーク、
枝豆をライスペーパーのようなものを巻いて揚げたもの、
きゅうりのピクルス。
181128昭島東中神フランボワーズ006R
鴨スモークは旨い。
脂と赤身の肉の間のくにゅくにゅが旨い。
冷え切っていないので「自家製か?」とお尋ねすると
「いいえ」と笑顔で返された。

さて、メインは魚介たっぷりのトマトソースのスパゲッティだ。
本来は値段が高い料理であろうが、
そこは昭島価格の1200円。(パスポートで半額の600円)
181128昭島東中神フランボワーズ011R
都内のパスタの有名店に行けば
美味しいワタリガニや貝類が出てくるが、
ディナータイムに単品だけ注文するわけにはいけないから
特別な食事の場所になる。

「フランボワーズ」は特別な店ではない。
わざわざ遠くからくる店でもない。
家族の記念日だったり、日常使いができる大切な店なのだ。

2018年11月28日の夜の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

昭島東中神「大柴」大好きだった店。
東中神の「大柴」は経営が変わったのか。
それとも経営方針が変わったのか。(ちょっと言いすぎかも。)

拝島が生活圏にあるおっさん達にとって
「大柴」は焼鳥の名店であり
その名声は不動のものだった。
東中神に支店ができたときも大喜びで通ったものだ。
お土産もたくさん買ったものだ。
181128昭島東中神大柴008R
久し振りに行ってみると驚いた。
ビールを頼み、
盛り合せ並みを注文した。
181128昭島東中神大柴001R

181128昭島東中神大柴002R
お通しが出てきた。
マカロニだ。
芯は無いものの硬く不味い。
大手メーカーの仕入れ品と思えるほどの不味さだ。
181128昭島東中神大柴004R
焼き方はおまかせで注文した。
軟骨、砂肝、ハツ、レバー、若鶏。
にんにくの味噌だれを付けて食べる。
181128昭島東中神大柴005R
自慢のニンニクだれが薄くてさっぱりだ。
焼鳥は良いのだが、自慢の味噌だれが良くない。
さらに会計時に1418円といわれる。
はて、私のイメージだと1000円ちょっとだろう。
181128昭島東中神大柴009R 
あの不味いマカロニが300円になっている。
お通しの功罪は置くとしても、
店の都合で出しているのだからもう少しましな物を出してほしいと思う。

2018年11月28日の夜の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

昭島中神」北「木偶の坊」うまい蕎麦とうどんの店ができていた。
 蕎麦好きの友人がSNSで発信していたから
今日が「木偶の坊」記念日。

店名の「木偶の坊」は
「雨ニモマケズ風ニモマケズ」の後半に出てくる
「ミンナニデクノボートヨバレ」からとったそうだ。
横浜一茶庵から入谷川島を経て蕎麦を学び
学校給食に従事した時に小麦粉の奥深さを知ったご主人は
水が良いという理由で昭島に店を構えた。
181128昭島木偶の坊001R
ローソンの近くだろうといってみると、そこはお好み焼きの看板だ。
右に90度進むと
こじんまりとした店「木偶の坊」があった。
181128昭島木偶の坊002R
カウンターと狭いテーブルがある小さな店だ。
こんな店に入るのは勇気がいるが
紹介している彼の味覚は確かなものがある。
181128昭島木偶の坊006R
中に入った途端、出迎えるご主人の顔を見ると「若い」と思ってしまった。
彼がSNSで発信していたから来たのだというと
彼のことは克明に覚えていて
「昨日の来てくれた人」。
蕎麦好きの彼の印象は相当強かったのだろう。
181128昭島木偶の坊007R
お品書きをみる。
うどんも蕎麦も食べたいので、かけの分量を聞くと200gだそうだ。
合わせて400g食べる胃袋は持ち合わせていない。
「合い盛りもできますよ」とありがたい申し出だ。
181128昭島木偶の坊010R
出てきた器にきれいに盛り付けられている
蕎麦は北海道産、うどんは埼玉県産。
蕎麦は均一の太さでない細麺。
うどんはツイストがある中太で
それぞれがギンギンに冷水で締められている。
181128昭島木偶の坊011R
汁は江戸前の辛汁。
塩分が若干強い。意外とさらりとしていて、麺には絡みずらい。
細麺の蕎麦を手繰って食べるにはちょうど良い。

蕎麦は甘みがある。香りもある。
外一か二八かと尋ねると「外二」だそうだ。
 181128昭島木偶の坊014R
しかし、うどんの旨さは尋常ではない。
私は蕎麦は好きだが、それ以上にうどんは大好きである。
こんなに旨いうどんはいつ食べただろうかと
頭も記憶領域を検索し始めた。

食べ終わって、すぐにまた食べたくなる。
凄い店が埋もれていたのだ。
181128昭島木偶の坊005R
酒は長塚酒店。
ご主人は「赤武」が好きで、蔵元から情報を得て長塚酒店にたどり着いた。
120mLで試し飲みしやすい設定になっている。

2018年11月28日のランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから
食べログの評価点は3.06だ。
今後もっと高い点数がついてくるだろう。

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

昭島「初代哲麺」ランチタイムにカレーサービス
 この2週間は昭島の「初代 哲麺」祭りだ。
夜遅く訪れて、その美味しさのファンになった。
「麺パスポート」の値引きが出ていたので再訪した。
今日はランチでカレーを食べてみようとやってきた。
181126昭島哲麺001R
自販機にはたくさんのボタンがある。
さすがに3回目の訪問となれば、お目当ての品を探すのが早くなる。
いつもの豚骨500円を選び、
御飯小120円を追加した。
今日はあえて半額サービスの「全部のっけ」は選ばなかった。
きっと食べきれないだろうと思ったのだ。
181126昭島哲麺003R

181126昭島哲麺004R
麺は固めが好み。
あとはすべて「ふつう」が良い。
御飯を注文したお客にはカレーサービスがある。
今日のお目当てはカレーである。
181126昭島哲麺006R
カレーをドバドバとはしたなく
器一杯に注ぎ込み
食べていく。
このカレーは普通のカレーで、
ファミリーレストラン系で提供されるものと似ている。
ちなみに、この辺りでは「伝説のステーキ」のカレーが一番 肉感があって旨い。
181126昭島哲麺007R
自慢の豚骨スープは粘度があり、前回より濃く感じる。
毎日のスープの出来上がりに差があるか、それとも私の体調が変わったのか。
旨い豚骨ラーメン屋で頻度高く訪問して食べるとき
同じような経験をすることがある。
181126昭島哲麺008R
先日の訪問で気に入った
スープの中の固形物は私が加えた「辛し高菜」だった。
ドロッとしたスープの中に粒々の高菜が口触り良く
変化を付けてくれるから、入れるのがおすすめである。

2018年11月26日ランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから


食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

昭島ラーメン「サカモト」パスポートを片手に煮干しの中華そばを食べる。
 「麺パスポート」という値引き本を持って
「ラーメンサカモト」に入った。
「パスポート」とう本は、持っていくと
半額サービスや値引きサービスがある仕組みになっている。
その効果はあるのかと懐疑的に思っていた。
「一度行って半額で食べて、リピートはない。」と思っていた。
だが、今日は初めての店に来てしまった。
良く通る道に駐車場完備なので訪問歴があって当然なのに
なぜか入りにくかった「サカモト」だ。
一度でも来てもらえば効果があったとするならば
立派に役目を果たしていると言えよう。
181124昭島ラーメンサカモト008R
さて、店はカウンターとテーブルが配置されており
「江川」のようなレイアウトだ。
ラーメン店でいえば大型店である。
「サカモト」は看板から「東京豚骨ラーメン」の店かと思っていたが
煮干し系もあるとは本を見て初めて知った。
本に出すぐらいだから、看板メニューか相当な自信の一品なのだろう。
半額対象の「じんわり煮干し中華そば750円⇒500円」を注文した。
181124昭島ラーメンサカモト002R
ほどなく出てきた「じんわり煮干しの中華そば」は
見た目があっさりシンプルである。
もともとの値段が750円であるから、
それに見合ったチャーシューが厚い、メンマが太い。
181124昭島ラーメンサカモト005R
スープは「じんわり」である。
煮干し出汁が控え目にじんわり出てくる。
麺は細いストレート。表面に光沢があり、
いわゆる博多ラーメンの麺よりつるつるしている。
口に当てると、するする入ってくる。
蕎麦をたぐるように
もっと言えば「ラーメンの小池さん」のように
ズルズルズルと噛まずに飲み込む麺だ。
181124昭島ラーメンサカモト007R
煮干しを強調するスープは
ガツンと響いてきて、後から猛烈に喉が渇くものが多い中
サカモトは抑え気味で、好きなファンも少なくないのではないかと思った。
181124昭島ラーメンサカモト003R  
濃い味に慣れ切った私にはパンチが少ないようだったので
次回は「ニボトン」を試してみようと思った。
もしかして、本来はこちらをパスポートに掲載すべきだったのでなかろうか。

2018年11月24日のランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ