プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
鴻巣「漬金」奈良漬けがおいしい

鴻巣市に江戸時代からやっている漬物屋がある。
一口に漬物といっても実は大変幅広い。

今、販売量が多いのは実はキムチで乳酸発酵したものだが、
今時はキムチ風の浅漬けが人気があるそうだ。
他には、古くからの梅干し、酢漬け、古漬けなどがある。

ここ「漬金」は奈良漬けの名店なのだ。
160526鴻巣漬金001_R

店に入ると、パックに入った古漬けも品揃えしてあるが
それらは仕入れ商品だ。目をくれてはいけない。
160526鴻巣漬金002_R
狙うは、左側の冷蔵ケースに入っているパック商品だ。
奈良漬けを買うのが正解だ。
160526鴻巣漬金003_R
パックをもってご主人と話していると、右手奥に味噌樽のようなものを発見した。
奈良漬けをバラ販売してくれるそうだ。

100g当り310円でスーパーのものと比べると若干高い。
瓜、生姜、きゅうり、なすが漬かっている。

160526鴻巣漬金005_R

160526鴻巣漬金006_R

ご主人は手早く味噌をぬぐい、私の少量のお願いにもこたえてくれる。

帰って早速食べると、なんと旨いことか。
あのツ~ンとするアルコールぽい匂いがしない。
人工的な調味料の味がしない。
塩分が多いから遠慮をしたいと言っていた家内にすすめると
慎重に1切れ食べ、美味しいと言ってもう一切れ食べる。

小さく切ってお茶漬けにすれば家庭のごはんが料亭の締めの料理に早変わりする。
おにぎりに握れば最高だわと家内がさらに食べたがる。

まだまだ、地方には本物を作っている店があるんだ。
いきなり訪問して、発見することは本当に楽しいものだ。

2016年5月26日の訪問

〒365-0038 埼玉県鴻巣市本町 8-4-6
048-541-0131


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

鴻巣手打ち蕎麦「さいや」
 鴻巣は美味しい蕎麦・うどんを食べられる店が多く、どこにいこうか悩んでしまう。
いつもは道路に面して駐車場が広い「馬力屋」に入る機会が多いが、
鴻巣高校近くの路地の住宅地にある「さいや」「いちい」の蕎麦も美味しいのだ。

今日は「さいや」を訪れた。

150202こうのすささい_R000150202こうのすささい_R018

さいやは木が美しい内装だ。
表の光を柔らかく取り込み、木の床が照り返している。
だが、木の床は冬場の冷たさが気になる。
また、ひざや腰が弱ってきた私にはあまり好ましくない。

さて、注文は「さいや御前1230円」にしていろいろ楽しむことにした。
連れは「つみれ南蛮そば970円」にした。

150202こうのすささい_R001 150202こうのすささい_R002
150202こうのすささい_R005 
「さいや御前」は蕎麦サラダ、にしん煮つけ、そばようかん、漬物が付いている。
汁は強烈な出汁の香りで満ちている。
凝縮されたうまみ成分がぷんぷん立ち上がっている。
甘みも強い。
150202こうのすささい_R006 
蕎麦は田舎で注文した。
太さは通常の蕎麦と変わりなく細い。
口に入れると蕎麦の甘さや旨さが溢れてくる。

だが、強烈な汁では、汁が勝ってしまい残念だ。
バランスは本当に難しいものなんだと認識させられた。

 150202こうのすささい_R012 150202こうのすささい_R013

そして連れのつくね南蛮蕎麦は美しくおいしい。
ほんの少し分けてもらった つくね、ねぎは美味く
これは名物だ。


150202こうのすささい_R011

食べ終わって、行儀悪く足を延ばして
お品書きを見直すと夜の「そば会席」が目についた。

すごく安くないか?
少しアルコールを飲んでも3000円強ではないか。
本当に鴻巣は蕎麦好きには天国のようだ。

150202こうのすささい_R004 

2014年2月2日の訪問

食べログの情報はこちらから

つれづれ蕎麦の記事はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 
Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

「鴻巣 馬力屋」で川幅うどん。旨い!
141002鴻巣馬力屋_R000
名物に美味いもの なし

鴻巣はひな人形の街に加えて
川幅日本一で町おこしを行っている。

その川幅うどんを馬力屋で鴨汁を食べた。
値段は税込みで900円。消費税アップ前は800円だった。

141002鴻巣馬力屋_R002

141002鴻巣馬力屋_R003 141002鴻巣馬力屋_R006  
幅は3~5センチと不均一だ。
厚さは約5ミリか。
食べるともちもち弾力がある。
グレイを帯びた乳白色のつややかな麺は
猛烈な香りと味を食べるものに与えている。

馬力屋は地元で人気がある「普通」の蕎麦屋だが、
いつもこれほどのうどんを打っているのか。
正直、驚きであった。 141002鴻巣馬力屋_R007
鴨汁の中には大きな鴨肉が2切れだ。
ピンボケになった写真から
ごぼうとねぎが味を添えていることがわかる。

名物に美味いもの なし。
いや、旨い!これは本当の名物だ。

2014年10月2日の昼の訪問

食べログの情報はこちらから
「こうのす川幅グルメ」はこちらから

本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。 
Copyright(C) 2014 himeharuzemi. All rights reserved. 


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

鴻巣 手打蕎麦・うどん「馬力屋」(7)川幅鴨汁うどん

   鴻巣 馬力屋

   川幅鴨汁うどん850円Dsc06990_2

久しぶりに鴻巣に来た。鴻巣近辺は蕎麦・うどんが旨くて安い店が多い。

いろいろある中で選んだのは、荒井橋近くの「馬力屋」だった。

どうして馬力屋がいいのか?

    駐車場が広くて止めやすい。


    値段が庶民的。    蕎麦・うどんとも味が良い。
しかし、どうもそれ以上の物が馬力屋にはありそうだ。そうでなければ、いつもこんなに流行っているはずがないのだ。
Dsc06982Dsc06985今日もほぼ満員になっている。いつものテーブル席は相席が求められる。
馬力屋は鴨汁そばが旨いのだが、川幅うどんができて以来、私はすっかりうどん派になってしまった。

荒川の名物がたった850円で食べられるからである。

Dsc06983Dsc06984


続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

鴻巣 馬力屋「川幅うどん」 美味し~い(6)

Dsc05124_2

























久しぶりに仕事で鴻巣にきた。お昼は、美味しくて量があって、しかも安い「馬力屋」にきまり!



Dsc05139



この店は 一茶庵系だから、鴨汁が美味しいのは知っているが、今日は食べたことがない「川幅うどん」にしようと思っていた。



川幅うどんは、鴻巣市で地域おこしの一環だ。荒川の川幅が2537mで日本一だそうだ。ここ5年くらい前から、製麺屋には生めん、乾麺とも幅広ひろいうどんが店頭に並び、地元の蕎麦・うどん屋にも、メニューとして存在するようになった。



馬力屋は、さすが、地元の人気店だけある。鴨汁うどんを川幅に変えて、値段は同じ 



Dsc05125Dsc05137













うどんは、地粉。うどんに適した農林61号。



こりゃ~ 期待できるね




続きを読む
鴻巣 「鷲屋製麺所」 夏用にうどん(乾麺)を買う (2)

Dsc05120埼玉県中央部の鴻巣は、うどんが食文化の中心になっているようだ。おいしいうどんを食べさせるお店が沢山ある。家庭でもたくさん食べているらしく、地元の人に聞くと、冬はもちろんのこと、夏はざるうどんを食べるのが普通らしい。なかでも 冷汁のような食べ方が伝統的らしく、一度食べる機会があったが、うどん好きの吾輩も躊躇する味だった。



今では、おいしい蕎麦屋(実は 美味しくて安いお店がたくさんある)が増えたり、有名なつけ麺の店があったり、麺の選択肢は広がっている。



Dsc05122
しかし、やっぱり、うどんの人気は根強く、街には製麺屋が生き残っているほどだ。



久しぶりに、家庭用に買ってきた。



自宅で食べるものだから、高いものはいらない。普通に地元で食べられているものにした。



「手延べ風」は腰があるタイプ。「こうのとり」は、夏に食べやすいつるつるタイプ。どっちがいいんだろうか?



「うどんが好きな人は、腰があるほうを好みますよ」と、お店の方のアドバイス。200g入って=約2人前、136円。10袋買って帰りましょう。Dsc05123



おや、この「川幅うどん」とは?



鴻巣市に接する荒川の河川敷を含めた川幅が、この付近で日本一になるらしい。



それで、うどん屋がみんなで街おこしをしているようだ。



「皆さんは買って行くのですか?」



「いいえ、お土産が中心です」と答え。確かに、そうですよね。



2012年5月25日の訪問。インターネットでも買うことができます。



鷲屋製麺所



鴻巣市人形2-1-70   電話0485-41-0318



HPあります   http://www.washiya-seimen.com/   



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.


鴻巣市 「蕎麦好きのための」おすすめ蕎麦屋と「腹ペコのための」おすすめ蕎麦屋(番外編)

Pb120206_r数年前、仕事場が鴻巣にあったころ、頻繁に蕎麦屋さんで食事をしていました。



なぜ 蕎麦屋かというと、鴻巣~北本には 安くて美味しい蕎麦屋さんがたくさんあるからです。



その代表格は やはり「馬力屋」でしょう。一茶庵系で鴨汁が安くて美味しいお店で、いつも地元のお客さんでこんでいました。



地元の生活道路沿いのファミリーマートの横にあるので、わかりやすくて、行きやすいお店です。P8250137_2



この馬力屋が鴻巣の店の基準になるお店かと思います。 850円で鴨汁です。蕎麦の量は170gです。よいお店です。(こちらから



馬力屋をスタンダードレベルとすると、鴻巣の蕎麦、うどんは非常にレベルが高いということになります。



「少し高めだけど、美味しい」と



鴻巣で 地元の人に教えてもらった美味しい蕎麦屋は、鴻巣高校の近くにありました。それも 至近距離に2つのお店です。



 


続きを読む
鴻巣市 小山屋食堂 なす汁そば(番外編)

2011年3月24日の訪問です。



鴻巣にある事業所が、3月11日の地震で被害を受けました。復旧工事がすすみ、いよいよ 土曜日の業務再開にむかって。準備が開始されました。



では、応援に行く前に、腹ごしらえをしましょう。



安くてボリュームがある 線路際の「小山屋食堂」に決定です。



Dsc06104 Dsc06110















久し振りに入った「小山屋食堂」です。以前と変わったところは、テレビが液晶になったことと、「川幅」うどんがメニューに加わったことでしょうか。



川幅うどんの由来は、荒川の川幅が日本一なので、鴻巣市全体で町おこしをしているそうです。



Dsc06109Dsc06105















でも、私の好物は 「なす汁そば450円+つけ麺セット300円」です。すごく バリューが高い料理と思っています。


続きを読む
鴻巣「いちい」で昼の年越し蕎麦(番外編)

 08年12月31日、昼になった。やっぱり今日は「蕎麦」でしょう。鴻巣でお蕎麦といえば、いろいろお店があるけれど、友人と一緒ならば「いちい」に決まりです!















いつもは 静かなお店ですが(前の訪問)、さすがに 大晦日は蕎麦を楽しもうとする人で満員です。入り口で立ったまま待ちます。厨房の中では ご主人が注文を確認する声が響いています。奥様は フロアで てんてこ舞いのようです。そうです。「いちい」は 家族でまわしているこじんまりとしたお店です。 今日は お話をする余裕もないようです。Dscf6032Dscf6033



 













さて、今日は何を食べようかな~。お品書きを見ながら「とろろそば」「鴨そば」が候補です。う~ん、どっちが美味いかな~ そして 十割にするか二八にするか 組み合わせもあります。



 鴻巣 手打蕎麦「いちい」 鴨そば(二八そば 大盛り)



  「いちい」は汁と蕎麦のバランスが非常に良いお店と感じています。長く 悩みましたが やっぱり 鴨そば1000円+プラス250円を注文しましたDscf6034Dscf6035















  注文してから ずいぶん待ちました。もう 厨房の中は戦争状態のようです。一向に出て来ません。仕方がない! 家族で静かにやっているお店です。我慢しましょう Dscf6036Dscf6038



 で、運ばれてきたのは 鴨そばで普通盛り? です。どうも 量が少ないです  確かめると 「えっ?大盛りでしたか?」   仕方がない。後で大盛り分を持ってきてもらいましょう。



 蕎麦は二八といっても、喉越しが良いタイプではありません。細めの麺ですが がっちりしたタイプです。鴨汁は 鴨の身は薄いものの、汁の濃さと鴨の脂分がうまい具合に交じり合い、私が好きな濃さ・美味さです。   冷たい蕎麦を付けてどんどん食べていきます。うまいなぁ~。あっという間に 蕎麦を平らげてしまいました。大盛り分を早く持ってきてくださ~い。(笑)



  おいしいね~。ホント、鴻巣はお蕎麦天国です。すばらしいお店がたくさんあります。その中でも「いちい」の汁の濃さは 私の味覚にあっています。 やっぱり来て良かった。



 年があけて、京都のたけのこが味わえる季節になれば、また来ましょう。よいお年をお迎えください。



石臼挽き自家製粉 手打蕎麦 「いちい」



鴻巣市大間537-3   電話 048-541-5465  



平日は11:30から14:30頃(蕎麦がなくなるまで)休日は夕方もやっています。営業時間を確かめて 行ってください。



HP   http://park11.wakwak.com/~ichii.akaba/



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.






鴻巣 手打そば「吉見屋」(番外編)

鴻巣には安くておいしい蕎麦・うどん屋が多いです。ずいぶん食べまわったつもりでしたが、蕎麦の友人「ふつ~」さんが 吉見屋を紹介してくれました。どこにあるのだろう?鴻巣駅西口を北側に行ったところ、住宅街栄町にたたずんでいました。



手打ちそば・うどん 「吉見屋」081210002 081210007















お昼12時を少し回ったところです。店内にはお客さんがぜんぜん入っていません。入店するなり、むっとする独特な匂いがしてきます。蕎麦・うどん屋らしからぬ匂いです。ナンだろう?081210004081210008



 テーブルに座ってメニューを見ると、ビニルが汚れ081210005_2ていて触るのがいやになります。壁を見ると飲み屋メニューでいっぱいになっています。基本「飲み屋」なのでしょうか、町の定食屋さん並の品目の多さです。気がつくと 新聞のコピーがあります。地元紙に紹介されたお店のようです。鴨田舎汁うどん650円」は隠れメニューだそうです。さっそく 大盛り(+100円)で注文しました。



 運ばれてきたうどんを見て、びっくりです。ここは鴻巣でした!おいしい蕎麦・うどんが安い地域でした。気楽に大盛りを頼んではいけなかったのです。



081210012 



























081210013 081210014





























うどんを食べます。美味しいです。地域の硬くてごわごわしたうどんではありません。普通の食べ方でも煮込みうどんにしても美味そうなちょ っと硬めなうどんです。塩味を感じますが美味しいことには変わりがありません。鴨田舎汁の鴨は胡椒で味付けがされています。うどんを汁につけていくと、081210006_2すこしずつ薄くなってしまいます。胡椒を足すか、唐辛子を足すか???やっぱり唐辛子の方が美味いです



 食べても食べても うどんは減りません。おなかは、はち切れんばかりですが、おいしいうどんを残してはバチがあたります。がんばって(本当に頑張って)完食しました。



鴻巣は麺天国でした。美味くて安くて腹いっぱいになりました。



鴻巣市手打ちそば・うどん 「吉見屋食堂」 



048-541-5324081210001
埼玉県鴻巣市栄町3-27
12:10~14:00、17:00~20:00 火休



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.