プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川富士見町 回転すし「魚屋路」(2)のランチ

Dsc08543_3 ランチを食べようとする時は、先に予算をおおよそ決める。

①ランチだから最大で1000円までだ。②次に、なるべく駐車場があるほうが助かる。営業とすれば必須条件になる。③なるべく美味しいものを食べたい。④くつろげればもっと良い。

そんなとき、回転すしは便利だ。ただ、スシローにいっても、蔵すしにいっても、大人の男性ならば700円~1000円分は食べてしまうし、③と④は期待できない。逆にジョナサン等のファミリーチェーンには、ドリンクバーがありのんびりできるが、「美味しい」と言えない日もある。Dsc08537Dsc08555

ではどうすればいいか。

我が家のこの秋のマイブームは「魚屋路」だ。「魚屋路」は105円の寿司チェーンと比べると若干アッパーになっている。確かに美味しいのだが好きなものを食べていると値段が高くなる傾向がある。会社員のランチには向かないと思っていた。ある日、昼に訪れるとランチがあることがわかり、しかも、それがすごくお得になっていることを発見した。

Dsc08539今日は代休だ。家内を連れて、平日のランチを食べに行った。

魚屋路のお客さんは105円の回転すし屋より年齢が高い。お客さんの数は少ない。だから、のんびりと食べることができる。


本日の品書きを見ると旨そうなネタ、珍しいネタが並ぶが「お得なランチセット」を食べに来たのだ。セルフサービスの味噌汁・サラダ・寿司が10貫に巻物1本分で892円だ。

Dsc08544_2
後ろ左からマグロ・剣先いか・サーモン・かんぱち・鯵・ほたて・蒸しエビ

前にたまご・あなご・醤油いくら・ネギトロ巻だ。

番外にサラダになるが、このサラダが旨い。レタスの上にカニ風味サラダが乗っている。通常サラダ巻やサラダ軍艦で使っているマヨネーズ風ものだが、これが、なかなか旨くて笑ってしまいそうだ。

一番にネギトロ巻を食べる。実は「魚屋路」のネギトロは意外に旨いので、おすすめ。二番に抜群の存在感を出している鯵を食べる。素晴らしく旨い。回転すしとは思えない、鮮度と身の厚さだ。

Dsc08547Dsc08548Dsc08551Dsc08553






最後に好物のイクラを食べる。変な味がしない。うれしい。
お腹いっぱいになって、892円。CPが非常に高いと思う。

さて、品書きには577円の握りがある。7貫+河童巻き1本にセルフサービス味噌汁になる。お手頃で安く一見お得に見えるが、300円の値段の差で寿司が3貫足されて、河童は中トロに変わり、サラダが付く。
892円の満足ランチのほうが、CPが高いと思うよ。(女性には577円の量でちょうど良いかもしれない)

2013年11月29日の訪問
公式サイト:http://www.skylark.co.jp/totoyamichi/menu/

当サイトの文章写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。   Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

コメント
No title
本日魚屋路でランチしてきました。私が満足、嫁が特撰。
満足は本当に満足できるランチでした。
穴子一本とデザートがついた特撰もとてもいい。
穴子がふっくらと炊けていて穴子好きの嫁も大満足。
昼前で余裕があったのか、店員さんが味噌汁をサーブしてくれました。
とてもいいサービスだと思います。
スシローの一人勝ちの感のある回転寿司ですが、がんばってほしいものです。
また行きます。
[2013/12/02 19:34] URL | ciel20 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>ciel20さん
ととやじ いいですよね。
夜はいけないけれど(笑) ランチは最高です!
[2013/12/02 20:58] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1026-63d76226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)