プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
豊島区高田 懐かしく「志賀」にいく。(2)

Dsc03372_2























時代の流れとともに変化するものは沢山ある。それは進歩であり、当然のことと思っていた。なのに、この失われていくものに対して、10月の天高い青空に流れる秋雲、一陣のかぜに舞い落ちる木の葉。冬へ到来するまでの残されたわずかな時に、寂しさを感じるのは、私が年老いてきたせいか。





Dsc03367Dsc03369













「志賀」がこの春に営業許可証を返納したと友人の便りで知っていた。



しかし、懐かしさのある店だ。いや、店というより女主人「武内きくい」であり、そこにあつまる親父たちとの会話に触れたいのだ。



友人に電話をしてもらい、訪問することにした。何だか、親戚のおばちゃんを心配して行く時と同じ気持がする。



元気でいるのか?



ぼけてはいないだろうか?


Dsc03368























「なんだ、おっかぁ、まだ生きていたか。元気そうじゃないか」



いつもは冗談で言っていた挨拶を、今年もいえる幸せ。



いつものように皆でビールを飲み、ご常連さんの焼酎を分けてもらう。



「娘夫婦にやめろと言われた」らしいが、子供の気持はよくわかる。こんな婆さんの店にはあたらしい客は来ないから、営業は赤字になる。それに 転んで怪我をしたら大変だし、それ以上に間違って火を出したらお天道さまに顔向けできない。



    千葉にいる家族と一緒に暮らそうよ。それが一番の幸せだろう。



しかし女主人が選んだのは、いつもの顔見知りと、くだらない話をすることだった。子供を細腕で育て上げた自立した女性だ。自分の生き方は自分で決めていた。



   「知らない土地に行って、ずーっとテレビをみるだけになってしまうより・・」



店さえ開いていれば、だれか来るだろう。飲み物とつまみは近くのスーパーで自分たちで買ってくれば良い。飲食店ではない、おばあちゃんの家に遊びに行く。昔からのお馴染みさんにはそんなお付き合いをお願いしたい。



以前の訪問記事



http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/tama/2011/10/post_a591.html#more



2012年10月27日(土)の訪問



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved



コメント
No title
こんな思い出のお店があるって、すてきです。
女の子のお尻ばっかり追いかけて、まったく四年間何やってたんだろう。
とふと思います。
今死ぬまでにやりたいこと、行きたいとこ、食べたいもの、会いたい人リストアップしてます。こんな小さな目標でも、あると一日一日大切に生きられる気がして。
[2012/10/29 19:19] URL | ciel20 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>ciel20さん

僕 大学に入ったはいいが目標を見いだせず 毎日飲み歩いていました。
その結果の「志賀」ですから、あまり 自慢できません。[E:despair]

>>今死ぬまでにやりたいこと、行きたいとこ、食べたいもの、会いたい人リストアップしてます。こんな小さな目標でも、あると一日一日大切に生きられる気がして。<<

       気軽にやっていきましょう。
[2012/10/30 21:57] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
和敬塾にいるものです。
今日初めて行きましたがお元気でした。
[2013/05/27 22:25] URL | 谷口祥 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>谷口さん
どうもありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、
訪問されても、満足な接客はできなかったかもしれません。
お詫び申し上げます。
 51年 南寮 入塾以来 お世話になっている「おっかぁ」です。
今後も よろしくお願いします。
[2013/05/28 19:19] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1028-f4e99ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)