プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
小平 佳喬庵でカレーセットランチ(12)

Dsc03219久しぶりに若い部下を昼に誘った。「何がいいだろうか?」



思いがけなく返ってきた言葉は「蕎麦がいいです」



それならば、青梅街道駅の近くの「佳喬庵(かきょうかん)」に行こう。



しかし、今日は仕事が追っかけてくる。助手席に乗っている間も何本も携帯がかかってくる。やっと、ひとくさり片がついたころ、佳喬庵に到着した。



お昼時の佳喬庵は、ほぼ満員だ。人気がある店なんだ。



メニューを見ると「カレーセット880円」がある。二人ともこれに決めた!



Dsc03215Dsc03216













カレーの丼が来たころ、またしても 電話が追っかけてくる。容赦なしだ。



表に出て、席に戻ると「蕎麦は、席に戻ってから出して下さるそうです」と、部下が教えてくれる。うれしい。



で、蕎麦が出てくる、が、また 電話だ。



席に戻ると蕎麦が出ていた。「ゆでなおしますから・・・・」と、ご主人は言ってくれるが、それはこちらのせいだ。申し出を断り、少し乾き始めた蕎麦をかっこむことにした。




Dsc03218























う~ん、旨いな。香り、味とも申し分ない。ランチのサービスメニューにこの蕎麦を出してくれるとはとてもうれしい。



「いつの蕎麦ですか?」



「去年の会津です。」



どんどん食べ進んでいくうちに、「しまった。写真を撮りそこねた」。



急いで取るから、ぶれてしまった。



蕎麦を食べ終わって、カレー丼にうつる。スパイスは利いているのにまろやかなのは、正においしい蕎麦屋の和風カレーだ。



食べ終わると、腹いっぱいになり動けない。腹いっぱいだが、おいしい蕎麦湯はお代わりをする。



大満足。



帰り道部下が聞いてくる。



        「なんていう名前のお店ですか」



        「佳喬庵(かきょうあん)というんだ」





2012年10月12日(金)の訪問



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved











コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1056-7a3d3ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)