プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
三軒茶屋 長崎ちゃんぽん「来来来」(初)

Dsc08098_2_2先日偶然発見した世田谷のちゃんぽんや「長崎」を家で調べていたら 、三軒茶屋にもおいしいちゃんぽんやがあることが分かった。食べログで場所を確認すると、商店街の中だ。驚くのは評価点の高さで、3.6だと。食べログの点数はあまり気にしていない私だが、この点数は尋常ではない。Dsc08094

仕事のついでに行って見ることにした。三軒茶屋の商店街の周りは駐車場が少ない。午後から車の進入禁止時間帯がある、ということで車での訪問はあまりおすすめできない。もし、どうしても車を使いたいのなら事前に駐車場を確認していかれるほうがよいだろう。

席はカウンターで5席、テーブルで8人。小さな店で奥さんがてきぱきと注文をとり旦那さんが休みなく料理を作り続けている。

料理の写真を撮ることを許可してもらい(店内はダメ)、注文は「ちゃんぽん850円」と連れは「皿うどん太麺850円」にした。


Dsc08100_2_2ちゃんぽんの麺が特筆だ。 この麺にはなかなかお目にかかれない。脂分が少なく、 ぼさぼさしている。

スープは塩っぱさを強めに感じる。薄くてコクが足らないように思えるが、すぐに気が付いた。リンガーハットで教育された私には調味料が足らなく感じるのだ。 少しラー油を垂らすと風味が上がることを付け加えておこう。

次に連れが注文した太麺ちゃんぽんだ。九州生まれ・九州育ちの私の父親が「焼きちゃんぽん」と呼んでいるものだ。   

Dsc08102_2_3ちゃんぽん麺を炒め、とろみが少ない具がのっかる。

来来来の皿うどんが本当の皿うどんならば、今まで食べてきた皿うどんはなんだったのだろう。似ているが明らかに違うものだ。

この皿うどんに、昔父親はソースをかけていたような記憶があるが、はたしてソースだったのか、酢だったのか。暇な時間帯を見つけて再訪して、親父さんにその辺のことを聞いてみたいと思う。

あまおじさんのラーメン紀行♪:http://amasan.livedoor.biz/archives/52025484.html

桃色温泉三昧:http://yaplog.jp/momo-kimock/archive/2338

食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13001390/

2013年11月10日(日)の訪問

当サイトの文章写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。   Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
No title
こんにちは。地味に美味しい個人経営の店って、、けっこう東京には、まだまだ発見することが叶うのですが、世の中に求められる需要と主人の心意気が合わない場合もあって、なかなか生存指数も低くなりつつあります。そこに行くとホッとして、心が通い合うような店は、いつまでも残っていただきたいものです。
[2013/11/11 08:48] URL | 桃猫 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>桃猫さん
コメントいただき恐縮です。ありがとうございます。来来来に訪問したあと、検索したら桃猫さんのブログに当たりました。失礼ながら紹介させていただきました。
しかし、一口にちゃんぽんといっても いろんな味があって 面白いものです。これからも、探していきたいと思います。今後もどうぞよろしくお願いします。
[2013/11/13 20:49] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1074-3e37d596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)