プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 紙製品「小谷野紙店」(初)

Dsc03131_3八王子の国道20号線沿いには昔ながらの店が並んでいる。

その中でもユーミンの実家の「荒井呉服店」が有名どころ。
(私の年代にとって、ユーミンは特別な存在で、
荒井呉服店は聖地なのだ)


横山町を歩いていると、
同じく老舗と言える紙製品の専門店の「小谷野紙店」にぶつかった。
ちょうどのし袋を必要としていたので、ふらふら、中に入って行った。


Dsc03130Dsc03125

沢山のいろんな袋が(のし袋が)迎えてくれる。
安いふつうのものから、和紙でしっかりと厚みがある物まで幅広い、奥が深い。

用途を相談すると、良い袋をアドバイスしてくれる。

  お葬式でご霊前を頂き、七七日を過ぎたので、お返しに歌の会に現金の返礼をしたい。

       ご霊前の返礼なので「仏」のしなのか?

       でも お祝いの会に「仏」を持って行っていいのか?

Dsc03128Dsc03129

      それならば 無地の和紙の封筒がよいでしょう。

      文字が必要ならば「心ばかり」とお書きになってはいかがですか。



こんな気のきいたアドバイスはなかなか受けることができない。

経済性だけでは測れない「必要な経験と知識とウィット」。

こういう店こそ大事にしていきたい。

PS 筆が沢山品ぞろえしてある。無粋な私では良し悪しは分からないが、興味がある人はぜひ見に行ってほしい。

住所:八王子市横山町18-2

本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  

Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
>トラさん ありがとうございます
ブログを引っ越してきましたが、昔の記事が上手く貼りつかず すこしづつ手直ししています。
読みずらいところが多いですが、今後もよろしくお願いします
[2014/10/12 07:21] URL | ひめはるぜみ(多摩) #- [ 編集 ]

納得
女将さんは、和紙の知識も経験も豊富。保管が難しい和紙を寝かせて、枯れた品しか店頭にならべない誠実さは感心!
[2014/10/11 23:14] URL | トラさん #XT7jXHxc [ 編集 ]

No title
「心ばかり」うーんいい言葉ですね。日本語の奥行き、間口の広さを感じさせますね。殺伐としたニュースが多い中、ホッとします。
[2012/10/11 20:21] URL | ciel20 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>ciel20さん
「心ばかり」  良い言葉です。思わず はっとして 家内と顔を見合わせました。
[2012/10/13 05:59] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1076-ceb51d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)