プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 讃岐うどん「いそや」(4) かまたまうどん

午後2時半、もうランチは終わっている時間だな。でも、個人のお店なら関係がないですね。ただ 昼休み入っていると アウトですが・・・・。Dsc00867Dsc00868













「いそや」は、やっていました。お客さんはいません。私たちが入るのを見て、ご主人は素早く鍋に火を入れました。「ゆでるところから始めますので10分くらいかかります。」全く問題ありません。



好きなところに陣取って、好きなものを注文します。





Dsc00869Dsc00870













「お母さんは何にしますか」79歳の母は2度目の訪問です。



「あまり量は食べられないから、ぶっかけで柔らかめ(温)にして、小」



僕は かまたま(温)で小です。普通は小では物足りませんが(ゆでる前100g)、お母さんの物を三分の一位もらわなくてはいけないからです。



サイドにある天ぷらを見て、おかあさんはサツマイモ、私は竹輪を食べることにしました。




待つこと、10分で 熱いうどんに玉子がまぶされて「かまたま」が出てきました。ここに、だし醤油をかけて食べます。



「旨い!」



呑気に写真など撮っている暇はありません。ずずっと飲み干しました。Dsc00871Dsc00872















食べた後に、お母さんが店主に話しかけます。



「おいしいわ、ここで打っているんですか?」



「はい。前も3人でいらしてくれましたね。」



お母さんはびっくりしています。



「嬉しい。良く覚えているわね。すごいわね」



確か前に連れてきたのは1月のことです。http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/tama/2012/01/post_ad59.html



わたしもうどんのことをお尋ねしました。



「粉は香川産の粉ですか。とてもおいしいですね」



「いいえ、うどん用に作られているオーストラリア産の粉です」



         ええっ? 



         おいしいうどんは国産に違いないと



         思っていた私の常識がガラガラと崩れていったのです。



「香川のうどん屋はほとんどが輸入を使っているのですよ」



         目からうろこでした。



         びっくりしました。



原料を吟味して、熟練の技術で作り上げられたうどんは、国産、輸入の関係がないというもんなんですね。勉強になりました。



2012年4月11日の訪問



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/112-994a2349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)