プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
亀有 両さんのお店で かき氷「葛飾 伊勢屋」(初)

Dsc02899























葛飾の有名人は?というと



もちろん 葛飾柴又の寅さんだろう。



他にもいるだろうって? 小林聡美、二宮和也。



違う、違う。もっと有名な人いるだろう!



        亀有駅前派出所の両さんですよ。



亀有の駅から続く商店街の中に両さんどら焼き、両さんサブレを売っているお店がある。「葛飾 いせや」だ。



Dsc02884Dsc02885











「今日はお彼岸中日ですよ。おはぎはいかがですか?」



店から呼び込みの声がかかっている。つられてお供えにお団子を買って行くことにした。



伊勢屋の両さんどら焼きはいいし、お団子もいい。



Dsc02890Dsc02880













しかし、もっといいところが奥にある。みつ豆の暖簾をくぐると食堂になっていて、ラーメンやチャーハン、甘味などを食べることができるようになっている。



これぞ 下町の正しい和菓子屋さんだ。



寅さんの映画で出てくる団子屋のセットは、想像の世界ではなかった。下町に育ったひとには普段の風景でも、一般の人には見慣れない不思議な世界が広がっている。


Dsc02895Dsc02889













こち亀のポスターや映画の出演者の色紙を見て楽しんだ後に、



氷あずき、連れはクリームあんみつを食べた。



Dsc02892Dsc02891_2













氷あずきのてっぺんは小豆のトッピングが乗っている。名古屋の天むすのようだが、これが旨い。



氷の上部は細かいサラサラの氷、下に行くにしたがって粒が大きくなっていく。



一番に下に、たっぷりの小豆がある。うん、おいしい。



Dsc02896























氷には、レモンやいちご、最近ではブルーハワイなど、色が綺麗なものが沢山あるけれど、古き良き時代を思い出すには、「小豆」に限る。



贅沢をするなら、抹茶あずきやクリームを乗っけるに限る。



昔ながらの下町が、ところどころ残る地域。亀有には古きものが生きている。



今度は、どの店に入ろうか。たのしみだなぁ。



2012年9月22日の訪問。



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1124-126c0141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)