プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
三鷹 甘味処「たかね」(2)のかき氷

  味は一流



  値段も一流



  でも、居心地が悪い



Dsc07382_2

























お盆が開けたというのに、一向に真夏が終わらない。



「そうだ、かき氷を食べにいこう。きっとおいしいよ、たかねに行こう」



喫茶の入口には「子供はご遠慮ください」が掲示されている。?



店内には「写真お断り」が時計の下に掲示されている。これは分かる。



どちらも店の方針なのだろう。



静かな環境の中で、選び抜かれた材料を使って、最高のパフォーマンスの料理を、おもてなしの心で提供するのだろう。


  Img_20130818_142551Img_20130818_142631















宇治ミルク 驚くほどおいしい。宇治がこんなに美味しいとは初めての経験だった。あんこは鯛焼きにはいっているものと同じであろうか。上品でしかも甘い。



氷は細かくふわふわしている。氷自体が旨い。横に置かれた水と味を比べるとはっきり分かるほどだ。



      味は一流。値段は900円でこちらも一流。



入店した時はほぼ満員だった。大テーブルを示された。



「すみません、こちら空いていますか」と自分で先客に声をかけた。ファストフード店のようだ。



先客は追加をしたくてスタッフを目で追うが、しばらくの間、気がついてもらえていない。



やっとテーブルが空いたので、連れと場所を移りたいと思うが、スタッフと目が合わない。そのまま、大テーブルにほっとかれる。当然「水はいかがですか」などアプローチは全くない。



かき氷が出てくるが、置かれていくだけ。「宇治は ~~のお茶です」などの説明は一切ない。



若いスタッフは動きがいいが、せわしくて、落ち着かない。



これは接客ではない。客あしらいをしているのだ。



     結果、居心地が悪い。



人気があるからこれでいいのだろう。混んでいるから気に入らない人は来なくていいのだろう。そんな風に感じた。



他のみなさんのご意見は↓です。







食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13005883/



公式サイト(ファースブック):https://www.facebook.com/Kanmidokoro.Takane



2013年8月18日の訪問



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1219-dd169fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)