プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
草加 手打ちそば・うどん「ふか川」(初)

埼玉県草加市で所用を済ませるとちょうどお昼になった。土地勘がない場所でどこで食べたらいいのか悩む。このお盆中はコンビニのおにぎりや惣菜を沢山食べた。味が似ている(均一化された)ファストフードも嫌になった。



こんな時に頼りになるのがネット情報だ。スマホで「つれづれ蕎麦 草加」で検索すると、「ふか川」がよさそうだ。住所をナビに入れて瀬崎に到着したが・・・住所表示が変更されており、少し迷った。



Dsc07256Dsc07288

























     草加市瀬崎3-36-1



     電話048-927-3677



     「ふか川」



薄い黄土色の建物に狭い間口の店構えは、街の交差点の角にあった。洗いざらしの白い暖簾だけが「ふか川」の目印になっていた。一見すると小料理屋の佇まいなのだ。



店内のインテリアは竹や葦を使った純和風だ。テーブル席が3つ、小上りが2つでこちらも小料理屋風。





お品書きを見ると、手打そばは「生粉打ち、十割」だそうだ。もりそばは500円で手ごろな値段だが、大盛り、お替わりとも+400円で一般の蕎麦屋の値段設定と違和感があるかもしれない。



お品書きをめくるとうどんが並んでいる。私は確かに蕎麦は好物だが、うどんにも目がない。もりそばともりうどんを食べることにした。ちなみに連れは大好物の力うどんを注文した。



Dsc07257Dsc07258


Dsc07261Dsc07262Dsc07278_2



















もりそばが運ばれてきた。年季がはいった欅の盆に、これまた年季が入って黒塗りがはげかかったせいろだ。擦りたての山葵が香っている。



Dsc07265

























生粉打ちの蕎麦は、ざざっとのど越しで食べるのが旨い。「ふか川」の蕎麦は江戸っ子の蕎麦だ。



蕎麦猪口に四分の一程注がれた汁がまた、好みだ。江戸蕎麦の流れで濃く辛い。甘さをバランスよく感じ、枯れ節の焦げたような味がしている。私が蕎麦好きになるきっかけを作った「素朴庵」の汁によく似ている。国立市にあった私の大好きだった今は閉店して食べれなくなった。汁が「素朴庵」を懐かしく思い出させてくれる。



うどんは、白く艶めかしい。細く柔らかく、緩やかな腰がある。口に含むと官能的に粘膜にくっついてくるタイプだ。



薬味が山葵に代わって生姜で食べろということか。







Dsc07267Dsc07268





























汁をなめると、蕎麦のときと味が変わったような気がする。ねっとりと舌にまとわってくるコクが蕎麦汁より平らかになっているような気がする。



細く柔らかいうどんを、生姜とともに、ズルズル飲み込むのにちょうどよい汁だ。







Dsc07284



































































連れが注文した力うどんの汁はまた違うのか?連れも「素朴庵」の汁に似ているというが、「素朴庵」の汁は、もっと関西風で色が薄いような気がするが。



しかし、記憶ほど曖昧なものはない。特に味の記憶ほど当てにならないものはない。「おいしい」と食べている連れの感想を否定することはしなかった。





Dsc07278























しかし、意外なところでおいしい蕎麦・うどんを食べた。ここもネット情報がなければ来れなかった店だ。



ありがとう。「つれづれ蕎麦」



トップページ:http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/





2013年8月14日の訪問



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1226-cece409b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)