プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
練馬 「藪伊豆」せいろ大盛り(初)

Dsc07195 Dsc07201























練馬を移動していると、同じような地名が続いて路に迷いやすい。石神井、上石神井、下石神井、石神井台、石神井公園と同じような名前で困ってしまう。地元の人は平気でも仕事で来たよそ者には辛い。農地が宅地に変わったようなエリアでは、農道が細い道や一方通行になり、一度迷えばぐるぐると回り続け、狐か狸に化かされている気がする。



ぐるぐる回って、ふと出た交差点に、「石臼挽き」の看板を見つけた。ありがたいことに駐車場がある。これは入るしかない。



店の間口は狭いが、奥がありテーブルで40席くらいある。



席につき、出された水をぐいと飲みほした。うむ?冷たい水が旨い。





Dsc07200 Dsc07202























注文は・・・・・。メニューの幅はどんぶりまである。



いや、 単純にせいろ、大盛りにして650円にしよう。


Dsc07203 Dsc07205

















石臼挽きの二八蕎麦は、蕎麦の香りがしてくる。



汁は辛く濃い。あとから甘さがガツンとやってくる。



鰹節、ソーダ鰹節、サバ節などが主な構成らしい。蕎麦はざぶんと浸したほうが美味しく感じた。



Dsc07206もっと旨く食べるには、山葵を蕎麦に付けて、汁に下の部分をたっぷりつけて食べるのが良い。



食欲が衰える夏にはのど越しが良く香りがある「藪伊豆」のせいろは、最適だ。







2013年8月7日の訪問



食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132105/13068972/



ほろ酔い蕎麦:http://soba-sake.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4a8b.html



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1238-5245dd3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)