プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
府中 盛り上げ蕎麦「手打そば ふるた」

Dsc05223Dsc05250













旧甲州街道、分倍河原駅に入る所の京王線の踏切の真横に手打蕎麦屋がある。出前をやっている蕎麦屋だが、お客さんがどんどん入っていく。



美味しいんだろうか?



店内に入ると テーブル席、小上がりがあり、窓の外を京王線の電車が走っている。



Dsc05224Dsc05233_2













表には、季節品として写真入りでぶっかけそば&うどんが出ていた。1品ずつの単価は高い。が、店内でお品書きを見ると、もりは500円だ。高くないんだ。蕎麦以外にもセットメニューが沢山あり、人気があるのは当然のことだ。



さて、何を食べようかと店内をみていると「府中もりあげそば」?がある。そういえば、この近くの別の蕎麦屋の店先に同じメニューがあった。値段は高くない、890円だ。早速注文しよう。



しかし、お品書きはすべて写真付きで。その写真は美しい。きっとパソコンの技術を持っている人がいるんだろう。











蕎麦の王道『盛りそば』と『かき揚げ』を組み合わせ、世の中景気を含め、皆様の家庭も盛り上げたいと言う願いを込めて考案された「府中もりあげそば」の、盛りそばは量が多い。通常の店では大盛りに値する量だ。



蕎麦は一日2回打っているそうだが、田舎が好きな私には、風味が弱く感じる。細くて、白っぽい蕎麦は更科のようでもあるが、この盛りを500円で出すことはコスト的に合わないのではないかと思った。



わさびは本山葵を使い、出前をやっていて、量を沢山出す蕎麦屋としては、ありがたい限り。



Dsc05238Dsc05245







Dsc05239





Dsc05247











汁は辛くて、ちゃんとした蕎麦屋の味だ。なんてCPが高い店なのか。



かき揚げには、静岡県由比産の桜えびを三つ葉が入る。崩していくと、下に大きめの海老があって、かき揚げは二段構造になっている。



食べるとお腹いっぱいになった。前に座った会社員のグループは、天丼セットなどを食べている。どれも大盛りでよさそうにみえた。



        良い店だなぁ。



        おなかがいっぱいになると幸せになる。



        ご馳走様。



HPはこちらから : http://www.soba-furuta.jp/





本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1302-4aa346ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)