プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
堀切 中華料理「北京」(初)

そもそも、このブログの名前が「多摩 我が愛しのお店」であるように、私のテリトリーは三多摩地区だ。が、子どもの就職先が葛飾区だったり江戸川区に親戚の家があったりで縁のある地域となりつつある。



以前、何度か食事を一緒にしたことがある「森のたぬき」さんが城東に引っ越して、沢山のおいしいお店を書いている。ここ、堀切の中華料理「北京」も彼のブログで知った店だ。



「カツ丼がおいしいお店 北京」ということで、近くを通った時に寄ってみた。














場所は堀切菖蒲園駅から5分程度、住宅地のなかにある細い商店街に張り付いていた。東京都葛飾区堀切5-18-13



Dsc01848Dsc01849













店頭には美味しそうなサンプルが並んでいる。中華が中心だが、オムライスもあり定食屋のように料理の幅がある。Dsc01853_2



店内は、いくつかのテーブルとカウンターだ。奥には座敷があり意外と奥に広い店だ。



献立表には沢山の料理が記載されている。カウンターの短冊にも季節の料理が追加されている。



種類が多い店だ。私は、迷うことなく「カツ丼800円」を選び、家内は迷った挙句「八宝麺850円」を注文した。


Dsc01855_3Dsc01852Dsc01856_2











旨いカツ丼には、共通点がある。



    ①カツの厚さは8mm前後だ。



     厚すぎてはいけない。脂はロースのかぶりの部分がちゃんと付いている。  



     ロースにこだわらなくても良いが、適度な脂がほしい。



    ②衣が旨い。



      衣がコクがあるラードで揚げられてサクサクと肉を覆っていること。



      汁を吸っても、簡単にはへたれない根性がある。



      肉の脇役じゃない、しっかりと自己主張している。



    ③カツを取り巻く玉子は、とろみが残っており、



     調理場ではなく丼の蓋のなかで余熱で固まりかけている。



    ④カツと玉子の部分と、ご飯の量のバランスが良いこと。



      汁はご飯の上部1/3~1/4のところまで染みている。



      「汁だく」はご勘弁願いたい。



Dsc01857























さて、家内が注文した「八宝麺850円」だ。



どんな料理か興味津々で待っていると、本格的中華の贅沢なラーメンだった。



肉はカタクリをまぶして別に揚げた鶏肉だ。野菜の旨煮と合わせている。





Dsc01859























Dsc01860



スープはピリ辛。夏には熱いメニューだが、スタミナ作りには最高だろう。餃子400円を追加すると、エネルギー満タン注入になる。



料理店は不思議なもんで、1つの料理だけがおいしいということは滅多にない。



1つ美味しければほとんどの料理は美味しいし、逆もある。これこそ料理人のセンスであったり技術であったりするんだろう。



ともあれ、こんな住宅地でおいしい中華料理店に会えて幸せだ。また機会をつくって、いろんな料理を食べてみたい。



紹介してくれて、サンキュー「森のたぬき」さん







本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.













コメント
No title
まさか北京を訪問されるとは?!

八宝麺も美味しそうですねー☆
次回はコレ食べてみますね[E:happy01]
[2012/07/19 00:08] URL | 森のたぬき #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1312-5d07b9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)