プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 らぁめんの「でうら」

「八王子ラーメンとはどうゆうものなのか」知りたくて、有名な「星の家」に行った。おいしいと紹介された「楓」に行った。



前者は「変化形」で後者は全く違うそうだ。



Dsc01313それならばと、八王子実践高校の近くの「でうら」にいってみた。2012年6月9日(金)お昼すぎだ。



中は1つのデーブル席と、長いカウンター席になっている。カウンターの後ろは鏡張りで、光を返しているが、一つの曇りもない。磨きが行き届いていることに先ず驚いた。カウンターに座って、調理場のステンレスフードを見ると、こちらも、磨きあげられてピカピカに光っている。



こういう店は信頼が置ける。期待を裏切られたことがない。



メニューはらーめんとトッピング増し(玉ねぎ・メンマ・チャーシュー)しかない。Dsc01315

初めての店だ。メニューのど真ん中「大盛り600円」にすることにした。



注文してから、出てくるまでの時間は早かった。5分?かからないのではなかろうか。




れんげがないので、口からスープをお迎えに行く。



濃口醤油の風味が香る。豚の出汁が程よい。飲みやすく癖がない味に仕上がっている。



なんて、ことはない。十分に個性的な味だと思う。一見地味に感じるが、昔、おばあちゃんに連れて行ってもらったご馳走の「中華そば」の醤油の味が、脈々と流れているのだ。豚骨や魚介の派手さはないが、じっくり優しい味に浸っていると、後から、記憶を呼び起こしにくる醤油がパンチを繰り出している。



Dsc01316























麺は細い。ストレートで、このスープと良く合っている。しかし大盛りを食べていつと飽きが来る。そこで。トッピングの玉ねぎに行くと、



          甘くておいしい



もっとほしい。トッピングの追加+50円すれば良かった?いや、トッピングをしたお客さんの玉ねぎの量は大したことがない。もっと増やしてあげてほしいと思う。



メンマは、しょっぱく味が染みているが、コメントはない。チャーシューは?薄くてパサパサ。私の好きなタイプではなかった。



         これが八王子らーめんというものか。



         妙に納得した気分になった。





八麺会のおすすめはこちら:http://www.hachimen.org/osusume.html



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1349-db00b77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)