プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 とんかつ「ほし野」

すごくアウェーな気持ちになる。



孤独感がある。



自分がいる世界と違う世界に入ったような、映画の一つの場面のような。Dsc01309Dsc01310













とんかつ「ほし野」は不思議な店だ。



八王子北口のロータリーを左45度。東急のビルの斜め後ろの交差点に立派なお店がある。暖簾をくぐると、内装には無頓着、蛍光灯が1本切れかかっていチカチカしている。収容人員30名くらいの広さのテーブル席に相席で通された。



2人がけのテーブルは、1人で来ているお客さんが、黙って、ただ食べている。幅50センチ四方の小さなテーブルの向かいには、知らない男が相席で座っている。



「ほし野」の孤独はどこから来るのだろうか。



一人で入ることが多い「牛丼屋」「らーめん屋」には、孤独を感じることはない。従業員の接客が生みだしているものではない。



店とお客がいっしょになって別空間を作り上げているのだ。




500円のとんかつ定食は、注文して15分で出てくる。揚げたてで温かい。冷水筒に入ったソースをかけて食べる。



社員食堂のかつライスのようだ。薄めの肉に油を吸い込んだ衣。



Dsc01311Dsc01312













八王子の駅近くの一等地で 500円で食べるカツライス。



不思議なお店だった。2012年6月6日午後1時の訪問。



食べログは :http://r.tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13043130/



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved

コメント
No title
いつも、ご近所のおいしい処を拝見させて頂きます、八王子のとんかつ屋さんが続いているので、藤、赤尾も是非足を運んで見て下さい。
[2012/06/08 23:17] URL | momokoto3 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
ほし野特有の殺伐さ、そしてそれと同居する不思議な居心地の良さを見事に表した文章だと思います。

特に、

「すごくアウェーな気持ちになる。

孤独感がある。

自分がいる世界と違う世界に入ったような、映画の一つの場面のような。」

この書き出しは惚れ惚れするほどの名文ですね。

これからも頑張ってください。
[2012/09/09 23:21] URL | 名無し #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>名無しさん
こちらが恥ずかしくなるような お言葉を頂戴して
ありがとうございました。
励みになります。がんばります。
[2012/09/10 20:08] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1350-e03fc143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)