プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
ふじみ野市大井武蔵野 「松栄庵」(初)
DSC01253_R.jpg 

川越市の赤坂で商談をしていた。
昼にかかると
「どこで飯を食いますか? 何がいいですか?」
と聞かれる。
「蕎麦もうどんもラーメンもカツ丼も好きです」と答えた。
「それならば、なんでもある店に行きましょう。」

連れて行ってもらった店は、地元のなんでもあるお店「松栄庵」だった。
住所はふじみ野市に入ったところになる。
DSC01258_R.jpgDSC01251_R.jpg 

お品書きの料理の範囲は広い。うどん・そば、丼ぶり、ラーメンをはじめ、酒のつまみも充実している。
では、初めてのお店での飯は、本日のランチから「肉汁せいろ720円」をうどんでいただくことにした。

うどんは、いわゆる「武蔵野うどん」といわれる腰が強く硬いタイプではない。普通の蕎麦屋の普通の軟らかめのうどんだ。そうだ!「松栄庵」は地元のお客さんが来る普通の蕎麦屋なのだ。

DSC01257_R.jpg 

肉汁はたっぷりの量がある。
うどんを1枚食べ終わっても、まだたくさんの具が残っている。大もりをたべても十分な量だ。
量は多いが、肉汁は美味いので、そのまま食べ続けることになった。
たっぷりの肉とネギを口にほおばる。

地元の人が連れて行ってくれた店は、普段使いのおいしい店だった。
ありがとう。
次はもっと腹を減らしてきて、ランチのセットものにチャレンジしよう。

2014年8月12日ランチタイムの訪問

食べログの記事はこちらから。

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する