プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
府中 地元納豆「登喜和」(初)
 DSC01321_R.jpg

スーパーの納豆売場を見ると、どこもかしこも同じで全くつまらない。
納豆というものは、日常品で値段が安い方がいいのだが、値段が安いものだけでは困る。
それなのに大手スーパーをはじめ、地域のスーパーまで 大手メーカー品と自社ブランドの品を大々的に売っている。

我が家にとって納豆とは、日常品であるとともに、嗜好品でもある。おいしい納豆はどこにあるのか?
八王子の小堀さんの納豆は美味しい。他にもおいしい納豆はないか?
探していたら、ある高級といわれるスーパーに「登喜和」なるパッケージをみつけた。場所は府中の東芝の近くだ。

行ってみるしかない。
実際に車で行くと、東八道路のスーパーサミットのの後ろ側にあたる。
工場に併設された直売店で買ってきた。 


店頭のショーケースの中には、スーパーで見たことがないような種類の納豆がたくさん並んでいた。
納豆以外にも「てんぺ」というものがある。

いろいろ見定めて (↓のページに続く)、結局は普通の納豆を買ったのだ。

納豆DSC01326_R  納豆DSC01327_R   

一番ポピュラーなのは、左上のオレンジ色だ。値段は150~160円だっただろうか。
次は好みで 大粒だ。こちらは40g入りが2パックだ。
納豆DSC01319_R 納豆DSC01318_R

その他、わけあり材料が続く。
国産の大豆にこだわり生産者にこだわり、パッケージまでこだわっている。

DSC01266_R.jpg 

オレンジ色のパッケージを開けると、しっかりしている納豆が出てきた。
豆が硬い。味が濃い。
スーパーで売っているフニャフニャなメーカー品とは大変な違いだ。
ご飯のお供によいのは当然。冷酒のつまみにも最適だ。

ところで、この店の二階には蕎麦屋がある。残念ながら水曜日は定休日だ。
私のブログ読者は蕎麦好きが多いらしい。
きっと行って、感想を教えてくれることだろう。

DSC01324_R.jpg 

2014年8月20日(水)の訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。 
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved. 


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する