FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島「手打ち蕎麦 あらい」カレー蕎麦に光を見た。

昭島のゴルフ場の近くに「手打ち蕎麦 あらい」がある。
大きな店で駐車場も完備してあって、入りやすいはずなのだが、
2010年に1度訪問して以来ご無沙汰してしまった。

その時の印象は薄く、自分の頭の中では「普通の蕎麦屋」さんのポジションになっていた。
今日も「親子丼とかけそばのセット」にしようと中に入ったのだ。
141230昭島あらい_R000
141230昭島あらい_R004 141230昭島あらい_R003
窓際のテーブルに座り定食のメニューを見ると
「うっ 高い。」
安い牛丼とのセットでも1350円する。
会社員の昼飯には少し贅沢すぎると、通常メニューを開くと
141230昭島あらい_R002 
1000円以下の料理が少ない。
本格的な手打ち蕎麦屋なのだと気が付いたのだった。
店の入り口にある打ち場は伊達ではないということだ。

しばし考えて、私が好きな
温かいカレー蕎麦950円を注文した。

141230昭島あらい_R005 
運ばれてきたお盆に乗っているのは
何の変哲もないカレー蕎麦だ。
汁をすすっても 「普通」
これで950円かぁと、おじさんはがっかりだが・・・
141230昭島あらい_R007 
 
しかし、蕎麦は別物だ。
明らかな手打ち蕎麦。太めで平たい。
いわゆる田舎蕎麦の分類に入れる店もあるだろう。
カレーの汁にまみれても、蕎麦の風味を出している。

汁の中をじっと見ると
141230昭島あらい_R010

蕎麦の存在感が強い。

私は注文を失敗したのだ。
この蕎麦はカレーで食べてはいけない。
141230昭島あらい_R001 

温かい蕎麦では、けんちんが良いのではないか?
また来よう。と、思うが
頻繁に来るならば、1000円以下でお腹がいっぱいになってほしいと。
会社員のおじさんは思ってしまうのだ。

141230昭島あらい_R011 

2014年12月30日 昼の訪問

食べログの情報はこちらから
「つれづれ蕎麦」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved. 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1501-87fd3f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)