プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
北本市 手打ちそば「あら井」鴨汁
150107北本あらい_R000 
北本市高尾の住宅地の中に、禅味のあら井がある。
蕎麦屋で「禅味」というと 禅味会のことで(
http://www.zenmisoba.com/
足利一茶庵や市川一茶庵の流れを引いている。

北本付近ではすゞ木や鴻巣の馬力屋も仲間で
鴨が美味しい、田舎蕎麦風の太い蕎麦があり
そして各店独自性を出して頑張っている。共通点がある。

150107北本あらい_R004 150107北本あらい_R003

「あら井」は田舎の親戚の広い家で親戚全員が集まって、
蕎麦打ち名人の母さんの
おいしくて贅沢な鴨汁蕎麦をふるまってくれるような場所になっている。

その鴨汁蕎麦は850円で注文しやすい値段で嬉しい。
150107北本あらい_R005 
小さな御飯は1月2月の月火水のサービスで木金は炊き込みご飯が付くらしい。

先ず汁を見る。
ストレートっぽい汁に鴨の出汁が強く出ている。
鴨の脂を加えて味を調えることはしていないようだ。
鴨肉自体の量は2~3切れで少ないが850円だから値段相応か。
150107北本あらい_R007 150107北本あらい_R008
蕎麦は田舎風の香りが強く、旨い。
量はたっぷりあるから、小ごはんを食べると腹いっぱいになる。
150107北本あらい_R009 
150107北本あらい_R011

頃合いを見計らって、蕎麦湯が出された。
蕎麦湯の色はお湯に近い。
今日はお湯に粉があまり落ちていないと見える。

大きな器にあまった汁に蕎麦湯を入れて
飲み干すと気持ちはすっかりくつろいだ。

さぁ、午後の仕事も頑張っていくぞ!

2015年1月7日の訪問

食べログの情報はこちらから
以前の訪問記事はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved. 


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1505-130ac363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)