プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
川崎市多摩区「廣田豆腐店」
 川崎街道を登戸から稲城方向に走っていると、左手に「もめん」の文字が見えた。
デイリーマートと書いてある。 前から惣菜屋かと思っていたが、どうも豆腐屋のようだ。
では、豆腐好きとしては入らなければならない。
  150115横浜MR_R023 150115横浜MR_R024
150115横浜MR_R029 
値段は普通だ。
価格が高くなる分けありの国産の豆を使った豆腐の品ぞろえはないようだ。
表記を見ると「丸大豆」となっている。
150115横浜MR_R025 150115横浜MR_R030
売り場のショーケースに商品が無くなっていても、
木綿豆腐は?と聞くと
はい、切りますよと奥に入ってシンクから取り出してくれる。

昔からあったどこにでもあった普通の豆腐屋さんだ。
「この値段ならアリ」
素朴ながら輪郭がしっかりとしていて大豆の味が残っている。ア
国産の大豆を使っていても、ラベルの表記は「丸大豆」としている店も多い。
万が一国産の豆を使えなかった時の保険らしいのだが、ひょっとして廣田屋もそうかもしれない。

ところで、働いている方はまだ若いので、まだまだ伸びしろがありそうだ。
これからも前の道を通るたびに寄ってみようと思う。

ブログを書くためネットで住所を検索したら、廣田豆腐店は中野島で豆でんというおでん屋をやっている。
地元で非常に愛されている様子だ。ますます興味が湧いてきた。

P.S がんもをおでんに入れたらとても旨かった。

住所:川崎市多摩区菅北浦2-1-3
電話:044-944-2258

2015年1月15日の訪問

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1514-003c4a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)