プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
鴻巣手打ち蕎麦「さいや」
 鴻巣は美味しい蕎麦・うどんを食べられる店が多く、どこにいこうか悩んでしまう。
いつもは道路に面して駐車場が広い「馬力屋」に入る機会が多いが、
鴻巣高校近くの路地の住宅地にある「さいや」「いちい」の蕎麦も美味しいのだ。

今日は「さいや」を訪れた。

150202こうのすささい_R000150202こうのすささい_R018

さいやは木が美しい内装だ。
表の光を柔らかく取り込み、木の床が照り返している。
だが、木の床は冬場の冷たさが気になる。
また、ひざや腰が弱ってきた私にはあまり好ましくない。

さて、注文は「さいや御前1230円」にしていろいろ楽しむことにした。
連れは「つみれ南蛮そば970円」にした。

150202こうのすささい_R001 150202こうのすささい_R002
150202こうのすささい_R005 
「さいや御前」は蕎麦サラダ、にしん煮つけ、そばようかん、漬物が付いている。
汁は強烈な出汁の香りで満ちている。
凝縮されたうまみ成分がぷんぷん立ち上がっている。
甘みも強い。
150202こうのすささい_R006 
蕎麦は田舎で注文した。
太さは通常の蕎麦と変わりなく細い。
口に入れると蕎麦の甘さや旨さが溢れてくる。

だが、強烈な汁では、汁が勝ってしまい残念だ。
バランスは本当に難しいものなんだと認識させられた。

 150202こうのすささい_R012 150202こうのすささい_R013

そして連れのつくね南蛮蕎麦は美しくおいしい。
ほんの少し分けてもらった つくね、ねぎは美味く
これは名物だ。


150202こうのすささい_R011

食べ終わって、行儀悪く足を延ばして
お品書きを見直すと夜の「そば会席」が目についた。

すごく安くないか?
少しアルコールを飲んでも3000円強ではないか。
本当に鴻巣は蕎麦好きには天国のようだ。

150202こうのすささい_R004 

2014年2月2日の訪問

食べログの情報はこちらから

つれづれ蕎麦の記事はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 
Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1539-3a1350eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)