プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川「錦寿司」立川パスポートで上寿司1000円
私にとって寿司屋とは住んでいるところの近くにある身近なご馳走だ。
「住んでいるところに近い」と、ご馳走なので頻度が少ないところから
訪れる店は数えるほどしかないのだ。

書店で買った「立川パスポート」に寿司屋が出ていた。
「錦寿司」の上寿司が半額の1000円で食べられる企画だ。

錦寿司はどこにあるのか
どんな寿司屋なのか

立川付近に30年も住んでいるが名前も場所も知らなかった。
150306立川錦寿司_R000 
ナビを使って細い道に入り、コインパーキングにとめ、歩きながら探す。
想定外に小さくて古い(失礼 歴史ある)店だ。
「立川パスポート」によれば昭和42年から営業している老舗で
今は2代目が寿司を握っているそうだ。

表にメニュー表がなく、一見には大変入りずらい。
150306立川錦寿司_R011 

表の古臭さと比べて、中は普通の(失礼)内装になっている。
こじんまりとしたつくりでカウンターで6人。テーブル席が少しだ。奥に座敷があるのだろう。
大将に「立川パスポート」を見せて「使ってもいいですか」と恐る恐る尋ねると、
「はい」と握り始めた。
150306立川錦寿司_R005 
カウンターの上にまな板が置かれ、鉄火巻が1本を3つに切って出された。
次にマグロが2貫だ。中トロを見て
「半額だからネタを落として」いないことがわかる。
蒸しエビ、いかが乗せられる。

「錦寿司」は握りが大き目で、昼食としてもありがたい。
「ホタテとイクラが加わって、これで最後です」と玉子焼きだ。
150306立川錦寿司_R007 150306立川錦寿司_R009
この玉子焼きはパワーがある。大きくて
「玉子焼きを食べた」という記憶が最後に残った。

「すみません、1000円でいいのですか」と会計時に声をかけると
「はい、ありがとうございます」と気持ちが良い。
市役所が移転してお客さんが減ったので、今回(立川パスポートに)参加しました。という。

ネタもよい。接客もよい。
皆が知ればお客さんの数も増えるだろう。リピーターも増えるだろう。

一見さんの為に表にメニュー表があればさらにいいのではないかと思う。

さて、ネタケースにある「小肌」が気になって仕方がなかった。
「並みには、小肌と蛸と入りますよ。玉子は薄くなります」
150306立川錦寿司_R012 

手軽なランチメニューがあれば、通いたい店だ。
知ることができてよかった。

2015年3月6日 ランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1578-080a4b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)