プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
川崎市多摩区「立食そば・うどん 角あき」
府中川崎街道の多摩川から向こうの川崎方面に向かう道には、
昔からラーメン屋や立ち食い蕎麦屋がたくさんあった覚えがあった。

今でもラーメン屋は沢山あるが、大手の外食チェーンの出店に押されたのか
立ち食い蕎麦屋は数軒まで減ってしまっている。
今行かなければ、将来もっと減ってしまうのではないか。

今日の川崎は急に大粒の雨が降ったり、突風が吹いたり一部では霰が降ったりする不安定な天候だ。爆弾低気圧が来ている中、「立ち食い蕎麦屋 角あき」に訪問した。
150310川崎角あき_R000

店は昭和58年から営業している。(川崎市多摩区菅北浦1-6-4)
強い風が吹くと窓がガタガタとなる。トラックが通ると、揺れる。
立ち席数人用の小さな店に、歳とった親父さんと少し若い女性の二人で
接客している。
150310川崎角あき_R008 
注文は天ぷら・玉子で蕎麦だ。値段は390円。
腹が減っていればカウンターの上におにぎりがあるので追加すればよい。
150310川崎角あき_R003 
立ち食い蕎麦と馬鹿にするなかれ。
天ぷらは薄くて小さい。玉子も小さなMSの玉だ。
だが、蕎麦はちゃんと蕎麦の味がする。
150310川崎角あき_R005 
ざらざらした表面に蕎麦の味がちゃんとして、
嬉しい意外性だ。

昭和を感じるなぁ。

「角あき」には3台の駐車場がある。川崎街道では貴重な存在だ。
小腹が減った時には便利な店だな。

2015年3月10日の訪問

食べログの情報はこちらから

ブログ「はくぶん室分室」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1582-526c787b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)