プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川「奈美喜庵」立川パスポートで鴨カレーそば
 立川曙町にある「奈美喜庵」は昔からある蕎麦屋だ。
ずいぶん前、古い建物だったころに1度訪れた記憶があるが
何を食べたか、どんな味だったか、全く覚えがない。

表から見る建物は 蕎麦専門店の風格があり「高い店」だと思っていた。

2015年3月に買った「立川パスポート」をめくっていると
鴨カレーそば1160円が580円で載っていた。
当然、訪問するだろう。

150314立川蕎麦屋_R000150314立川蕎麦屋_R004

表にはめ込まれたガラスウインドーの中には
挨拶文と立て直し前の写真がある。
蕎麦の値段がせいろで500円?
安い店ではないか。

それより せいろが500円でカレー蕎麦が1160円という価格ギャップに興味がわいた。

150314立川蕎麦屋_R002 
席に立ててある定食のお品書きは更にお値打ちだ。 
近くで働いている会社員を客層として取り込んでいるのだろう。
気持ちが若干揺らぐが、やはり「鴨カレーそば」を注文することにした。150314立川蕎麦屋_R003

運ばれてきた年季の入ったお盆にはカレー蕎麦がある。
見た目に美しさが足らなく見えるのは、汁を張った後に
ネギや蒲鉾を散らしていないからだ。

150314立川蕎麦屋_R005 
「立川パスポート」の情報によれば
国産鴨のモモ肉を使用し、とろみをつけるのに片栗粉ではなく、
鴨の脂で炒めたうどん粉を使っている。
そうだ。細かいことはわからないが、確かにカレーの味は良い。

150314立川蕎麦屋_R007 
改めてお品書きを見ても、せいろ500円と天ぷらや鴨カレーとの値段差に驚く。
やはり「そば定食」や「もつ煮定食」を食べてみないと
この店の良さは分からないかもしれない。

2015年3月14日 昼の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1583-2c3591bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)