プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国分寺うどん「のらや」ランチ
150713国分寺のらや_R006 
梅雨の間の夏日だ。台風が南から暖かい風を送ってくるものだから
東京の気温は34.2℃になった。
昼間にぶっかけのうどんを食べたくなるのは当然だ。


国分寺五日市街道沿いにある古民家風うどん屋「のらや」に訪問した。
150713国分寺のらや_R001 
「のらや」には以前来たことがある。が、どんな料理だったか
すっかり記憶がない。
確か、チェーン店だったと記憶しているが、
それ以上の記憶は薄くて平べったくなっている。
150713国分寺のらや_R004 
テーブルに腰を掛け、注文はランチメニューから
ぶっかけうどんA御飯セット680円(税抜)で古代米のおにぎりにした。

150713国分寺のらや_R005 
猫のデザインの急須、コップを楽しんでいると
うどん大盛り無料サービスのランチがやってきた。
ちなみに普通盛りは250g、大盛りは300g強らしいから
男性客は皆大盛りを頼んでいる。
150713国分寺のらや_R003 
うどんは硬めの讃岐風と見受けた。
いつも食べている丸亀製麺の高級店のうどんだ。
小麦粉の香りがしないことが関東の武蔵野うどんの名店と異なるが
なかなかの出来なのだ。
汁は? これは特徴がない。
全体感として良くできている。
古代米のおにぎりは、温かく嬉しいが・・・食べ始めるとレンジで温めたような
チェーン店ならではの作り置きのような味がしてくる。

落ち着いた席で食事できることから、CPは高いと思う。

150713国分寺のらや_R002 
「のらや」には楽しい猫の器がたくさん売られている。
猫好きの方に特におすすめしたい。

2015年7月13日ランチの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved. 




 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1669-4893f697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)