プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
大泉学園和菓子「大吾」爾比久良(にいくら)を食べる
150728大泉大吾_R000

大泉学園から新座に向かう道に、和菓子の名店「大吾」がある。
本店以外では高島屋や伊勢丹で催事として見るくらいしかない、
露出が少ない名店だ。

駐車場は店の道路の反対側と手前の住宅地に入ったところにあるが、
初めての人は見つけづらい。

150728大泉大吾_R001 
大吾を名店にしているのは
「爾比久良(にいくら)」だ。
値段はバラ1つ480円。
たいそう大きな栗が発泡のメレンゲのようながわに包まれている。

150728大泉大吾_R004 
一口食べると、口の中が乾いてくる。
栗を食べると、大きすぎて口からあふれる。
四分の1程食べただけで、お腹がいっぱいになる。
口直しに抹茶がほしくなる。

150728大泉大吾_R003 
「大吾」には爾比久良(にいくら)以外にも美味しい和菓子がたくさんある。
生和菓子は完成度が高く人気がある。
特徴は「さらしあん」の品の良さだ。
茶会にうってつけの和菓子と見受けた。

2015年7月28日の訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから
 
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved. 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1684-8aaa436e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)