プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川駅南口「味工房」600円ランチ
150811立川味工房_R000 
立川駅南口、グランデュオ の少し先にある
「居酒屋 味工房」の600円のランチを食べることになった。
「立川名物 ろくまるらんち」から 同僚は
ステーキランチ、鶏のから揚げを選び、私は焼き魚(ほっけ)を選んだ。
150811立川味工房_R004 
店の中は、いわゆる大衆居酒屋で、相席は当然、1人客はカウンターに案内される。
会社員でほぼ満員で「おじさんの店」なのだ。
夜と客層が変わらないということだ。
150811立川味工房_R003 
ステーキは100g以上ありそうだ。
肩ロースか?硬そうであるが人気の一品らしい。
150811立川味工房_R002 
鶏のから揚げは、これでもか!とあり 若い男性も納得する量だ。
味もよく「餃子のサンクミ」のランチに十分対抗できる。
文句なしにおすすめの品だ。
150811立川味工房_R001 
居酒屋が得意のはずの「焼き魚」は、残念。
魚体が小さくしかも焼き過ぎ。
近年ほっけは不良で値段が上がっているそうだが、こんなところにも影響があるのだろう。
いっそのこと、鯵の干物かトラウトサーモンの粕漬けでもいいのかもしれない。

ちなみに本日のシーフードはサーモンフライで、見た目だと大きくて旨そうに見えた。

やっぱり原価が低い材料を使った料理の方が旨そうだ。
また鶏肉か豚肉の方がパワーがある。
また、隣の席の丼は御飯がたくさん入っているから、
女性客は「御飯少な目」がポイントとなる。

居酒屋の昼営業のランチは激戦だ。
味工房は十分に勝者になっていると思われた。

2015年8月11日のランチ

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved. 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1691-a2d19be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)