プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
亀有 1000円の散髪屋
image1_R.jpg

私がいつも行っている散髪屋は、御多分にもれずご夫婦が歳をとり
朝10時から夕方5時までしかやらなくなっている。体調が悪いとすぐに休んでしまう。孫が来ると営業時間は不安定だ。
そして、当然この盆は休みになっている。個人経営は好きな時に休めて気楽なものだと思いつつも、
逆にこれが個人経営のいいところではないか。

駅前やショッピングセンターに入っている最近流行りの安い散髪屋は、カットをしてもらったのはいいが
あまりの雑さで2週間経つとあちこちから髪の毛が飛び出た経験を持ち、二度と行かなくなる人も多いだろう。
私もそうだった。失敗した記憶が薄れたころ再び試して、また、失敗するのも同じことだろう。

ところが、中には比較的良心的な安いカットだけの散髪屋がある。
ここ、葛飾区亀有駅から南に10分少々、UR賃貸を過ぎてファミリーマートの近くに
1000円でやってくれる散髪屋もそのなかの1つだ。
 

「実は今年父親が亡くなって少し早めに定休日と1日の休みで田舎に帰ってきました」と髪を切りながら話しだした。
「新盆ならば、(個人でやっているのだから)休んでも良かったのではないか」と聞くと
「いえ、待ってくれているお客さんもいるし、休めないのです。」と答える。

1000円カットの散髪屋だ。
大してお客さんも期待していないし
自分の好きなように休めばいいのではないか。
髪の毛を洗う設備はないし、ひげも剃らない。タオルにも意見をいいたくなる。
だから上から目線で「1000円だから仕方がない」といい、勝手に休んでも構わないだろうと思っていた。

「いえ、駅前の何人も職人を雇っているところと違って、ここは私1人だし、せっかく来ていただいても開いてないと申しわけないですから」
「たかが1000円カット」の散髪屋はリピート客を大切に思っている。
ハッとさせられた。それこそ商売の基本であるはずだ。値段が安ければ雑でも構わないということはない。
その中で精いっぱい頑張ることがおなじみさんに来続けてもらえることであり、新しいお客さんが増えていくことなんだろう

2015年8月14日 亀有の散髪屋さんにて



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1695-3b8dc9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)