プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
武蔵村山「笑乃讃」かけうどん
年末は何かと忙しい。買い物をするのは一か所で済ませたい。
皆が思うことだが、なかなかそういかない。

例年にまして
今年の晦日にこの春に嫁に行った娘が婿殿を連れて帰ってくる。
ふとんや暖房器具を買い増したり、掃除用品を買わなければならない。
いちいち家電店やホームセンターを回るのは面倒だ。
一気に買おうとすると、総合小売業のイオンに行くのがタイムセービングだ。
専門店に行った方が品揃えが良かったり、値段が安かったりするかもしれないが
今日に限ってはタイムイズマネーなのだ。
買物をしたらすぐ目の前の美味しい「手打ちうどん 笑乃讃」で昼飯にしよう。

先日連れて行った妻が気に入った店だからだ。
私的には、もう少し先の「満月うどん」の女将さんのにこやかな笑顔が見たい気持ちが強いが
妻が喜んで食べるのであれば、家庭平和の為に必要なことなのだ。
DSC00143_R.jpg 
DSC00144_R.jpg
妻が選んだのは、肉うどん730円。
私はシンプルにかけ530円にした。
そして天ぷらはちくわとかしわを1つづつだ。
DSC00145_R.jpg DSC00146_R.jpg
サービスのいりこの天ぷらを食べつつ、注文した天ぷらを食べると
うどんが運ばれてきた。
DSC00149_R.jpg 
かけうどんが美しい。
うどんの仕上がりの良さと青物の彩のアクセントで
旨いかけうどんが出来上がる。
汁は関西風?武蔵野風?か 微妙だ。
上品な風味が漂っているのは、いりこのおかげなのか?

妻が食べる肉うどんだ。
笑乃讃の肉は、ラーメン店のあぶりチャーシュー肉に近い感触がある。
DSC00150_R.jpg 
豪華で贅沢なうどんである。
一切れ肉をもらって食べる。
分厚い肉を食べてスタミナが付いた気になった。
DSC00153_R.jpg 
さぁ、帰ったら大掃除の続きがある。

老夫婦二人では、時間が間に合いそうもないので
弱音が出始めたが、
もう少し頑張ってみよう。

2015年12月28日 昼の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2015  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1792-63043bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)