FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
北本「阿き津」で つけ鴨そば(番外編)

12月23日(火) 天気予報では「とても寒くなる」はずだったのですが、暖かな太陽が出ています。風も少なく穏やかな日です。こんな日は、南に向いた部屋で 悠々とお蕎麦を食べたくなるものです。 ちょうどお昼時は鴻巣にいました。ちょっと荒川方面に、足を伸ばせばおいしいお蕎麦を食べさせてくれるお店があります。お気に入りのお蕎麦屋さんに年内のご挨拶を兼ねて行ってきました。



北本市 手打蕎麦「阿き津」



Dscf5194



Dscf5197















 「阿き津」は わかり辛い場所にあります。鴻巣方面から北本に旧中仙道を上っていきます。マミーマートがある深井2丁目の交差点を 荒川方向(右)に57号線をすすみます。10分走ると高尾2丁目の交差点です。57号線は左側に曲がっていきますが、そのまま 細くなる道を直進します。ちょっと 行くと 道は さらに狭くなります。不安な気持ちが、車のスピードを落とさせていきます。荒川に下っていく道に「阿き津」があります。



Dscf5202Dscf5199 

















 休日の「阿き津」は初めてです。新しく出来ている駐車場は車でいっぱいです。 混んでいます



 休日は、遠くからお蕎麦好きが集まるそうです。(私は、平日。 しかも雨の日とか   ) 混んでいる日に来たことがありません(笑)。 すべての部屋にお客さんが入っています。料理はご主人1人のようだし、奥様は接客にてんてこ舞いのようです。席に案内されるまで 少し待たなくてはなりませんでした。



Dscf5201 Dscf5200_2 Dscf5203











席について、メニューを見ます。「つけ鴨」が美味かった、「おしぼり」は最高だったと、思い出しました。どれもこれも食べたいですが、本日は1人での訪問です。複数を試すことが出来ません。


奥様、今日は何が美味いですか? 「それが、今年の幌加内お蕎麦は硬くておいしくないのです。北本産も駄目なのです。 」 お蕎麦がおいしくない?? そんなこと あっけらかんと言ってもいいのでしょうか? 「でも この中では やっぱり鴨かしら!」



料理を待つ間、日向で蕎麦茶を飲みながらくつろぎます。冬の暖かな日が室内に入ってきます。木の葉が揺れて 木洩れ陽になって 影の位置が変わりますDscf5205Dscf5206_2

















今日はお客さんでとても混んでいる日です。しばらく待っても料理は出てきません。痺れをきらした先客がいらいらしています。何しろ従業員2人のお店です。待つのがいやなら平日にいらっしゃいな    



 さて、「阿き津」の蕎麦は外一です。たおやかなで香りが高い美味い蕎麦を食べさせてくれるお店です。1つまみ 口に入れました。美味いです。さすがは名店です。が、お蕎麦は香りが立ってきません。 もし「阿き津」が 普通のお店だったら「おいしいです」と書いたでしょうが、私の中では 特別なお店(お気に入りのお店)です。これでは北本まで来る理由がなくなってしまいます。なるほど 奥様のおっしゃるとおりでした。Dscf5207Dscf5208



 













つけ鴨は 脂が細かく浮いた汁に 大きな切り身がいくつも入っています。肉を食べた!という気分になります。 そうだ   蕎麦を汁につけたら うんと美味くなるかもしれません! お蕎麦と汁のバランスが非常に良いと、蕎麦が生き返ることがあります。鴨汁や田舎汁など脂っけがある蕎麦には、特にその傾向があります。 食べて  やはり 阿き津の料理はとてもおいしいですね。Dscf5212_2Dscf5214_3



後から来たお客さんは、地元のなじみの方らしく、「おまかせ」(メニューに載っていない)を頼んでいます。お昼はいくらでどんな料理が出てくるんでしょうか?今度 予約をして 伺ってみましょう。  その「おまかせ」のおすそ分けです。焼き味噌ですね。「どこのお蕎麦屋さんでも お酒の肴に出しますけど・・・・」と、奥様がおっしゃいます。 しかし、「阿き津」の焼き味噌は 極めて美味いのです。なぜこんなに美味いんだろう。そうだ!! 味噌が美味いのだ。思い出しました。信州のお味噌ですね。私も蕎麦の実をもらって作ってみましょうか。 作り方はこちらを参考にします。⇒Dscf5211 http://slowaging-soba.b.bv-bb.net/200710/article_4.html  いいえ、ご主人に分けてもらった方が 美味いに違いありません(笑)



確かに「つけ鴨」は美味かった。でも私は 「おしぼり辛味大根の絞り汁と信州味噌」の方が好きだということがわかりました。やっぱり 味噌が美味いんですよ~。





冬12月、木洩れ陽が揺れる荒川のほとりにて



阿き津



北本市高尾6-248



電話  048-593-3395  定休日 木曜・第三水曜 



営業時間・予約についてはHPをご案内させていただきます。





    http://www.kitamoto.net/tko/akitu/index_1.htm



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/18-a73039e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)