プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島市地元のベーカリー「肥田(ひだ)」
昭島の友人に話を聞くと
東中神のベーカリー「肥田」のパンが旨いという。
ずいぶん前に訪問した時にはあまり感激は無かったが
作り手が変わったのか、それとも私の好みが変わってきたのか?
確かめたくなり訪問した。
 DSC01907_R.jpg 
今年の正月は暖冬だ。スキー場から苦悩のニュースを聞いている。
ここ昭島も午前中から日差しが強く コントラストの強い写真が出来上がった。
DSC01904_R.jpg 
店内には木製台にガラスをはめた古びた陳列ケースにがある。
綺麗に磨かれた古い陳列ケースの中には
美味しそうに焼けたコッペパンをベースにしたようなパンが並ぶ。
今時の「全粒粉」とか「酵母」とか「フランスパン生地」とかに距離があるパンだ。
DSC01906_R.jpg 
昔ながらの普通のパンに
パン生地自体の工夫を重ね、小麦の美味しさが味わえるようになっている。
どのパンも目を引く華やかさがないが
なんだかしみじみと美味しい。
DSC01910_R.jpg DSC01913_R.jpg
「息子が帰ってきて店を継いでくれたんですよ。」
話しながら接客するご婦人の語り口調に親しみを感じる。

なるほど、昭島の友人の言うとおりの店だ。
肥田のパンで育った子供たちは、大人になると自分の子供を連れてくるだろう。
地域の大事な店なのだ。

2016年1月9日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:手造り!パン・ケーキ・スイーツ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1801-681fc4c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)