プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子北野「山本鮮魚店」美味しい富山の魚が手に入る
160117山本鮮魚店店_R000

多摩地区で美味しい魚を買うとしたらどこで買おう。
我が家では日野の角上に行くことが多い。
理由は魚種が豊富で値段が手ごろ。
魚をさばいてくれるので手間がかからない。からだ。
ただし、目が利かないといつも鮮度ビンビンなものを買い続けることは難しい。

最近では北野野猿街道にある「山本鮮魚店」がお気に入りだ。
なんとなく入りづらい店構えに、「高いものを売りつけられそう」と
思われがちだが、全くそんなことはない。かえって逆に安いものが沢山転がっている。
160117山本鮮魚店_R003 
刺身を少し買っていこう。
ネタは「マトウダイ」か「うまづら」がよさそうだ。
奥で特注の刺身盛り合わせを作っている店長に聞くと
「マトウダイは高級魚なので100gあたりは高い。うまづらは肝が入っているので
今日はこちらがおすすめ」
安くて旨いものをすすめてくれるのが山本鮮魚店の良心だ。
160117山本鮮魚店_R001 
冷蔵ケースは店に入って右側と奥にある。
右側のケースには煮魚用や焼きや雑魚(小さな魚)が多い。
定置網にかかる魚だからいろんな魚があるそうだ。
また、奥のケースと右のケースに同じ魚種がある場合は右の方が安めになっている。
「この魚は 昨日の入荷ですから」と目が利かない私に教えてくれる。

では、塩焼き用に小鯛200円とカイワリ50円を何枚か求め
家内が欲しそうに見ているするめいか360円で刺身にしてもらった。
160117山本鮮魚店_R004 
他にも生きている本ズワイが1杯2000円であるが、次回に見送ろう。

家に帰って日本酒を燗につけ
うまづらとイカの刺身を食べる。  旨い。
出張してときに食べた地元の魚を食べているようだ。

カイワリ50円も脂があって旨い。
強めに塩を振って焼くのがよろしい。
160117山本鮮魚店_R000 
小鯛は鯛やきより少し大きい程度。
小骨が多い魚だが、身離れが良い。香りが良い。そして何よりも皮が旨いのだ。

魚をさばいてもらっている間にも
店には予約のお客さんが何人もやってきては刺身の盛り合わせを買っていく。
刺身はお任せらしく、店長が一品づつ説明をしている。
3000円の盛り合わせを横から覗くと、白身が中心の構成で、
まぐろの赤みは入っていない。(当たり前か)
魚屋の盛り付けだから見栄えが良くなが、魚種は豊富、旨そうに見える。

嫁に行った娘が戻ってきたときには
山本鮮魚店の刺身の盛り合わせを食べさせてやろう。
彼も魚は大好きだといっているから、奮発してやろうと夫婦二人でニヤニヤしている。

2016年1月17日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

住所:東京都八王子市絹ヶ丘2-2-17
電話:042-637-1460

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved




















テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1807-2ba06a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)