プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立「手打ちそば志奈乃」寒い日はカレー南蛮うどん
 道路の端に集められた先日降った雪が解ける前に
今晩、今年一番の寒気が南岸低気圧とともに日本列島を覆うとニュース。
寒いので志奈乃で温まろうと、今年初めての訪問をした。160123国立志なの_R000
間もなく午後二時になろうというのに、駐車場は満車(4台分)だ。
やっと空いて店内に入れば、
グループ客が2組、子供を連れた家族連れ客が2組、4人掛けテーブルもほぼ埋まっている。
私の注文はすでに決まっている。カレー南蛮うどんだ。
家内は「絶対カレー南蛮は蕎麦」だと主張するが、私はうどんが好き。
160123国立志なの_R001 160123国立志なの_R002 
あつあつのカレー南蛮850円が運ばれてくる。
ながねぎスライスは別もりだ。
カレーには玉ねぎ、大き目の豚肉、なるとが具に入っている。
160123国立志なの_R005 160123国立志なの_R008160123国立志なの_R009 
うどんがしっかりしていて熱いカレーの中で腰が残っている。
カレーは自家製と聞いたことがある。さっぱりとしているのに香辛料が利いている
どこかのメーカーのカレー粉をベースにして工夫しているんだろうと思われる。

そんなこんなの内に家内のおじやうどん1000円が出てきた。
160123国立志なの_R012 
出汁が効いていて旨い。
熱々でうどんはカレー南蛮より柔らかくなっている、が腰は残っている。

志奈乃は美味しいものが、量があって、値段はそこそこだから人気があるのは当然だ。

まもなく志奈乃の天ぷらは山菜の時期だ。
春の天ぷらを食べて蕎麦を食べる。まもなく蕎麦が旨い季節がやってくる。

PS 志奈乃は地元では絶対的人気店だが(出前をやっている店)、
わざわざ遠くから来る店ではないことを追記する。

2016年1月23日の訪問

以前の訪問記事

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「つれづれ蕎麦」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1809-d3324445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)