プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
日野 手打ちうどん「どんたく」ランチ
立川方面から甲州街道の日野橋を超えていくと
ファミリーマートの手前に「手打うどん・そば どんたく」がある。
ずーっと前に訪問したが、記憶が全くない。
当時は特別な感想をもたなかったのだろう。
160209日野どんたく_R000 
しかし、年齢を重ねていくうちに味覚について変わっていることがわかってきた。
改めて訪問することにした。

店は狭い。テーブルで10人、カウンターで5人。
ほぼ満員で、カウンターの端に隙間を見つけてお品書きをみた。
160209日野どんたく_R001 
今一つピンとこない。
そうだ、表にでていたランチにしよう。

A、牛たぬき丼とうどん850円を選んだ。
160209日野どんたく_R002 
運ばれてきたお盆の丼は、牛たぬき丼は十分な一人前の量だ、
それにうどんがつくから、量的には若い人でも満足がいくだろう。
160209日野どんたく_R003 
牛たぬき丼とは、牛丼風の薄い肉が天かすと一緒になって
玉子で閉じられているものだ。
この玉子への熱のかけ方が絶妙だ。
とろとろで旨い!
160209日野どんたく_R006 
うどんは 博多うどんだと思う。
同じ小麦粉を使って打つうどんも「武蔵野」「讃岐」「博多」などいろいろあるが
どこが区分の基準なんだろう。
麺の腰の強さ?熟成の仕方?それともないのか?
出しで区別しているのかと透き通った汁を飲む。
いりこ・こんぶ・しいたけなど使っているらしく、すっきりとした中にも
美味しさが充満している。

いやぁ、以前来たときには特別な感想を持たなかったが
今の歳になって美味しさやお腹の満腹感から
とてもいい店に思われてきた。
160209日野どんたく_R005 
テーブルの上にあった小鉢を開けると昆布があった。
お茶請けのように少し食べて、店を後にする。
160209日野どんたく_R004  

2016年2月9日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1821-89c22239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)