プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昼飯難民に「上石神井 ぎょうざの満州」開いててよかった
160225石神井ぎょうざの満州_R000 
午前の仕事が伸びて、昼飯にありついたのは4時前だった。
一般の飲食店はすべて昼休みに入っており、
頼りにしたのは「ぎょうざの満州」だった。

多摩地区に住む者にとって「満州ぎょうざ」と言えば満北亭(通称まんぎょ)を意味することが多いが、
最近チエーン展開している「ぎょうざの満州」は全くの別会社だ。
160225石神井ぎょうざの満州_R001 
広い店内をアルバイトでまわしている店のようだ。
メニュー表を見ると・・・・・安い。
満州餃子と餃子で600円程度だ。日高屋や幸楽苑と勝負できるほどだ。
メニューのトップに配置されている満州ラーメンと餃子のセット注文することにした。
160225石神井ぎょうざの満州_R002 
一口出汁が薄いスープをすすり、冷凍麺のような、つるっとしてだらしなく伸びる麺を食べると、高速道路のパーキングエリアで「昔」食べた味がした。今時なかなかお目にかかれない味だ。職場の社員食堂の味なのだ。

ところが餃子はまずまずの美味しさだ。
160225石神井ぎょうざの満州_R004 
「開いてて良かった」という感謝。
「安いけど、満足感はない」という感想。
二つの思いが複雑に交わり、税込604円を支払って午後の仕事に向かった。

2016年2月24日の訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1835-268e7066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)