プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立「手打ち蕎麦かな井」仮店舗
 160304国立かな井003_R
国立旭通
の「かな井」が仮店舗で国立高校と三中の間の北の道にできたと
SNSで話題になっていた。
民家を改装した店らしい。ほかのメンバーが行く前に先に行ってみなくっちゃ。

160304国立かな井005_R
入口から手入れされている枯れ芝生の庭を歩いて
古いサッシを開けて中に入った。
テーブルが5つの小さな店でスタッフが2人だ。

160304国立かな井008_R 160304国立かな井009_R 160304国立かな井007_R 160304国立かな井015_R
日高見を飲み、角煮を食べ
蕎麦を待つ。
家内は「たぬきそば850円」にし、私は「ぶっかけそば880円」にした。

160304国立かな井019_R
たぬきで850円は高くないですか?
いいえ、揚げたての小エビが香ばしくて非常にうまい。
160304国立かな井022_R
ぶっかけにもたぬきが入っている。香りが立っている。
蕎麦はきちんと冷水でしめられ、蕎麦にあった硬さから、蕎麦の甘さが漂ってくる。

160304国立かな井034_R
国立の住宅地に静かに蕎麦を食べられる場所ができた。
夏になれば、サッシのまどの外で、冷酒を飲めれば最高なのだ。

160304国立かな井036_R

2016年3月4日の夜の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved







テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1839-70853c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)