プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
青梅街道駅「手打ちそば 佳蕎庵」づけ丼ランチでうどん
小平市旧青梅街道に面して小さな蕎麦屋 がある。
「手打ち蕎麦と酒 佳蕎庵」だ。
開店当時は場所が悪いためか暇な時間が多かったが、それは最初のうちだけだった。
1年経つと、蕎麦と料理のうまさがリピート客を呼び続け

今では昼は時間を見計らっていかなければ満員で入れないし
しかも予約以外のグループ客はお断りしているらしい。
(鼻持ちならない店に思うお客さんがいそうだが、どうにも仕方がないと見える)。

夜は夜で予約のお客さんで貸し切り状態のことがよくある。
押しも押されぬ大人気店なのである。
160308小平佳蕎庵001_R
さて、あまりに久しぶりの訪問だったご主人は宴会の打ち合わせに来たと思ったらしい。
いや、近くの通りすがりで寄っただけで、いつもの1000円のづけ丼を食べたかっただけなのだ。
160308小平佳蕎庵004_R
「佳蕎庵」は蕎麦の店なのだが、実はうどんも相当なレベルだ。
最近、関東UDONスタンプラリーなる企画にのり
専門店のうどんを食べるようにしているが、掲載店舗と比べても遜色ないと思っている。
もっとも、蕎麦屋だからうどんのバリエーションがないのが当たり前。
褒めすぎにならない程度のおいしさと表現したい。
160308小平佳蕎庵008_R
先にお盆に づけ丼が運ばれてくる。
少したって 麺が出てくる。
うどんが出てくるまで我慢できなくて、
(づけ丼を少し食べてしまった写真になってしまったので、づけ丼のみ下に張り付ける。)
160308小平佳蕎庵007_R
づけ丼の内容は、その日で変わるので、好き嫌いがある人は注文時に内容を確認するのが良い。
これから夏に向かってはカツオ、鯵が入ることがあり、
秋にはサバなどの青物が入ることもあったと記憶している。

160308小平佳蕎庵010_R

160308小平佳蕎庵012_R
褒めすぎにならない程度のうどんは、
私の好きな硬さと腰。つまり、武蔵野うどんの一部の店で出されるような
腰が非常に強くて顎が疲れていくうどんではない。
讃岐というより福岡のうどんのような気がした。

ただし佳蕎庵は、しゃれでうどんを変えることをあるから追記しておく。
160308小平佳蕎庵002_R
予約席に、地元の高齢者の方々がやってきた。
楽しい宴に弾んだ声。
話の内容が聞こえてきて、思わずつられて笑ってしまって失礼した。
いい店だなぁ~。
160308小平佳蕎庵002_R

2016年3月8日 遅めのランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

公式サイトはこちらから

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「つれづれ蕎麦」はこちらから


参考ブログ「武蔵野そば」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1842-cd9a4a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)