プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
葛飾柴又参道「亀家本舗」でカツカレー900円
160311柴又亀家カツカレー001_R  
「柴又帝釈天にきたらウナギを食べて団子をお土産に買っていく」
これがいつもの正しい姿だが、たまには普通のものも食べてみよう。
ショーウインドーの蝋細工を見ていると、意外に高くないことを発見した。
160311柴又亀家カツカレー003_R

160311柴又亀家カツカレー013_R
団子屋の後ろ側に回り込むと、広い食堂スペースが広がる。
きっと、寅さんもこういうところで地元の人と語ったに違いない。
壁には寅さんの思い出の写真がたくさん張ってある。
渥美清さんが亡くなったのは96年(平成8年)だから
もう20年も前のことだ。帝釈天に来れば古き良き日本に会える気がする。
160311柴又亀家カツカレー006_R 160311柴又亀家カツカレー010_R
カツカレーのカレーはもっさりしている。
本当に昔風のカレーで、スパイシーさを期待すると外れてしまう。
カレー粉自体は立石の渡辺食品の製品を使っているとどこかで聞いたことがあった。
渡辺食品は蕎麦屋のカレーで地元では圧倒的な人気があると聞いて、
私も自宅でカレー蕎麦を作ったことがあるが
もっとスパイシーだった。わざと手を加えこのような味に仕上げているのだ。
160311柴又亀家カツカレー012_R
ソースを加えるとちょうどいい感じになる。
なんだか、これぞ下町カレーというべきか。
160311柴又亀家カツカレー015_R
いつもは団子を買って帰るのであるが
他の店にも顔を出さなければならない。
こういうと、おなじみさんのように聞こえるが、そう思っているのはこちら側だけであり
店のほうは通りすがりの一人でしかないと思っているに違いない。

天丼をやっている大和家
草団子をこしあんでお土産に買って帰ることにしようっと。

2016年3月11日の昼の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1846-b5b1f2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)