プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
亀有惣菜屋「越後屋」
今では両さんの町のイメージが先行する亀有は、
古くから国鉄と京成線と結ぶバス路線の起点として商店街が発展していた。
多摩で長年暮らしている私には馴染みが薄い亀有だが
下町育ちの家内には慣れ親しんだ町である。
家内と一緒に町を歩けば、今ではイトーヨーカドーの地下にあるおでん種や「佃忠」や
二軒ある煎餅屋やうなぎ屋に足を止め、サンリツで菓子を買い、伊勢屋で生和菓子を追加する。
160402亀有越後屋003_R
さて、イトーヨーカドーの近くのビルの一角で営業している「越後屋」
昔ながらのお惣菜と樽の容器に入った糠漬けと揚げてあるてんぷらが人気商品なのだ。
お客さんは地元の高年齢者の比率が圧倒的に多い。
160402亀有越後屋001_R
下町では圧倒的人気を誇るちくわぶを使った煮物をもらい、
ロールキャベツを買い、
最後に竹の子を買い足した。
160402亀有越後屋002_R
近代的なビルに入ったのは、地権者だったおかげだろうか?
再開発の影響だろうか?

昔を知らない私は想像するしかないのだが
遠い未来も残っていてほしい店なのは確かなのだ。

下町の便利さが色濃く残る愛着がある店が、元気で繁盛していきますように。

2016年4月2日の訪問

「かつしか商店街」の情報はこちらから

「かつしかFM レポート日誌」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1860-a608747f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)