プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
葛飾金町ラーメン屋「モンセ」大盛無料
東京理科大の学生街だから、「安い定食屋が多いはずだ」 と金町の商店街を歩いていくと
確かに270円の弁当と、山盛りの唐揚げ屋があるが、
他の学生街のような運動部御用達のような店を見つけることは少ない。

ただ、麺大盛無料を謳っているラーメン屋のみが多いことに気付く。
160408金町モンセ005_R
しかもラーメン屋(つけ麺屋含む)は、非常に各店に工夫をしているようで
「自家製麺」で頑張っている店を見ることができる。

麺屋「MONSE(モンセ)」もその一つだ。
場所は金町駅からイトーヨーカドー(=金町教習所)に向かう人通りの多い道路に面し、
店の一角に製麺作業所が設けられている。
店の広さは10人くらい思う。
160408金町モンセ001_R
お品書きを見ると、「モンセ」・「チャンガ」・「ガジーナ」と名付けられた
3種類の鳥ベースのスープに、自家製麺で勝負している。
麺は大盛無料。通常のラーメンは150gで大盛は230g出そうだ。
迷わず大盛を注文する。

厨房でフライパンは炎を出すと「ガジーナ700円」が出来上がった。
160408金町モンセ002_R
南米ペルー風ラーメンだそうだ。
ジャガイモが入っているからそう呼ぶのか
鳥肉の炒めが入っているからそう呼ぶのか
私には定かではなく、さわやかなスタッフに尋ねようとするが、
入れ替わりお客さんが入ってくるため、今回は遠慮することにし
おとなしく食べることとした。
160408金町モンセ003_R
近年の流行に乗っている濃厚な鳥スープは旨い。
麺は九州風の細い麺で、自家製麺でこちらも旨い。
鳥を炒めたものは、ペルー風というより、宮崎地鶏の炭火焼きのような感じがする。
小さなゆがいたジャガイモの集まりは、食べ辛くスープのなかに拡散していく。

スープも麺も相当なレベルで旨いのに、不思議な取り合わせだった。
160408金町モンセ004_R
「途中で入れると味が変わりますよ」とレモンと辛い物を渡され
試してみるも、大きなインパクト感がない。

と、「モンセ」ワールドに入りきれなかった私は記録していくが、
一緒に入った同僚たちと「また来てもいいね」「コスパ高いなぁ」と
感心した店なのだ。

特に500円で大盛を食べた彼は、
そのコスパの高さに大喜びであったことを書き足しておく。

2016年4月8日ランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1868-bf6a5f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)